Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第48回

title_yo

答えなどないと思いつつ、答えを探して進み続ける

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第48回です。

1分1秒、全ての時間で写真と向き合っているという毎日です。
写真を撮ること、見ること、つくること、表現すること、再現すること、伝えること。
年内のスケジュールも埋まって、このまま年末まで突っ走ることになりそうです。
とにかく目まぐるしく動いていますが、充実感があるのはきっとインプットとアウトプットのバランスが取れているからだと思います。

このところモノクロ表現との縁が多々あって、デジタルと銀塩と印刷とを行ったり来たりしています。
実際に自分の作品として取り組んでみると、モノクロでの実践がカラーにフィードバックできたりもして。
フィルム〜暗室での制作と、デジタル〜インクジェットでの制作を同時に進める中で、最近なんとなく感じているのは、「今できうるモノクロプリントの最適解は、デジタルネガでバライタを焼くことかも?」と。
そこまでの時間が取れるかわからないけれど、春になるまでにまた暗室でトライしてみたいな、なんて。

撮影もプリントもかなりやっているんですが、発表するところまで追いつかず、Instagramは1年以上そのままになってしまっていました。
10月2日からまた投稿していますので、ぜひご覧ください。毎日投稿しています。当面のストックは用意しました。
https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/

まずはいつもの、みやのねりさんの新作を載せています。新作と言ってもこれも撮影からかなり経過してしまっていますが……。
15日にアップしたこれとか結構好きです。

この投稿をInstagramで見る

Takaaki Yoshida / 芳田賢明(@takaaki_yoshida_)がシェアした投稿

人を撮らせていただく中でいつも思うのが、「自分の撮る写真で追い求めているものって、儚さなんだよな」ということ。
「いい写真」の基準は人それぞれですが、私としては「儚さ」の有無かもしれません。
人も、街も、ステージも、舞台裏も、そこには儚さがあるから撮りたくなる。

写真は「現在」を撮ることしかできず、撮ったものとして残るのは「過去」である。
それは、移りゆく「無常」を、写真の中でなら留めておくことができるということ。
どうしてこれほどまでに写真が私の心を離さないのか、その理由はそんなところにある気がします。

自分の中の「写真」とは結局memorygramであって、記録とは少し違うところにある。
既視感の視覚化。白昼夢の具現化。
言葉なら何とでも言えるんだけどなぁ、それを写真にするにはどうしたらいいのか。
記録に立脚したアプローチだったらこんな苦労はしないのに〜。解決することのない悩みかもしれません。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/


dgpc_cover
芳田賢明 著、プロカメラマンに向けた[仕事に即役立つ本]
「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」
好評発売中

(ヨドバシ・ドット・コム)
https://www.yodobashi.com/product/100000009003153309/
(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/
(honto)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html


関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第19回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第95回
  3. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第61回
  4. titleimg_kk 【連載】編集長 近藤薫の 「喜怒哀楽のコード進行」第3回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第109回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第40回
  7. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第18回
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第65回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 20231227_mash_24010
  2. ミスイ_7242
  3. LINE_ALBUM_05.14_240524_8
  4. MyM_アー写
  5. MyM_アー写

特集記事

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

スポンサーリンク

Push!!

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

New Comer

LINE_ALBUM_BON.井上 使用可能写真_240318_3 わたしが伝えたいのは、「ありのままの自分でいいんじゃねぇか?」ということ。BON.井上 インタビュー!

TikTokフォロワー数が35万人超え!総再生数1億5千万回超え!今、大バズり中のBON.井上。みず…

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

PAGE TOP