Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第113回

titleimg2

珈琲をめぐる物語2

初めて喫茶店に通うようになったのは、高2の時にバイトしていた時によく行ったお店です。

バイトにエネルギーを注ぎ込むようになって、はっきりと大きなお小遣いが使えるようになった頃。
地元の百貨店のテナントショップで販売のバイトをしていました。
これがどうやら適性があったようで、わりとすぐにその適性を認めてもらい、レギュラースタッフとしてポジションを確立しておりました。

バイト中に休憩の時間があると、店のスタッフさんに混ざって、建物の裏手にあるビルの1階にあった喫茶店によく行きました。
馬車道にあるドトールの初期からある店には行っていましたが、いわゆる町場の喫茶店には出入りしておりませんでした。

そのお店はお洒落な雰囲気の気持ちの良い居心地でした。
それほど大きな店ではありませんが、入り口を入ると大きな楕円形のテーブルがあります。
それと小さなボックス席が3つ。
道路側は全面ガラス張り。店の色調はテーブルや椅子が籐製で深いワイン色。
落ち着いた空間には静かな音楽が流れています。

アイスコーヒーやティーを注文すると、楕円卵の上をスライスしたような形状のグラスで提供されます。
当然フラフラとするのですが、ちゃんとバランスされていますのでひっくり返るようなことはありません。
グラスの中はたっぷりのクラッシュアイスで冷やされた飲み物が入っています。
ちょっとした贅沢な気分になります。少しのセンスの良さが、居心地につながる訳ですね。

マガジンラックに備え付けられた雑誌もファッション誌が中心。マンガ雑誌などはありません。
このころよく読んでいたのがananとnon-no。たまにOLIVEは買っていました。
女性ファッション誌を読む生活はこの後しばらくの間続きます。
バイト先では接客(主に女性で年齢層は高めの方が中心)でしたので、流行やトレンドはマストで知っておくよう勉強しました。
そんなついで的なオプションもあって、ananの最新刊が入る金曜日や、2週に一度のnon-no最新号などを女子たちと競って休憩時間に取り合っていました。
喫茶店の空間を満喫し、30分の休憩で心身ともに楽しむすべを身に着けていきました。

バイトは店舗での販売だったのでずっと立ち続け。
慣れないうちは足が疲れましたが、慣れればそれが当たり前になってきます。
さらに若さを買われて倉庫の整理や重い荷物の運搬などの担当に。
月に一度、百貨店の店頭で行われるワゴンセールがあるのですが、それの切り込み隊長みたいな事もやらされておりました。

これがはっきり言って肉体労働の塊みたいなイベントで、前日の準備から1週間の販売、そして片付けまでがワンセット。
通常の仕事にプラスさせられる業務なのですが、その分『残業』という稼ぎがプラスできるオプションがあるのです。
定時以外に残って行う業務でバイト代を稼げるので、泣きながら頑張っておりました(笑)

ワゴンセールの準備の前は、休憩時間にお腹を作っておかないと体力が持ちません。
なのでその時だけ残業前の休憩時間に喫茶店でナポリタンを追加して食べておりました。
その喫茶店はケーキが数種類とフードはピラフとナポリタンのみメニューに入っておりました。
純粋で余計な要素を一切はぶいた純正のナポリタンでした。

フードメニューが多い店ではないため、ボリュームもわりと遠慮がち。値段も安くはありません。
少年がお腹を満たすにはいささか少な目なのです。
ほかでラーメンでも食べたほうが満腹感は満たせるのですが、時間と空間と空腹を満たすため、月に一度だけナポリタンを注文していました。
この後の労働に対して気持ち的にも支えになる、ささやかに贅沢な儀式的おやつタイムなのです。

この喫茶店はキーコーヒーの豆を使用していました。
この頃から珈琲の味に関していろいろと思うようになり始めます。
しばらくした後に出会うことになり、実は自宅で飲んでいる珈琲の豆もこのメーカーだったのが『キャラバンコーヒー』。
このキャラバンコーヒー、やけに地元感が強いと思えば、横浜馬車道に1928年創業という老舗なのでした。
デパートなどのテナントで生豆を販売しているショップが沢山ありました。
それは気づかないうちに馴染んでいても当然。
ず~っとこの味で育っていたのかと、後になってから納得いたしました。
っと、そのお話はまた改めていたしましょう。

この当時発売され大ヒットとなったこの曲をお届けします。
名盤アルバム「Synchronicity」より。
The Policeで「King of Pain」。

関連記事

  1. IMG_4909re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第10回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第51回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第19回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第32回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第71回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第78回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第27回
  8. D55_8899 【インタビュー連載vol.2】26時のマスカレイド・大門果琳が目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XANVALA 279 blue
  2. 209981
  3. titleimg2
  4. 已⼰⺒⼰-いこみき-
  5. 2

特集記事

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

スポンサーリンク

Push!!

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

New Comer

209981 個性豊かな面々で創り上げる 予測不可能な舞台公演「TRICKY MOUSE」が3月30日より、新宿シアターモリエールで開催!

1986年に布袋寅泰氏&ホッピー神山氏のプロデュースでメジャーデビューを飾り、「以心伝心」など数々の…

第三部 花束  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年ワンマン公演を開催。彼女たちが1年という経験を通して得た宝物とは…。

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

第二部  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年記念3部構成ワンマン公演を開催。第2部では、ファン投票ベスト5曲を歌唱。意外な歌が第1位?!

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

PAGE TOP