Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第101回

titleimg2

昭和、ありし日の憧憬

昭和生まれの者として、あの頃は良かった的な発言をする事がどうしてもあります。
昭和と令和では世の中のシステムも変化しましたので、比較のしようもありませんけど。

時代が進んで令和になり、昭和でイメージしていた未来の産物が現実に存在するようになりました。
産まれた時からそれが存在している人たちには、それが存在しない事の方が想像しにくいのです。
スマホやアップルウォッチ、タブレットに有機ELのテレビ、電気や水素の自動車、
などなど。挙げればきりがありません。

時代のニーズというものがあります。なので古典でもその時々の流行りでも否定することはありません。
しかし、昔のモノの中に「面白いもの」がたくさんたくさんあったりするのは事実なのです。
現代の感覚とはマッチしない部分が多いですし、面白さ自体が変化しているのも事実。
でも、オールドスクールには変わらない面白さの原点があるのですね。

最近、アナログレコードが徐々に人気になっているとか。
長年レコード屋をやっていた者としては、キチンとレコード盤の取り扱いが出来る人はヒトツマミしかいないと言い切ります。
これを言い出すとキリがなくなるので割愛しますが、でも一言だけ。
アナログを聴くと「プチプチいうのがいいよね」とか言いますが、それって汚れの音ですから。残念。
取り扱いが悪いからすぐにプチプチいうようになっているのですよ。以上。

何度か行われた引っ越しの際に、徐々に数を減らしていったアナログ盤の在庫。
LPは極少数、シングルも100枚程度になりました。

S__20504578

その中から目隠しランダムに引いたものについて話そうと思い、試しに引いてみました。
そこで出てきたのが「お化けのロック」でした。
歌は郷ひろみさんと樹木希林さん(「悠木千帆改め」と表記)。

この曲はTBSのドラマ黄金期の傑作シリーズ「ムー」の挿入歌。
ベストテンにもチャートインした楽しい曲です。
ドラマの中で、歌のコーナーのようなシーンがあり、屋根裏(地下?)部屋のようなところで2人が歌います。

カップリングは「帰郷」、こちらがA面なのですが、ドラマのおかげでチャートインしたのは「お化けのロック」でした。
「帰郷」もドラマの挿入歌として使用されましたが、流行歌っぽくはないので物思いにふけるようなシーンにインサートされていました。

ムーの放送中に悠木千帆から樹木希林に改名をされたのでしたね。
金田と書いて「かねた」さん。超絶ファンキーなお手伝いさん役です。
寺内貫太郎一家ではお婆さん役でしたが、金田さんの強烈パンチの効いたキャラは本編を幾度となく荒らすのです。

浪人生役の郷ひろみさん演じる「拓郎」さん。当時の人気者である吉田拓郎から拝借したお名前。
この拓郎さんを時のアイドルが演じ、ユニークでカッコいいけど2.5枚目というキャラ付けが最高。

新富町の足袋屋さんのホームドラマであり、日常性と奇抜な発想とが同居するコメディでした。
左とん平さん演じる「野口五郎」さんという名前も革新的でした。

第一期のシリーズが人気を博し、第二期「ムー一族」が制作されました。
その際も郷ひろみさんと樹木希林さんのコンビでの歌のシーンがありました。
大ヒット曲となった「林檎殺人事件」です。

単なる造りのドラマにあらず、居酒屋のシーンではそのシーンの挿入歌「世迷言」「男と女・昭和編」
お手伝いのかよちゃん(岸本佳世子 新人とテロップに表記されていました)が屋根に上って歌う「北風よ」
健太郎さんが一条さんの奥さんと偲び合うシーンでは「しのびあいのテーマ」
メインテーマ曲はクリエイションの「真夜中のレオ」など、名曲が多数誕生しました。
オープニングの映像に使用されていたアートなイラストレーションで、初めて横尾忠則さんと出逢いました。

今にしても、この作品を通じて多く知り、学び、身についた感性や感覚は、大いなる影響であると思います。
ドラマは本当に面白くバカバカしく、切なくて泣ける訳ですね。
日常と非日常を織り交ぜて、自分もドラマの中の茶の間にいる感覚になるのです。

そんなドラマ、今はないですよね。
家族や使用人たちが集まって食卓を囲み、みんなで一緒にご飯を食べる。
これ自体が今はなくなってしまったようですし。
コロナ禍で少しそれが戻ってきたのなら、それはとても良い事だと思います。

なにか前にも書いたような気がする内容になった気がしますが、気のせいって事で。
100回を廻ったので別に大丈夫ですよね。

さてさて、そんな黄金のホームドラマを思い出しながら、ぜひ聴いてもらいたいと思います。
郷ひろみ・樹木希林で「お化けのロック」。

関連記事

  1. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第34回
  2. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第3回
  3. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第2回
  4. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第6回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第126回
  6. _D442187 名古屋の美少女軍団「dela」9th単独ライブ開催決定!【特典】…
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第21回
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第89回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XANVALA 279 blue
  2. 209981
  3. titleimg2
  4. 已⼰⺒⼰-いこみき-
  5. 2

特集記事

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

スポンサーリンク

Push!!

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

New Comer

209981 個性豊かな面々で創り上げる 予測不可能な舞台公演「TRICKY MOUSE」が3月30日より、新宿シアターモリエールで開催!

1986年に布袋寅泰氏&ホッピー神山氏のプロデュースでメジャーデビューを飾り、「以心伝心」など数々の…

第三部 花束  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年ワンマン公演を開催。彼女たちが1年という経験を通して得た宝物とは…。

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

第二部  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年記念3部構成ワンマン公演を開催。第2部では、ファン投票ベスト5曲を歌唱。意外な歌が第1位?!

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

PAGE TOP