Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第100回

titleimg2

「ご苦労さん」

いよいよと言うか、ついにと言うか。
なんだかんだでこの「音楽な日常」が連載100回を迎えました。

100回ともなると過去に何を綴ったか、詳細には覚えておりません。
とは言え、読み返してみると「あぁ、こんなんあったなぁ、書いたなぁ…」
などと「過去もの」と言うほどの違和感もなく読むことが出来ます。

初期のものを読み返してみると、いささか力んでいる感がありお恥ずかしい。
読み進めていきながら、ふと思う事がありました。
一旦、ストップして昨年あたりのモノを読みかえしてみます。
うむ、そうか。分かった。

そうなんです。
実はこの連載、1回目から近作まで通して『大した進歩がない』のでした。

そうかそうか、頭の中の構造は年を取るにつれて、固くなっていくし伸びしろもないんですね。
なので内容は結構偏ってますし、趣味性も古いまま進歩を止めてしまった感じ?
やだやだ、そんな事感じたくはなかったですねぇ。
まぁ、そのへんにあったことを、適度に面白可笑しく書くのが雑文なので、耐えられない程ではないように気を付けておりますが。

連載開始の1回目が2016年の9月でした。
4年ですね。気が付けば。

4年もあれば様々な事が起きたのですが、この連載と同様に日常として処理されていく訳です。
なので、大きな変化やトラブル、事件などに巻き込まれても、あくまで日常として処理されていきます。

若かりし頃のような、衝撃や一大事、ショッキングな出来事みたいに、現実に翻弄されることは減りました。
そのような出来事を受け止めたり吸収したりする能力は、自然と身についてゆくモノです。
その分、様々な出来事に対して繊細に受け止める「こころのひだ」みたいなものが硬化しているのかしら。

自分が一番最初に就職した会社の社長から貰った言葉が「キミは海綿体になりなさい」でした。
これだけ聞いているとなんだか怖いですが、その実は「海綿体のように全ての事に貼りついて感じて吸収せよ」
そんな意味を込められての言葉でした。
今になっても忘れずにいるのは、やはりその言葉にある深い意味が大切だからなのでしょうか。

若い頃の感受性に比べると、間違いなく落ちています。
その分、それをカバーする経験値は積み重なっていくのですね。
感性が劣化しないように勉強もしなければなりません。

しかし、今年のような未曾有の事に見舞われてしまうと、もうなんだか自我をキープするので一杯一杯です。
なんでしょうね、まだまだ人生未体験な出来事なんて星の数ほどあるんだなと、再認識を致します。

少しベクトルを変えた事をしないと駄目だね、なんて音楽系の人たちと話をし始めました。
このまま黙って終わっていく訳にもいきません。
この半年で変えられてしまったものを諦めるのではなく、新たなフェーズに突入する為の準備期間と捉えましょう。

年間24本、4年の歳月で100回を迎えたわけであります。
皆さんにとって、この4年間はどんなだったでしょうか。
私は相も変わらずこの連載を書いておりますよ。

最初にこの企画をくれたエディターさん、連載を続けて頂けてる編集長。
そして、じわ〜っと読んでくれているみなさん、みなさんと共に100回を迎えられました。
ここに感謝の意を表したいと思います。ありがとうございました。
まだまだ連載は続きますよ。

回数を数えながら進行したものって久しぶりな気がします。
古くはラジオですかね。ラジオだと収録で集まるのでケーキを用意しましたね。
この連載に関わるスタッフは、なんらかの事がないと集まる事がありません。
以前は少しあったのですが、今となってはメールベースになり、集まりはなくなりましたね(笑)
早く元気よく人が集まれるような世の中に戻ってほしいものです。

次回は101回です。一つ山を越えた感じですね。
新たなる頂を目指して、我が山岳部隊は進行を続けます。
高みはつねに目の前に立ちふさがり、それを目指して一つずつピークを超えていくのですね。

アニバーサリーとも違う節目なんですねぇ。
そこに相応しい曲はなんだろうな?

やはりこれなんでしょうかね。

The Beatles 『All You Need Is Love』
みんなで聴きましょう♪

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第69回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第39回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第44回
  4. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第6回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第29回
  6. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第1回
  7. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第4回
  8. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第25回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. title_yo
  2. 上間江望
  3. 147-2G
  4. S__97304676
  5. Scarlet Valse 225

特集記事

  1. 1st全国ワンマンツアー「GOLDRAINTOUR2021」へ向け、CHERRY GIRLS PROJECTの優希瞳と真汐里緒が見どころを語ってくれた。 147-2G
  2. デヴィ夫人が大絶賛!世界口笛大会チャンピオン、加藤万里奈初の世界配信リリース!!! デヴィ夫人&加藤万里奈宣材写真
  3. ななひら フルアルバム『rond de lumière』リリース決定! rdl繧ク繝」繧ア繝・ヨ
  4. ハイダンシークドロシーが提示したシングル盤『飾られた私と棘と事切れの部屋/Aglaophotis』は、4人の新たな解釈の元に生まれた王道ヴィジュアル系/耽美なダークメタル作。 ハイダンシークドロシー 
  5. Empressインタビュー:すべては運命のままに生きると宣言したEmpress、8月11日発売の2ndミニアルバム「運命」で、これまでの運命を変えてやれ!!! 運命ジャケット

スポンサーリンク

Push!!

  1. 1st全国ワンマンツアー「GOLDRAINTOUR2021」へ向け、CHERRY GIRLS PROJECTの優希瞳と真汐里緒が見どころを語ってくれた。 147-2G
  2. デヴィ夫人が大絶賛!世界口笛大会チャンピオン、加藤万里奈初の世界配信リリース!!! デヴィ夫人&加藤万里奈宣材写真
  3. ななひら フルアルバム『rond de lumière』リリース決定! rdl繧ク繝」繧ア繝・ヨ
  4. ハイダンシークドロシーが提示したシングル盤『飾られた私と棘と事切れの部屋/Aglaophotis』は、4人の新たな解釈の元に生まれた王道ヴィジュアル系/耽美なダークメタル作。 ハイダンシークドロシー 
  5. Empressインタビュー:すべては運命のままに生きると宣言したEmpress、8月11日発売の2ndミニアルバム「運命」で、これまでの運命を変えてやれ!!! 運命ジャケット

New Comer

上間江望 現実世界では蜜になることは無理だけど。魂はぶつけあえる。だったら、お互いにその魂を交錯させながらライブを楽しもうよ。上間江望のワンマン公演は、 魂と魂を思いきりCrossoverしあえる場所!!

10月2日(土)、青山RizMを舞台にワンマン公演「上間江望ワンマンライブ2021-Crossove…

E98hlg2VcAc59cW トランポリンに、ゴムボートに乗って水鉄砲の撃ち合いに、すいか割りまで。くだらない事して楽しみまくった、FullMooNの夏のワンマン公演!!!!

  8月28日(土)、Thunder Snake ATSUGIを舞台に、FullMooNがワンマン…

FLAPSTAR_ALL_210806 羽ばたき輝く FIVEスターアイドル 『FLAPSTAR』 9月23日(木祝)デビュー決定!

 本年4月に、2012年から18年まで全レッスン公開型アイドルユニットとして活動した「フラップガール…

PAGE TOP