Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第8回

title_yo

ライカの話(5)

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第8回です。

2017年8月にM9からM9-Pへのアップグレードを終え、本格的に撮影に投入後、2018年の7月にはM10も購入し、今ではスナップ撮影には絶対に欠かせない存在になっています。
M型ライカは、他のカメラにあるような、「現場では良いと思ったのに、上がりはそれほどでもなかった」とか、「現場ではそうでもなかったけど、上がりは意外と良かった」ということがなく、撮影時に感じたことがそのまま写し取れるカメラです。これは一見当然のことのようですが、なかなかないものです。

また、一眼レフなどの大きなカメラでは得ることのできない、被写体の自然な表情を写し取ることができます。
撮影されることに慣れていない人にとっては、大きなカメラやレンズを向けられれば緊張するのが普通ですし、何をしたらいいのかわからなくなります。
しかしM型ライカは、比較的小ぶりなボディと、コンパクトなレンズ、そしてレトロとも言える風貌で、威圧感どころか親しみさえ与えます。
それを象徴するように、ライカを知らない若い女性を撮影するとき、「かわいいカメラですね」という言葉を多くいただきます。ライカの価格を知っていると「かわいい」という形容はなかなか出てこないと思うのですが、その純粋な印象からくる「かわいい」という言葉が、M型ライカでの写真の良さを物語っているな、と思うのです。
第一印象が「怖い」ではなく「かわいい」というだけで、そこから得られる表情に違いが出ることは明らかです。
他にも、カメラに関心のある方からは「それってフィルムカメラですか?」だとか、ライカを知っている方からは「それ、デジタルのライカですよね?」とか、またライカの愛好家からは「私も使ってます」などと、あらゆる場面で声を掛けていただき、話が弾むのです。

【インタビュー】女優・針谷早織、熱く語った90分。

人物の撮影において大切なことは、初対面の被写体とどれだけ短時間で打ち解けることができるか。また、舞台裏のスナップや対談の撮影で大切なことは、現場におけるカメラの存在感をどれだけ無くすことができるか、だと思っています。
その上で、ライカという存在が大いに貢献します。もちろん、画質も申し分ありませんから、安心して撮影に臨むことができるのです。

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第50回記念企画 トークセッション with 近藤薫

さらに、レンジファインダーというM型ライカの特性も、スナップの撮りやすさに貢献しています。
レンジファインダーは、一眼レフやミラーレス一眼のファインダーと違い、撮影範囲の外側が肉眼で見えていて、シャッターを切った瞬間にブラックアウトすることがありません。
スナップ撮影ではコンマ数秒後を予測することが重要になりますが、撮影範囲の外側が見えていることによってその予測精度が高まります。
また、シャッターを切った瞬間を肉眼で見られることで、どんな表情を撮影したかを認識しながら撮影することができます。
こういった特性は、撮影の打率を上げることに非常に大きな効果があります。

【オフショット】dela「『フジさんのヨコSP・9回目!』1部」出演オフショット

ここまで話してくると、まるでM型ライカが万能のように思えてくるのですが、中には一眼レフを使った方が良い場面もあります。それは、スタジオでの人物撮影とライブ撮影。
どちらも、瞬間瞬間で正確なピント合わせをしながら、目まぐるしく動く被写体を的確にとらえなければならないため、レンジファインダーでは厳しいものがあります。
さらにライブ撮影では、広角から望遠まであらゆる画角を使う必要があり、レンジファインダーの特性が弱点になってしまいます。
なので私は、無理にすべての撮影を同じカメラで通すのではなく、スナップはM型ライカ、スタジオとライブは一眼レフ、と完全に使い分けています。適材適所、ですね。

そういうわけで、5回にわたってライカの話をしてきましたが、今後は何かトピックがあれば、随時ライカの話をしていきたいと思います。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」番外編第2回
  2. 20211016_Rainbow笘・AG!C_8 Rainbow☆MAG!C(Sister MAYO・高橋秀幸・N…
  3. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第9回
  4. d44_4273 【フォトレポ】「palet LIVE 2016 ~NEXT DI…
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第103回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」番外編第4回
  7. L1021583 【オフショット】palet新体制初ワンマンライブ直前 ポートレー…
  8. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第36回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. titleimg2
  2. 20220807_kokuchi
  3. CHAIN the RIOT繝輔z繝ュ繧キ繧吶ぉ繧ッ繝医Γ繝ウ繝上y繝シ髮・粋蜀咏悄
  4. LINE_ALBUM_20220517_220523_10
  5. ぶいにゃす1

特集記事

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

スポンサーリンク

Push!!

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

New Comer

20220807_kokuchi 『IDOL KYUN2 Fes』が今年の夏に「横浜クルージングFes」と「サウナの屋上露天風呂を舞台にした水着撮影会」「アイドルとの水鉄砲打ち合いイベント」「立川でのBBQ Fes」を開催!!

王道から、奇をてらったテーマや場所を舞台にいろんな形のアイドルイベントを提供し続けている「IDOL …

LINE_ALBUM_20220517_220523_10 三浦千鶴(燃えこれ学園)、生誕祭で「選抜入り」を誓う。メンバーが、ファションリーダー三浦千鶴のコーディネイトによる私服姿でライブも実施。

燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。5月17日(火)に行ったのが「燃えこれ学…

zentai_9173 Zeke Deux×DazzlingBAD、5月にグロ濃い東名阪C/Wツアーを開催!!!

 4月にNETH PRIERE CAINと行った全国カップリングツアーに続き、Zeke Deuxは、…

PAGE TOP