Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第1回

title_yo

memorygram

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。

このサイト「6notes」の編集長であり音楽家の近藤薫さんとは、縁あって4年ほど前からお仕事をご一緒しており、6notesの制作にも2年前から協力しています。

今月から6notesは、作家からの発信を強化していこうということで、月初に近藤さんの連載がスタートしましたが、加えて私も連載を持たせていただくことになりました。

どんなことを書いていくかはまだ具体的に考えていませんが、写真のこと、私の好きなこと、好きなものに触れながら、音楽をビジュアル制作の面で支える裏方のことを、少しでも知っていただける連載にしたいと思っています。

さて、私の人生には3つの夢があります。

1、著書を出すこと(自費出版ではなく出版社から)
2、ラジオのレギュラー番組を持つこと(配信ではなく地上波で)
3、プロインタビュアーの吉田豪さんにインタビューしてもらうこと

なのですが、連載のお話が立ち上がったときにふと思ったのは、「ラジオのレギュラーだと思ってやってみようかな」ということでした。

もし自分のラジオ番組を持てるようになったら、番組のタイトルに付けようと思っているのが
「memorygram」
そこで、この連載のタイトルもそれにすることにしました。

この「memorygram」というのは、私が2009年に初めて開催した個展のタイトルでもあるのですが、作家として写真作品をつくっていくにあたって、初めてテーマとして意識したものです。このテーマは今も私の中で生き続けています。

当時、個展の図録に記した言葉に「記録はいらない。記憶が欲しい。」というものがあります。

まぁ、この通りなのですが、少なくとも作家としては、「事実を記録するためではなく、記憶を呼び起こさせ、真実を浮き上がらせるために写真を用いるのだ」という考え方を持っています。
事実の記録であれば、今やスマホの写真で良いし、撮りっぱなしのJPEGをカメラロールに蓄積させるなり、SNSに載せるなりすれば良い。
だけど、敢えてカメラというものを使い、作家として、表現手段として写真を選ぶのであれば、表層的な事実を追求するのではなく、奥深くにある真実に向き合い、失った記憶を追求したいと思うのです。

こう書いてみて、写真を始めた頃から基本的な軸は変わっていないのかな、と改めて。

ですが、当時大好きだった撮影場所である晴海や豊洲は、オリンピックの開催や市場の移転で急速に変貌を遂げました。

R0010401
2006.9/豊洲/RICOH Caplio GX8

この写真は2006年、開業したばかりの ゆりかもめ市場前駅の駅前から晴海方面を撮ったものです。
見渡す限り人は一人もいませんが、視線の先に広がるのは東京タワーを中心に、所狭しと並ぶビル群です。豊洲や晴海のこのアンバランスな光景が大好きでした。

しかしご存知の通り、当時から12年が経過し、「都心の秘境」とまで言われた市場前駅は、名実ともに豊洲市場の前にある駅となりました。これから多くの人が利用する駅に変貌することでしょう。
こうして街はやがて過去ではなく未来を向き、点在していた、記憶を呼び起こす空気は消滅していきます。

変わるものと変わらないもの。
現実が変わり続けるからこそ、記憶を探し続けるのだと思います。

写真は一瞬を永遠にすることができる。
だからこそ、視線の先にあるわずかな光に、真実を求めるのだと思います。

まずは、タイトルにまつわるお話でした。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第113回
  2. IMG_8583 【インタビュー】SHUN×星野愛菜の新ユニット「旬野菜(フレッシ…
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第96回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第40回
  5. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第16回
  6. IMG_5068re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第11回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第132回
  8. 011 【ライブレポート】dela、大興奮の3時間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. titleimg2
  2. 20220807_kokuchi
  3. CHAIN the RIOT繝輔z繝ュ繧キ繧吶ぉ繧ッ繝医Γ繝ウ繝上y繝シ髮・粋蜀咏悄
  4. LINE_ALBUM_20220517_220523_10
  5. ぶいにゃす1

特集記事

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

スポンサーリンク

Push!!

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

New Comer

20220807_kokuchi 『IDOL KYUN2 Fes』が今年の夏に「横浜クルージングFes」と「サウナの屋上露天風呂を舞台にした水着撮影会」「アイドルとの水鉄砲打ち合いイベント」「立川でのBBQ Fes」を開催!!

王道から、奇をてらったテーマや場所を舞台にいろんな形のアイドルイベントを提供し続けている「IDOL …

LINE_ALBUM_20220517_220523_10 三浦千鶴(燃えこれ学園)、生誕祭で「選抜入り」を誓う。メンバーが、ファションリーダー三浦千鶴のコーディネイトによる私服姿でライブも実施。

燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。5月17日(火)に行ったのが「燃えこれ学…

zentai_9173 Zeke Deux×DazzlingBAD、5月にグロ濃い東名阪C/Wツアーを開催!!!

 4月にNETH PRIERE CAINと行った全国カップリングツアーに続き、Zeke Deuxは、…

PAGE TOP