Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第39回

titleimg2

今回は食べ物のお話しをしたいと思います。

みなさん、お好きな料理がありますよね。
和洋中、いろいろ美味しい食べ物がありますが、外食でもおふくろの味でも「やっぱりこれだね」って思うものは何でしょうか?

私の好きなメニューのトップ3に入るモノの一つが、洋食界のレジェンド的存在の『グラタン』になります。
ベシャメルソース、そしてスタンダードにマカロニ、鶏肉もいいしエビも素敵、でもプレーンに具が出しゃばらないタイプも好きです。
チーズをのせてもパン粉をまぶしてオーブンにかけても良し。
狐色の焦げ目がなんとも魅力的で食欲をそそる訳ですね。

でも何といっても一番大切なのはベシャメルソースです。
俗にいうホワイトソースの作り方は、これまた料理人やお母さん、それぞれに方法論が違ったりする訳です。
お店では秘伝の作り方が沢山あるのです。秘密のレシピね。
一般的な作り方としては、先ずはバターをお鍋に投入して小麦粉を炒めるところからスタートします。
これが結構大変な作業なんです。
でもここからスタートしなければ、大切な味のベースが確立できないのです。
缶入りのホワイトソースを使うにしても、軸になるベースがあって、そこにプラスする事によって使命が果たせるのであります。

私には理想とするベシャメルソースの味があります。
それは横浜にある老舗洋食店(名前は敢えて伏せます)の味です。
そのお店は建物の老朽化で一旦閉店しましたが、建て直した後に同じ場所に、姿は大分変わってしまいましたが、復活して営業されております。
中学生くらいの頃からそのお店に行くようになり、そこで出会った『グラタン』に完全に魅了されてしまったのです。
とにかくベシャメルソースが美味しい! ずっと食べ続けたいほど美味しい!
この味はなんぞやっ! っと思ってから劇的No.1ソースとして君臨し続けております。

自ら料理を作るようになり、ホワイトソース作りを体験し、初めてそのお店の味の深さに驚かされたのです。
どうやったらあの味を作ることが出来るのだろうか???
もうこれは20世紀の謎ですよ。弟子入りするしかないのだろうか???
一子相伝だったら弟子入りしても教えて貰えないかもしれない〜! そんなことまで考えました。
そのソースを食べて考え、味、香り、色、食感、後味、歯触り、いろいろな要素を研究しようとしても、美味しく食べながらそんな事は考えられないのね。
なので、後からよ〜く考えて色々な要素を試してみました。
そうしましたら、わりと似ている雰囲気までは近づける要素に辿り着きました。結構、試行錯誤した結果です。
自分的にはあのお店の味には遠く及びませんが、それでもある程度納得して自分なりに美味しいと思えるモノにまでは近づけられたかと思います。

私がお店をやっていた時は、メニューにグラタンやドリアを入れることもありました。
最近ではすっかり自分で作る機会が減ってしまって、仕込むこともすっかりなくなってしまっておりますが、数年前に合宿のような生活をしている娘さんに食べたいもを作ってあげるよと言うと、『グラタン』という答えが返ってきたので、しばらくぶりにソースから作ってみました。
作りながら思うのはお母さんのような気持です。料理人としてではなく「娘さんたちを喜ばせたい」という気持ちのエッセンスですね。
料理人であればもちろん持っている気持ちでもありますが、向かっていくベクトルがちょっと違っておりますよね。
焼きたてアツアツのグラタンを出して、ふ〜ふ〜しながら食べた時の顔が美味しい顔だったとしたら、やはりそれが何より嬉しいのです。
なのでその為にも、美味しいベシャメルソースを作ることが出来なければいけなかったりするのです。もちろん自己満ですけどね。

『グラタン』が好きです、どうせなら美味しい『グラタン』であってほしい。そんな飽くなき探求は続いていくのです。
横浜のそのお店にもしばらく行けておりませんが、そろそろあの味を確認しに行かないといけません。
そして、まだ知らぬ美味しい『グラタン』があるならば、そのお店を訪ねて行かなければいけませんね。
美味しい『グラタン』情報があればいつでも募集中です。
…でも最近は、年を取ったせいか、重いものに対する欲求が以前より各段に減ってきております。
これまた寂しいお話ですが。
でも胃薬を飲みながらも食べていることも事実です(笑)

『グラタン』のような幸せな気持ちになる曲といえば…
ポール・マッカートニーの「Pipes of Peace」でしょうか。
曲の持つ雰囲気やテイストがとてもチャーミングで大好きな1曲です。

関連記事

  1. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第15回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第53回
  3. titleimg_kk 【連載】編集長 近藤薫の 「喜怒哀楽のコード進行」第3回
  4. IMG_4909re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第10回
  5. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第3回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第52回
  7. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第35回
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第38回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. titleimg2
  2. 20220807_kokuchi
  3. CHAIN the RIOT繝輔z繝ュ繧キ繧吶ぉ繧ッ繝医Γ繝ウ繝上y繝シ髮・粋蜀咏悄
  4. LINE_ALBUM_20220517_220523_10
  5. ぶいにゃす1

特集記事

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

スポンサーリンク

Push!!

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

New Comer

20220807_kokuchi 『IDOL KYUN2 Fes』が今年の夏に「横浜クルージングFes」と「サウナの屋上露天風呂を舞台にした水着撮影会」「アイドルとの水鉄砲打ち合いイベント」「立川でのBBQ Fes」を開催!!

王道から、奇をてらったテーマや場所を舞台にいろんな形のアイドルイベントを提供し続けている「IDOL …

LINE_ALBUM_20220517_220523_10 三浦千鶴(燃えこれ学園)、生誕祭で「選抜入り」を誓う。メンバーが、ファションリーダー三浦千鶴のコーディネイトによる私服姿でライブも実施。

燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。5月17日(火)に行ったのが「燃えこれ学…

zentai_9173 Zeke Deux×DazzlingBAD、5月にグロ濃い東名阪C/Wツアーを開催!!!

 4月にNETH PRIERE CAINと行った全国カップリングツアーに続き、Zeke Deuxは、…

PAGE TOP