Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第4回

titleimg

「やっちまったな」

昨年に続き、今年もマレーシアでのライブのオファーをいただきました。
昨年はなかなかに珍道中っぽくもあり、感動的な出会いもあり、なんというか海外ならではの展開を体験いたしました。
今年は姉妹グループと2組で遠征する事になり、総勢14名の大所帯でのツアーとなりました。

っと、ここまではよかったのですが、ふと立ち止まって考えてみると、とあるジンクスに気付いてしまったのです。
「いやいや、違う違う!そんなことなはい!」っと否定してみようとしても、ちょいちょい気になっていた事があるのです。
それは、いわゆるあれです…
「運動会の前にケガをし・遠足の前に熱をだす奴」
実は私、それなんじゃないかとここに来て気付いた(今までは頑なに否定していた)のです。

今回の海外遠征では出発1週間前から体調が悪くなり(忙しさのピークが過ぎるタイミングだったので)
一旦、体調が戻りかけたのですが、急な冷え込みに一発でやられ(簡単にやられるんですね)
急な発熱は39度を超えて3日間続き、出発の日の昼くらいにようやく熱だけは下がったのですが、
そこからは地獄のような咳と数々の病理的症状で海外へ出発、現地でも良くなるどころか悪化をキープ。
へろへろになっても本番は待ってくれないので、音響ステージ周りで右往左往しながら日本とは違う海外の脆弱なシステムと格闘したのでありました。
それでも、海外のファンのみなさんの笑顔が何よりの救いとなり一息。
とまあ、とにかく旅の道中のことが記憶にないくらい体調は悪く、楽しいはずの遠征は終始病気のままで終わってしまいました。

過去にもそんなことがあったかなぁ…?

去年のマレーシア遠征はどうだったでしょうか?
特に病気をした記憶はないのですが、奴が(あれですよ、怖いやつ!)出てしまってミステリアス&サイキックな旅となりました。
宮古島ロケの時…。この時もあまり体調がすぐれなかったような気がします。疲れにやられていたような。
沖縄本島ロケ…。この時は何もやることのない係だったのですが、何気に疲れにやられていたような。
京都大阪神戸三都物語的営業活動の回…。この時は口内炎が出来るは、微熱が続くわ、味も匂いも分からなくなっていてつまらなかったなぁ。

そうなんですよ、そんなに大きく酷かったのは今回が初ですけれど、どこかに行く際はちょこちょこへんてこな支障が起きていたりするのです。
なんだか風邪気味みたいな感じ、これが多いのですね。
遠征を負荷なくこなせるように、そのタイミングまでにいろいろ詰め込んじゃって、結果それが悪い方へインサートされちゃったりする訳です。
アホですな。

しかし、逆のパターンもない訳ではないのです。
最後に行った北海道遠征。この時は仕事がある間は貝のように静かにしていましたが、仕事が終わって数日の休みをエンジョイすることになってから爆発的に元気に楽しみました。
さらにその前の北海道遠征。この時も同じくで、休みをエンジョイすることになった瞬間から大ブレイク!

北海道だけは何があっても個人的にエンジョイしなければ気が済まないのです。
仕事があればそれを黙って寡黙にこなし、そして隊列から離れ個人活動に没頭する。
北海道に来たのなら、もうそれは使命のように「食に貪欲に立ち向かう」脳内プログラムが作動するのです。

なので、北海道に私的に同志とグルメ旅をした時のスケジュールなんてマジで半端ないですよ。
・朝、適当に起きてコーヒーなど飲んで体を起こす。
・昼飯前の散歩、その後の行動に合わせたプランニングを考慮して移動。
・昼飯、必ず予約をしてその時々のトレンドなスポットで食事、ビールなど楽しむ。
・昼過ぎ、散歩がてら天然温泉やスーパー銭湯などでまったり過ごす。
・夕方、散歩しながらホテルに一旦戻り、夕食までの時間をまったり過ごす。夕寝あり。
・夜、体調を盤石の体制に整えて、いざ夜の街へ。
・予約しておいたメインのお店で、旬の素材を軸としたコース料理とお酒を楽しむ。
・気になっていたお店の様子を探りつつ、お店に入れそうだったら寄ってみる。
・料理とお酒のメニューを見つつ、次回来るべきかリサーチをおこない…つつ楽しむ。
・締めに日本酒をメインとしたバーやオーセンティックなバーなどで止めの一撃。
・ホテルに酩酊しながら戻り、それでも寝酒のビールを煽る。
・明日に備えて寝る
これを宿泊数分だけ繰り返す訳ですな。
違いと言えば、昼にどこかエリアに足を延ばすかどうか、その辺の違いはあれどほぼ工程は同じです。

えっ、贅沢な話ですって?そりゃあそうですよね。
こんな事、数年に一度しか出来るものではないですから。
最後に行ってから早二年以上経過しました。今年も行けそうにないまま終わっちまうな〜。

まあ、仕事での旅とプライベートでの旅ではこれくらいの差があり、仕事で不調だった分はプライベートで相殺している感じですよ。

それにしても、今年は季節の巡りがおかしくなっているようで、富士山の初冠雪も例年より一か月遅れ。
暑かったり寒かったりの中途半端な繰り返しのせいで、体調も安定せずにふらついているような次第です。
この後は一気に秋が深まるようですが、紅葉を楽しむゆとりが欲しいものです。

もうすぐ年末!
のんびりしたことも言っていられなくなる訳ですね。
とはいえ、長くいっていない温泉に浸かって命の洗濯でもしたいものです。

そんなアンニュイな気持ちになる遅く来た秋の中、皆さま体調にはお気を付けください!
ではまたお会いしましょう!
さあ、今年をどのように締めくくることが出来るか、これからの頑張り次第ですね。
皆さんもお体ご自愛いただき、また次回お目にかかりたいと思います。

関連記事

  1. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第2回
  2. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第8回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第84回
  4. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第27回
  5. 34_D447691 【ライブレポ】“はんなりの真骨頂”を魅せつけた!ミライスカート、…
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第30回
  7. 01D44_8380 【ライブレポ】palet、新体制初ワンマンで8人の物語をスタート…
  8. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第3回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. titleimg2
  2. ×9438
  3. 繝九Η繝シ繧ケ蜃コ縺予_DSC0650
  4. FAKY
  5. m.c.A繝サT

特集記事

  1. 5人の天使たちの救済にあなたもはまってみる?! 東京セラフィム、その魅力を紹介!!!!! C4478674-4B16-45E3-99D0-B30C95496738
  2. とある日の、山川陽彩のライブの模様。ここへ記そうか。 S__7831614
  3. 加藤万里奈 インタビュー 加藤万里奈写真①
  4. YURAサマは言った、「明るい未来を想像するのが苦手な人は、僕に触れてください」と。YURAサマがライブを通して示した明るい未来計画。 繧・i縺輔∪・
  5. 1st全国ワンマンツアー「GOLDRAINTOUR2021」へ向け、CHERRY GIRLS PROJECTの優希瞳と真汐里緒が見どころを語ってくれた。 147-2G

スポンサーリンク

Push!!

  1. 5人の天使たちの救済にあなたもはまってみる?! 東京セラフィム、その魅力を紹介!!!!! C4478674-4B16-45E3-99D0-B30C95496738
  2. とある日の、山川陽彩のライブの模様。ここへ記そうか。 S__7831614
  3. 加藤万里奈 インタビュー 加藤万里奈写真①
  4. YURAサマは言った、「明るい未来を想像するのが苦手な人は、僕に触れてください」と。YURAサマがライブを通して示した明るい未来計画。 繧・i縺輔∪・
  5. 1st全国ワンマンツアー「GOLDRAINTOUR2021」へ向け、CHERRY GIRLS PROJECTの優希瞳と真汐里緒が見どころを語ってくれた。 147-2G

New Comer

S__17334314 UNCLOCK LOVER(頼田陵介)インタビュー!

自分が動ける限り、UNCLOCK LOVERの音楽は鳴り止むことはないです。10月に行ったワ…

LINE_ALBUM_1027_211112_3 魔法少女から女子高生、不思議の森の少女まで。燃えこれ学園「無観客ライブ配信 ソロ曲祭り!」で見せた、メンバーそれぞれの個性映えたパフォーマンス

 燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。10月27日(水)に行ったのが「無観客…

LINE_ALBUM_2021.11.03 速報分_211114_22★ 「振り返るな 目を逸らすな」。共に”希望の行方”を求めた船に乗り込め。Risky Melody、全国ツアーがスタート!

 11月3日(水)、Risky Melodyは渋谷CLUB QUATTROの舞台に立っていた。この日…

PAGE TOP