Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第59回

titleimg2

春の旅

冬には冬の魅力というものがあるように、冬から春に移り変わる時期の旅について考えてみようかと思います。
日本はどこにいっても魅力が多い訳で、考え出すとキリがありません。
最後は美味しい料理と美味しいお酒〜になってしまいますが、それがまた魅力!
人生の喜びは多い方がいいですもんね。
それでは広い日本の北から思いを巡らせてみましょう。

□北海道
北海道は一年中行きたい場所なので、いつでも行きたい度は満タンです。
話しだしたら止まらないのでここはさくっと移動!

□東北
東北はまだ2回しか行った事がないので、その魅力についてまだまだ知らない未知のエリアと言っても過言ではありません。
仙台の一部のエリア(松島には行った)と岩手の夏油高原(高原付近エリアのみ)に限定的に行ったことがあります。
観光や名所や名物を体験する事はありませんでしたので、ほぼ知らないと言ってよいと思います。
なので、東北もいつでも行ってみたい度満載です。

□北関東
近くて遠い感じですが、やはり温泉などの魅力的なエリアには惹かれます。
修学旅行でしか行っていないので日光はゆっくりと観光したいです。

□静岡(伊豆)
ちょうどこの時期は早咲きの桜「河津桜」が話題に出ております。正に満開です。
この河津に最強に魅力的な温泉宿があります。
私にとっては忘れる事の出来ない思い出があったりもしますが、とても魅力的な宿でこの時期はきっと静かに盛り上がっているだろうなと。
まったくもって行ける方は羨ましい限りですね。
その宿の魅力は挙げるとキリがない程ですが、何といってもホスピタリティなのです。
人の直接の対応もさることながら、細々した心遣いが魅力なのですね。感心するほどです。
ここは満開の桜の時期も良いですが、いつ行っても魅力的なお宿であります。

□上中下越
新潟もしばらく行っておりませんが、最後に行ったのはちょうど春の佐渡島でした。
フェリーが欠航するほど海は大荒れで、地元の方曰く滅多にない程の大シケだったのです。
なんとかフェリーは出航してくれてかなりスリルな船旅の洗礼。
車での旅だったので佐渡島の約2/3は廻ることが出来ました。
4月でしたが雪が降る程の異例な冷え込みで、日本海本気の寒さ体験旅になりました。
でも楽しかったなあ。いつかこの珍道中をお話しましょうか。

□富山福井石川
このエリアは1度しか行ったことがありませんが、絶対的にもう一度行きたいのです。
いや、行きます。でも行くならじっくり行きたい。

□山陰
このエリアに昨年列車の旅で初上陸を果たした訳で、いまだその興奮冷めやらず。
とはいえ、出雲大社には行けなかったので行きたいですね。前回の旅でそのさわりに触れた程度ですが、やはり日本の神様の歴史を体感してみたいです。
茨城にある分祀(常陸国出雲大社)には行ったことがありますが、大しめ縄は正に圧巻でした。

□長野岐阜
昨年の冬に池の平ホテルで遊ぶバスツアーというのを企画し、2度ほど長野に行きました。
飛騨と白川郷に行ってみたいです。春先も寒いでしょうが一度体験してみたいですね。
飛騨は高山祭りの時期がいいですかね。

□愛知三重和歌山
伊勢神宮に行きたいです。これは数日かけて回ります。絶対行くからいいんです。
和歌山は南紀白浜に音楽創りの相棒が民宿をやっていて、過去に数度転がり込んでいます。
しばらく行っていないので、また行きたいですね。高野山も背中にそびえる、なかなかに風光明媚なエリアです。

□関西
昨年の列車の旅で晩夏に京都に行きましたが、京都に関しては子供の頃から数え切れないほど来訪しているので、ここもいつでも行きたいエリアです。
大阪はほぼ仕事でしか行ってないので、真面目に大阪体験もしたいですね。
昔は遊んでくれる人がいたのですが、最近は仕事がらみがほとんどです。
プライベートでは天王寺(イベントもやりに行ってますが)の明治屋に昼飲みしに行ったくらいです(笑)
神戸や姫路も同じく仕事がらみがほとんどですね。むか〜し、社員旅行で神戸は観光しましたが。

□奈良
3月に入るとやはり行きたいところは東大寺のお水取り。年に一度の神聖な儀式です。
壮大なスケールのイベントです。一度は体験しなければなりません。
今年はお水取りの日に仕事のスケジュールが決まっているので、残念ながら来年以降に参りたいと思います。

□山陽
広島以外は未開の地で、広島も仕事のみ。
いよいよ厳島神社が呼んでいるような気がします。
倉敷や尾道も一度は行ってみたいですね。
昔、九州は北の端の門司港から海をまたいで山口を眺めていたことを思い出します。
今は大きな市場が出来て海産物など購入してその場で食べられたり、魅力的な場所になってるみたいです。
季節外れでしたが、山口側に行かずに門司でフグを食べました。そんな事を思い出しました。

□四国
行ったことがないので、ここもいつでも行ってみたいエリアです。
四国に行くときは出身の方にガイドして貰います。

□九州
九州も仕事以外で訪れたことがありません。それも門司、小倉、博多のスリーエレメンツのみ。
広い九州、一周するにも時間はたっぷりかかりますね。
そんな贅沢旅がしてみたいです。それもクルーズトレイン「ななつ星」だったら最高でしょうね。
おかげさまで「瑞風」を奇跡的に体験させて頂いたもので、日本で走っているクルーズトレインの魅力をもっと体験したくてしょうがない!
ちょっとやそっとでは乗れないからこそ魅力が増すんですね。
長崎でしっぽく料理、熊本で馬刺し、鹿児島で鶏飯、宮崎で地鶏、大分で関サバ、福岡で水炊きを食べて周りたいものです。

□沖縄
ロケでしか行ったことのない沖縄ですが、やはり元気に遊んでみたいですね。
体験している場所やモノが仕事のおかげでぜんぜんないので、ちゃんと見て回りたいです。
獲れたての海ブドウはびっくりするくらい美味かった。こっちで食べるものとはぜんぜん違いました。
やはり名物は現地でないとね。

っという訳で、桜が咲くころはどちらも混んでしまうので、その後くらいを攻めてどこかに行ってみたいですね。
人生節目の時も知らぬ間に過ぎていき、ここからは仕切りなおしみたいな気分になりました。
旅する回数も仕事以外では圧倒的に少なくなっております。
これからの旅は1回1回が大切なものになる気がしており、一期一会の気持ちを忘れないようにしていかないと。
もちろん、人との出会いを大切に。
まだまだ広い日本、行っていない場所を訪ねる楽しさを、全身で吸収していこうと思います。

そんな旅に似合う1曲は…やっぱりこれなのかな。
奥田民生で「イージュー★ライダー」

関連記事

  1. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第15回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第81回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第54回
  4. titleimg_kk 【連載】編集長 近藤薫の 「喜怒哀楽のコード進行」第3回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第141回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第103回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第61回
  8. IMG_8497 【ライブレポ】「普通な生誕をしたくなくて」…盛りだくさんの3時間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ミスイ_7242
  2. Sirius集合2024
  3. XT050294
  4. Sirius集合2024
  5. LINE_ALBUM_26_240219_8

特集記事

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

スポンサーリンク

Push!!

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP