Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第9回

title_yo

本を出しました

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第9回です。

2019年7月3日、著書「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」を印刷学会出版部さんより刊行しました。

dgpc_cover

内容を簡単に言うと「プロカメラマンの仕事に役立つマニュアルエッセイ」。
まえがきに「この本は入門書ではない」と宣言し、基礎知識や用語解説をあえて省いた、完全にプロへ向けた本です。

書店に行くたびに思っていたのは、デザイナー向けの本は入門書からプロ向けまであるのに、カメラマン向けの本となると入門書やアマチュア向けが多く、プロが仕事に役立てるための本がほとんどない、ということ。

そしてWebを見ていても、プロがアマチュア向けにレクチャーしているものはあっても、プロが本当に必要としている情報はあまりないのではないか、ということ。

ならば、私が普段の仕事を通して感じている課題や、実際にカメラマンから受ける質問を、プロ向けにまとめよう、というコンセプトでこの本をつくりました。

印刷学会出版部サイトでの商品紹介
https://www.japanprinter.co.jp/book/978-4-87085-234-1/

モニター調整や色見本プリントのこと、レタッチを減らすための撮影のポイント、RAW現像上達のポイント、デジタルノイズとフィルム粒状、など、デジタル時代の写真づくりにおいて[誰も教えてくれなかった]、押さえておきたいポイントを詰め込みました。

プロカメラマンのほか、修業中のアシスタントやスタジオマンの方、写真学生の方にもおすすめします。さらに、デザイナーや編集者など、商業写真制作に携わるすべてのプロフェッショナルにも、参考にしていただける内容になっていると思います。

執筆にあたっては、多くの方々、企業さまからご協力をいただきました。

まず、品質の高い業務用ストロボとして定評のあるブロンカラー社の国内総代理店であるアガイ商事さまより、スタジオ、ストロボ、スキャニングで全面的にご協力いただきました。
撮影のクオリティを高めるためには、「良い光」を使うことが非常に大切です。これは本書が伝えたい重要なテーマの一つであり、アガイ商事さまも常にそれを発信し、啓発活動に努められています。

また、アガイ商事さまを通じて、露出計やカラーメーターでおなじみのセコニックさま、カラーマネージメントモニターのEIZOさまにご協力いただきました。
光の精度確認や、良い光を効果的に写真に用いるためには、その光を正確に測定することが不可欠です。そして、撮影後の画像を正しく確認し、仕上がり結果を正確に捉えるためには、画像の状態を正しく表示できるモニターが必要です。セコニックさまとEIZOさまは、そのための業界標準機材を提供されているメーカーです。

さらに、執筆、デザイン制作、書籍製造にあたっては、DNPメディア・アート、大日本印刷の全面協力を得ました。
デザイン、製版、印刷、そして営業、それぞれの現場のプロが一つの妥協も許さず、プロに向けた本をこだわりを持ってつくりました。
DNPとしても、この書籍が入稿画像づくりの手助けになること、ひいては日本の商業写真のクオリティ底上げにつながる、ということで、「トピックス」としてプレスリリースが発信されました。
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1192631_1587.html

出版社からの全国販売ですので、ECサイト、大型書店にて購入できます。

hontoでの販売ページ
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html

ヨドバシ・ドット・コムでの販売ページ
https://www.yodobashi.com/product/100000009003153309/

Amazonでの販売ページ
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/

印刷学会出版部刊行物の常備店・販売協力店
https://www.japanprinter.co.jp/buy/stationary-cooperation-store/
上記書店を中心に陳列していただいていますが、在庫のない店舗もありますので、お出かけの際は事前にご確認ください。

なお、7月13日発売の「コマーシャル・フォト」2019年8月号の解析特集「FUJIFILM GFX100」にて、解説記事と人物撮影を担当しているのですが、
http://www.genkosha.co.jp/cp/backnumber/3904.html
この号の「今月のBOOK」という本の紹介コーナーにて、本書を取り上げていただいています。

正直少し高いのですが、内容には自信があります。
プロの皆様のお仕事に少しでもお役に立てたら嬉しいです。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/

関連記事

  1. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第29回
  2. _DSC5493 【櫻井里花 interview】『はーい!』の言葉の裏の裏の裏に…
  3. 06_D44_3449 【インタビュー連載vol.3】26時のマスカレイド・亜桜しおんが…
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第118回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第56回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第42回
  7. img_4302re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第8回
  8. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第12回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 20231227_mash_24010
  2. ミスイ_7242
  3. LINE_ALBUM_05.14_240524_8
  4. MyM_アー写
  5. MyM_アー写

特集記事

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

スポンサーリンク

Push!!

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

New Comer

LINE_ALBUM_BON.井上 使用可能写真_240318_3 わたしが伝えたいのは、「ありのままの自分でいいんじゃねぇか?」ということ。BON.井上 インタビュー!

TikTokフォロワー数が35万人超え!総再生数1億5千万回超え!今、大バズり中のBON.井上。みず…

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

PAGE TOP