Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第14回

title_yo

9年ぶりのGR

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第14回です。

買いました!
APC_0505
Leica Q2ではなく、RICOH GR III。

なぜ結局GRになったのかというと…
自分が撮るべきものを再認識した、という感じでしょうか。

この話は改めてどこかできちんとしたいと思っているのですが、本来私が撮ろうとしていたものは、
「嘘」ではなく「本当」
「他者」ではなく「自己」
「特別な時」ではなく「日常」
だったはず。
このところなんとなく違和感を感じ始めていた中で、ある知人の写真展に足を運び、それを思い出したのです。

それには、Q2よりももっと小さく、もっと目立たなく、常にバッグに入れておけるカメラでないといけない。
そして、RAWデータには「私の画」にできるポテンシャルがないといけない。
それに適うものは結局GRだったということです。

もともとリコーのカメラは設計思想から好きで、RAWデータのポテンシャルも高く、GX8、GX200、GXR、GR DIGITAL IIIと使ってきました。コンパクト機はずっとリコーでお決まりだったのです。
それがGR DIGITAL IIIで途切れ、FUJIFILMのXシリーズに切り替えたのは、ユーザーの間では有名な「レンズ交換式じゃないのにセンサーダストが入る」という問題。
もう何度も修理に出し、その都度センサーユニット交換、センサー交換だから保証期間が過ぎれば高額な修理費用がかかり、「もうやってられない」と愛想が尽きたのでした。

しかしGR IIIではセンサーシフトによるダストリムーバル機能が搭載されたこと。そして、どうやらセンサーダスト修理はセンサーユニット交換ではなくクリーニング対応のようだということ。ならばもう一度リコーに戻ってみようか、と思ったのです。

RICOH GR IIIを買ってから早いもので9年ぶりのGR購入。
センサーが大きくなり、いろいろな機能も盛り込まれましたが、手にしてみればよく知っているGR。早速スナップへ出かけました。
(このときの撮影写真は現在私のInstagramで毎日更新中です)

_R000009

_R000066
 
使ってみて改めて感じたのは「やっぱGRすごいな」ということ。
まずとにかく軽い。普段ライカを使っている身からすると、もはや無です。
長時間撮影していても苦にならないし、ポケットにカメラが入るというサイズもやはり良いです。

_R000080

_R000117
 
私のスナップ撮影のスタイルは、立ち止まらず、カメラを構えずノーファインダーで、振り回すようにして撮ります。でもさすがにライカは重くて振り回せない。それがGRなら振り回せる。これがとにかく良い。
レンズシャッターの「プチッ」って音も良いし、これなら本当にストレスなくスナップできる。
スナップは受け身ではなくアグレッシブに撮りにいくべきだと私は考えているのですが、その本当の意味を思い出した気がしました。
スナップはやっぱりこれじゃないとダメか、と。リコーが「究極のスナップシューター」を標榜するだけのことはあります。

_R000131

_R000167
 
振り回すように撮るにはAFなんてものは使っていられないので、GRの場合は基本的に置きピンです。
そこで便利なのがフルプレススナップ。GR DIGITAL IIIを使っていた頃から変わらず、やはり良いですね。
合焦距離を1.5m程度にしておいて、F5.6まで絞れば、大体のものは撮れます。

_R000197

_R000219
 
この撮影で、本来のスナップの感覚を少し取り戻せた気がします。
この感じなら…2020年こそ個展の開催が実現できるかな!?


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/


dgpc_cover
芳田賢明 著、プロカメラマンに向けた[仕事に即役立つ本]
「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」
好評発売中

(honto)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html
(ヨドバシ・ドット・コム)
https://www.yodobashi.com/product/100000009003153309/
(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/


関連記事

  1. callme_coment 【動画コメント】9/28に2nd Album「This is c…
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第103回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第36回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第44回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第113回
  6. _DSC1357 【ライブレポ】miuzic Entertainment pres…
  7. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第18回
  8. dela_til41 【オフショット】dela「『フジさんのヨコSP・9回目!』1部」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ER5_0508
  2. XANVALA 279 blue
  3. 209981
  4. titleimg2
  5. 已⼰⺒⼰-いこみき-

特集記事

  1. 山田みつき(燃えこれ学園)生誕祭を開催。「これからの燃えこれ学園を引っ張っていける存在になりたいです」と力強く宣言! ER5_0508
  2. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  3. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  4. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  5. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294

スポンサーリンク

Push!!

  1. 山田みつき(燃えこれ学園)生誕祭を開催。「これからの燃えこれ学園を引っ張っていける存在になりたいです」と力強く宣言! ER5_0508
  2. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  3. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  4. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  5. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294

New Comer

209981 個性豊かな面々で創り上げる 予測不可能な舞台公演「TRICKY MOUSE」が3月30日より、新宿シアターモリエールで開催!

1986年に布袋寅泰氏&ホッピー神山氏のプロデュースでメジャーデビューを飾り、「以心伝心」など数々の…

第三部 花束  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年ワンマン公演を開催。彼女たちが1年という経験を通して得た宝物とは…。

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

第二部  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年記念3部構成ワンマン公演を開催。第2部では、ファン投票ベスト5曲を歌唱。意外な歌が第1位?!

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

PAGE TOP