Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第100回

titleimg2

「ご苦労さん」

いよいよと言うか、ついにと言うか。
なんだかんだでこの「音楽な日常」が連載100回を迎えました。

100回ともなると過去に何を綴ったか、詳細には覚えておりません。
とは言え、読み返してみると「あぁ、こんなんあったなぁ、書いたなぁ…」
などと「過去もの」と言うほどの違和感もなく読むことが出来ます。

初期のものを読み返してみると、いささか力んでいる感がありお恥ずかしい。
読み進めていきながら、ふと思う事がありました。
一旦、ストップして昨年あたりのモノを読みかえしてみます。
うむ、そうか。分かった。

そうなんです。
実はこの連載、1回目から近作まで通して『大した進歩がない』のでした。

そうかそうか、頭の中の構造は年を取るにつれて、固くなっていくし伸びしろもないんですね。
なので内容は結構偏ってますし、趣味性も古いまま進歩を止めてしまった感じ?
やだやだ、そんな事感じたくはなかったですねぇ。
まぁ、そのへんにあったことを、適度に面白可笑しく書くのが雑文なので、耐えられない程ではないように気を付けておりますが。

連載開始の1回目が2016年の9月でした。
4年ですね。気が付けば。

4年もあれば様々な事が起きたのですが、この連載と同様に日常として処理されていく訳です。
なので、大きな変化やトラブル、事件などに巻き込まれても、あくまで日常として処理されていきます。

若かりし頃のような、衝撃や一大事、ショッキングな出来事みたいに、現実に翻弄されることは減りました。
そのような出来事を受け止めたり吸収したりする能力は、自然と身についてゆくモノです。
その分、様々な出来事に対して繊細に受け止める「こころのひだ」みたいなものが硬化しているのかしら。

自分が一番最初に就職した会社の社長から貰った言葉が「キミは海綿体になりなさい」でした。
これだけ聞いているとなんだか怖いですが、その実は「海綿体のように全ての事に貼りついて感じて吸収せよ」
そんな意味を込められての言葉でした。
今になっても忘れずにいるのは、やはりその言葉にある深い意味が大切だからなのでしょうか。

若い頃の感受性に比べると、間違いなく落ちています。
その分、それをカバーする経験値は積み重なっていくのですね。
感性が劣化しないように勉強もしなければなりません。

しかし、今年のような未曾有の事に見舞われてしまうと、もうなんだか自我をキープするので一杯一杯です。
なんでしょうね、まだまだ人生未体験な出来事なんて星の数ほどあるんだなと、再認識を致します。

少しベクトルを変えた事をしないと駄目だね、なんて音楽系の人たちと話をし始めました。
このまま黙って終わっていく訳にもいきません。
この半年で変えられてしまったものを諦めるのではなく、新たなフェーズに突入する為の準備期間と捉えましょう。

年間24本、4年の歳月で100回を迎えたわけであります。
皆さんにとって、この4年間はどんなだったでしょうか。
私は相も変わらずこの連載を書いておりますよ。

最初にこの企画をくれたエディターさん、連載を続けて頂けてる編集長。
そして、じわ〜っと読んでくれているみなさん、みなさんと共に100回を迎えられました。
ここに感謝の意を表したいと思います。ありがとうございました。
まだまだ連載は続きますよ。

回数を数えながら進行したものって久しぶりな気がします。
古くはラジオですかね。ラジオだと収録で集まるのでケーキを用意しましたね。
この連載に関わるスタッフは、なんらかの事がないと集まる事がありません。
以前は少しあったのですが、今となってはメールベースになり、集まりはなくなりましたね(笑)
早く元気よく人が集まれるような世の中に戻ってほしいものです。

次回は101回です。一つ山を越えた感じですね。
新たなる頂を目指して、我が山岳部隊は進行を続けます。
高みはつねに目の前に立ちふさがり、それを目指して一つずつピークを超えていくのですね。

アニバーサリーとも違う節目なんですねぇ。
そこに相応しい曲はなんだろうな?

やはりこれなんでしょうかね。

The Beatles 『All You Need Is Love』
みんなで聴きましょう♪

関連記事

  1. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第17回
  2. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第22回
  3. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第37回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第158回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第118回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第142回
  7. 12-23-45D55_5070 【インタビュー連載vol.1】26時のマスカレイド・来栖りんが語…
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第146回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ミスイ_7242
  2. Sirius集合2024
  3. XT050294
  4. Sirius集合2024
  5. LINE_ALBUM_26_240219_8

特集記事

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

スポンサーリンク

Push!!

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP