Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第31回

title_yo

テーマが変われば視点も変わる

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第31回です。

先日、10年以上ぶりにポートレートの「作品」を撮影しました。

普段撮影している人物写真は、基本的にはコマーシャル用途やそれに準ずるものですから、その人の魅力をいかに伝えるかということがテーマになります。それはあくまで「その人」を撮っているわけで、自己表現のための写真ではありません。
それが「作品」となると、写真の性格が根本的に変わってきます。その写真で作者が何を表現するのか、何を伝えるのかが問われます。言ってみれば、物理的には他者を撮っているとしても、写真としては「自分」を撮ったものになるでしょう。

作品制作についてはずっと考えてきてはいたのですが、なかなか踏み出せずにいました。しかし今回機会があり、なぜ私は写真を撮るのか、なぜ人は写真を撮るのか、そんなことと向き合いながら、コンセプトを固めていきました。
まあ、やはり私の根本にあるのは「memorygram」で、もう一度その原点に戻り、これまでの思考をなぞるような作業にもなりました。
また同時に、自分がそれなりの歳になったことによって、目指す写真のビジョン(像)のようなものが、「未知」だけでなく「過去」を含むようになってきたように思います。

撮影を終えて、普段のコマーシャル向けの撮影とは違う、自分の視点に気づきました。
面白いなと思ったのは、モデルが写っていない写真を撮っていること、モデルの後ろ姿を撮っていること、モデルが遠くにいて小さく写っている写真を撮っていること。
コマーシャル用途であればほとんど切ることのないシャッター。撮っても基本的に使われないような写真です。
でも自分の表現となれば、コマーシャルでは採用されないような画だったとしても、必要なものであればどんな場面でも撮るわけです。

L5003107
こういう写真はライカじゃなきゃなかなか成立しないよなぁ、と思う。本当いつもいい仕事をしてくれます。

それともう一つ思ったのは、コマーシャルの時ほど光を意識していない、ということでした。
コマーシャルの場合は、いかに美しい写真を撮るか、いかにエモい写真にするか、そんなことを重視しています。そうなれば、光の入り方や、光の粒の見極めがとても重要です。おそらく、光を最重視してシャッターを切っています。
しかし今回は、自分の記憶や潜在意識のようなものとどれだけその写真が呼応するか、を最重視していたように思います。光についてももちろん見ていますが、美しさやエモさを追いかけて、あざとくなることは絶対に避けたいと思っていました。
今回はコンセプト的にズミクロン35mmを使っていたこともあるかもしれません。光で描くことよりも、状況を描くことでストーリーを浮かび上がらせることを考えていたように思います。

いずれ、しっかり発表できるときが来ると思います。
できれば、リアルの展示の形で。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/


dgpc_cover
芳田賢明 著、プロカメラマンに向けた[仕事に即役立つ本]
「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」
好評発売中

(ヨドバシ・ドット・コム)
https://www.yodobashi.com/product/100000009003153309/
(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/
(honto)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html


関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第93回
  2. L1021583 【オフショット】palet新体制初ワンマンライブ直前 ポートレー…
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第123回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第60回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第61回
  6. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第32回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第99回
  8. 20211016_Rainbow笘・AG!C_8 Rainbow☆MAG!C(Sister MAYO・高橋秀幸・N…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XANVALA 279 blue
  2. 209981
  3. titleimg2
  4. 已⼰⺒⼰-いこみき-
  5. 2

特集記事

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

スポンサーリンク

Push!!

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

New Comer

209981 個性豊かな面々で創り上げる 予測不可能な舞台公演「TRICKY MOUSE」が3月30日より、新宿シアターモリエールで開催!

1986年に布袋寅泰氏&ホッピー神山氏のプロデュースでメジャーデビューを飾り、「以心伝心」など数々の…

第三部 花束  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年ワンマン公演を開催。彼女たちが1年という経験を通して得た宝物とは…。

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

第二部  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年記念3部構成ワンマン公演を開催。第2部では、ファン投票ベスト5曲を歌唱。意外な歌が第1位?!

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

PAGE TOP