Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第30回

titleimg2

『12月のちょっぴり静かな夜の過ごし方』

いよいよ2017年、平成29年も師走を迎えました。
今年も一ヶ月を切った訳ですね。

残念なことに今年は「深まりゆく秋」を感じる間もなく冬に突入しました。
夏も唐突に終わった感じでしたし、季節は少しづつ地球規模で変化を始めているのかもしれません。

寒暖の差が激しく、昼はそこそこ暖かくて夜は一気に冷え込む、そんな日が多く続いていますね。
体調管理が難しいので、みなさんも充分お気を付けください。

12月ともなると、一年を振り返るような機会もあるかと思います。
仕事や学業をはじめ、様々な側面で普段あまり行わなかった「振り返り」という事をしてみたりするものです。

今年は個人的には一大事の連続で、一つの節目を迎えた年になりました。
なんでもない日常を送れる事が、如何に幸福な事なのかと実感する一年でした。

かなりな大事があったとしても、如何にそれを素早く咀嚼し流していくか。
多感な若い頃には出来なかった芸当が、年を重ねることによって不思議と自然と出来るようになっていくのです。
大人になるという事はそんな事なのかもしれません。

12月の夜には不思議な魔法がかけられる日がいくつかあります。
普段感じないような孤独を感じたりする夜もあるものです。
そして、何故かそんな夜は妙にゆっくりと時間が過ぎるものだったりします。

そんな夜に似合いの映画を2本ご紹介いたします。
1本は前にもお話ししたことがあるかもしれません。

どちらも主役はビル・マーレイ。
サタデー・ナイト・ライブの人気者。ゴーストバスターズのリーダー役がお馴染です。
ご紹介するのは我が家ではクリスマスの定番作品である「3人のゴースト」
クリスマスにはぜひお薦めの作品です。

そしてもう1本。
ソフィア・コッポラ監督が日本を舞台に製作した「ロスト・イン・トランスレーション」です。

ビル・マーレイが演じるのは著名な俳優役。
ウイスキーのCM撮影に日本にやって来たところからストーリーは始まります。
昔のサントリーCMでショーン・コネリーを起用していた作品を隠さずモチーフにしているところが面白いです。

監督が日本贔屓であるがゆえに、所謂ところの欧米映画で表現される日本とはずいぶん違い、リアルな日本が描かれています。
街、人、カルチャー、どれもが綺麗に、ある意味欧米的なスタンスの映像に表現されています。

東京の高層ホテルに缶詰にされた孤独な有名俳優が、同じく孤独に同じホテルで過ごしている女性と巡り合う。
異国で出会った、自国ではまず巡り合うことのないような2人が、優しく短い時を過ごしていくという物語です。

ヒロイン役のスカーレット・ヨハンソンが何とも言えない魅力を発揮しています。
単なる美人女優などとは違う、どちらかというと個性的なキャラクターの女優という印象を持っています。
その彼女が演じる一般の女性像は、どことなくミスマッチで、そしてコケティッシュで可愛いのです。

何か大きな事件が起きるわけでもない物語です。
東京という都市空間の中に取り残された孤独な男女の姿だけです。

そしてさらに、この物語を観る事を通して、この都市に迷走している孤独な自分がそこにいる訳です。

この2つの映画作品に共通しているのは、主人公が孤独であるという事です。
喧噪の世界で生きていながら、ドアを開け自室に入った瞬間、そこにあるのは孤独なのです。
そして映画のラストでは、また喧噪の中に戻っていく姿が描かれています。

12月の夜、ふと孤独を感じ、自分を見つめ直してみる。
そんな時間があっても良いのではないでしょうか。

また、そんな孤独の夜に、どこかに出かけるとしたら、あなたは何処に行きますか?

ビル・マーレイが演じる主人公のように、1杯のグラスを傾けに出かけましょうか。

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第131回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第153回
  3. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第57回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第112回
  5. _DSC6639 【ライブレポ】Stella☆Beats、ここから新しい未来が始ま…
  6. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第3回
  7. callme_coment 【動画コメント】9/28に2nd Album「This is c…
  8. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第15回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. title_yo
  2. LINE_ALBUM_04.09_240418_9
  3. 4
  4. 集合2024001ー
  5. 【太田家】あいことば_ジャケットFix

特集記事

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

スポンサーリンク

Push!!

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

New Comer

LINE_ALBUM_BON.井上 使用可能写真_240318_3 わたしが伝えたいのは、「ありのままの自分でいいんじゃねぇか?」ということ。BON.井上 インタビュー!

TikTokフォロワー数が35万人超え!総再生数1億5千万回超え!今、大バズり中のBON.井上。みず…

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

PAGE TOP