Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第16回

titleimg

最近では出張以外に、中・長距離の移動をすることがほとんどなくなっております。
旅行らしい旅行にも行く事がありません。
その代わり、遊びではないですが海外に仕事で出かけたりすることがあったりします。

そんな最近ですが、久しぶりに電車に数時間揺られて移動する機会がありました。
勿論、これも仕事絡みなのでありますが、現地までの数時間を一人電車に揺られての移動となりました。
東海道線を西に向けて進んでいきます。
見慣れた光景であるのですが、ゆっくり景色を楽しみながら時間をまったり感じて進みます。

藤沢を過ぎたあたりで、ふと、頭に大好きな曲が浮かびました。
このエリアを通るには絶対外せない曲です。
荒井由実の「天気雨」です。
この曲のヒロインは、曲を作ったユーミン自身がモデルであるかのような設定で、相模線に乗って茅ヶ崎まで来る女の子。
茅ヶ崎のGODDESというサーフショップにいるはずの彼に会いに行くストーリー。
何気なくさりげない小さなお話しなのですが、主人公の気持ちの機微が場面や情景、空気感を感じながら想像できるのです。

自分より少し年上の世代の人たちの青春ストーリーですが、少年時代に憧れた正に湘南エリアの寓話なのです。
不器用なのかぶっきらぼうなのか、ちょっと彼女に冷たくする彼。
自分の世界に彼女がさりげに入ってくることが、恥ずかしいような嬉しいような、ちょっぴり嫌だったり照れくさかったり。
つい不器用な表現になる年頃の彼の気持ちと、ベタベタするわけじゃなくちょっとそばに居たい彼女の気持ち。
そんな青春像が短いワードと曲の中に見事に表現されています。
今とは時間と空間の在り方が明らかに違う40年前の青春像なのです。

その頃の光景を憶えていて、またそこが時間経過していく様をみてきた訳です。
天気雨の彼女の気持ちは今でも変わらないものだと思います。
彼の気持ちの在り方も今でも変わるものではありません。

サーフボードの修理でGODDESに行った彼。
彼に言わずに相模線に乗って彼に会いに行く彼女。
彼女を誘わずにGODDES行った彼には二つ気持ちがあると思われます。
・一人で行きたかった
・彼女を誘わない方が良いと思った
それぞれの気持ちには様々な理由があると思います。

自分が思うイメージとしては…
仲間内が集まる場所に行って自分的な時間を過ごしたい。
きっと無駄話をワイワイだらだらするだろうと思うから、彼女がいてもつまらないだろうし、こちらも気になるし周りも気にして話をしにくくなるだろうから。
一方、彼女は…
自分が茅ヶ崎に行くことが迷惑になると感じでいるけれど、やはり彼に会いたい我がままを通したい。
もしGODDESに着いて彼がそれを嫌がったとしても、私が勝手をしたのだから気にしないでクールでいてほしい。
たとえ行ったときに彼が帰った後だったとしてもかまわない。

携帯もメールもない時代です。
今は何でも直ぐに結論付けてしまいがちな時代です。
不便を知らない若い人たちには想像も出来ないかもしれない、そんな世界があった訳です。
携帯を持たずに一日過ごすとかしてみたことがないでしょうけれど、やってみると良いかもしれませんね。
人とコミュニケーションを保つ意味や、普段ないような感情の在り方を感じられ、いつもと違う時間を過ごせること間違いなしです。
人に対してイメージしたり、考えたり、たくさん思ったり…
もっと相手のことを考えることで必要以上に想像を働かせる訳ですね。
だから嬉しいはずなのに、会えた時に必要以上に不器用になったりしてしまうのです。
本当はもっとこうしたかった、素直になれたらよかった、などと繰り返し繰り返し思う訳です。

ぜひこの機会に、相模線に乗って茅ヶ崎まで散歩に行ってみて下さい。
いまのGODDESは昔のそれとは大分違いますが、天気雨を聞いて尋ねる人は少なくなったと思います。

携帯も持たずに女の子が一人、ふと行ったとすると天気雨の彼女の追体験が出来るかもしれませんよ。
但し、茅ヶ崎駅も綺麗になった今は、サザンオールスターズ色が圧倒的に強くなってますが(笑)

それではまた次回お会いしましょう。

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第49回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第44回
  3. L1021583 【オフショット】palet新体制初ワンマンライブ直前 ポートレー…
  4. S__16334930 2人の歌声が、嬉しく心を掻き乱す。鈴木花純&櫻井里花、1stシン…
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第127回
  6. dela_til41 【オフショット】dela「『フジさんのヨコSP・9回目!』1部」…
  7. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第17回
  8. L1034274 【インタビュー】完全新体制のStella☆Beats、2年3ヶ月…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XANVALA 279 blue
  2. 209981
  3. titleimg2
  4. 已⼰⺒⼰-いこみき-
  5. 2

特集記事

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

スポンサーリンク

Push!!

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

New Comer

209981 個性豊かな面々で創り上げる 予測不可能な舞台公演「TRICKY MOUSE」が3月30日より、新宿シアターモリエールで開催!

1986年に布袋寅泰氏&ホッピー神山氏のプロデュースでメジャーデビューを飾り、「以心伝心」など数々の…

第三部 花束  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年ワンマン公演を開催。彼女たちが1年という経験を通して得た宝物とは…。

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

第二部  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年記念3部構成ワンマン公演を開催。第2部では、ファン投票ベスト5曲を歌唱。意外な歌が第1位?!

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

PAGE TOP