Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第106回

titleimg2

ふと、思い出した土日の風景

横浜の中華街の端にある朱雀門。
一般道を挟んで向こうに堀川があります。

高速道路の下を流れる堀川。
朱雀門から元町に渡る橋が前田橋。

この周辺のエリアは楽しいスポットでした。
朱雀門の横にアメリカンハウスというダイナーがありました。
店内はU字型のカウンターがドンッと配置され、左右の壁側にピンボールマシンが設置されています。
カウンターの上にはカウンターに沿って棚が設置され、そこを囲むようにウヰスキーの瓶がポアラーをつけて逆さにぐるっと並んでいます。

ハンバーガーやタコス、サラダ、ポテトなどを肴にビールにコーラやカクテル、ウヰスキーなどを愉しみます。
土日は早い時間からオープンしていて、人の少ない昼過ぎくらいの時間に、明るい外を歩く人を見ながら、友人たちとのんびり過ごしていました。

タコスにはハードとソフトの種類があって、トルティーヤのようなスナック感があるハードより、食事感があるソフトをいつも選んでいました。
タコスを食べたいときは決まってタコソフトとコロナをオーダー。
ライムを突き刺して出してくれるコロナはこの店で覚えました。30年以上前ね。

散歩をしている時もアメハ(通称)に寄って、テイクアウトでビールを買って飲みながら元町辺りをぶらぶら。
元町にある中屋という酒屋さんでも冷やしてある当時の輸入ビールを買って、街角に座って飲んだりしていましたね。

当時はバドワイザー、ハイネケン、クアーズ、シュリッツ、ミラー、コロナ、くらいしか買えなくて、それも輸入酒専門店でなければ出会えない時代。
バドワイザーもライセンスなどはまだない時代だったので、完全なる輸入ものです。
今のそれとは全然味が違っていました。輸入のされ方自体が違っていたので、缶の中で酸化しているような独特の缶臭さあって、それが癖になるのです。

ある小説の中にオリンピアというビールが登場して、缶のラベルに「it’s the water」という文字が書いてあることに触れてありました。
う~む、それは気になる。と思い、オリンピアが買えないかあちこちを見て回ったことを覚えています。
発見して購入。確かに缶の中央に滝の絵が描かれており、そこにその文言を確認いたしました。

話は戻って、アメハから元町側に渡ると、向こう側の橋の付け根の角にあったストロベリーファームでホットドッグをテイクアウト。
これも定番のスタイルでした。

アメハでビールを買って、ストロベリーでホットドッグ。この二つをもって友達が運転の車に乗り込み、山手の山の上に移動。
港の見える丘公園を左に道なりにずっと進んでいくと、住宅に挟まれながら一か所だけ切り通された場所が出てきます。
ここが最高のビュースポット。まだ出来たばかりのベイブリッジの全景がバーンと見える最強の場所。

ガードレールに沿って車を停めて、窓から外に這い出して車の天井に座りドアに足をかけ、正面にキラキラ光っているベイブリッジを見ながら、仕入れたビールとホットドッグを食べます。
夜より夕方が一番奇麗に景色を楽しめる時間帯。周りの景色も見えるからね。
薄暗くなっている空がだんだんと青みを失って深い色に落ちていく瞬間は、何とも言えずセクシーな気分にさせました。

土曜日や日曜日のほんの小さなご近所トリップですが、時間を超えても楽しかった気分はそのまま残っています。
今ではアメハもストロベリーファームもそこには残っておりません。中屋はありますよ!

今風に自分流に、あのお散歩コースを楽しんでもらえるといいですね。
不要不急の外出が認められるようになったら、ぜひ行ってみてほしいです。

このお話は以前にきっとここで書いているはずですが、改訂版として再録させてもらいました(笑)
急にふと、思い出したんですよ。
楽しかった青春時代の思い出でした。オールドな感じがいいでしょ?

まだまだ横浜にはホットなスポットが満載だったので、また機会を見てご紹介いたします。

夜景の美しいあの景色にぴったりだった曲をご紹介しましょう。
こんな曲を聴いて浸っていたのかといわれるとちと恥ずかしいですが、デートの時には最強の永遠の名曲です。

ロバータ・フラック&ピーボ・ブライソンで「Tonight, I Celebrate My Love」。

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第113回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第59回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第53回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第19回
  5. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第39回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第121回
  7. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第6回
  8. dscf8857 【インタビュー】じぇるの! 2ndワンマンライブ後独占インタビュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XANVALA 279 blue
  2. 209981
  3. titleimg2
  4. 已⼰⺒⼰-いこみき-
  5. 2

特集記事

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

スポンサーリンク

Push!!

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

New Comer

209981 個性豊かな面々で創り上げる 予測不可能な舞台公演「TRICKY MOUSE」が3月30日より、新宿シアターモリエールで開催!

1986年に布袋寅泰氏&ホッピー神山氏のプロデュースでメジャーデビューを飾り、「以心伝心」など数々の…

第三部 花束  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年ワンマン公演を開催。彼女たちが1年という経験を通して得た宝物とは…。

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

第二部  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年記念3部構成ワンマン公演を開催。第2部では、ファン投票ベスト5曲を歌唱。意外な歌が第1位?!

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

PAGE TOP