Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第78回

titleimg2

冬の思い出

中学2年の年末に当時の憧れのオーディオ機器である「ウォークマン2」を買ってもらった。
前にもお話ししましたが、なかなかに贅沢で中学生には身の丈に余るモノでありました。

軽量なヘッドホンを装着して毎日聴いていたお気に入りのアルバムは、RCサクセションの「PLEASE」。
夕暮れの部屋でなぜか電気を点けず壁に寄りかかって、部屋に斜めに差し込んでくる濃いオレンジの夕陽を見ながらPLEASEしていました。

1曲目は「ダーリン・ミシン」
ステレオのヘッドホンから軽快で計算されたRCのスイートなポップサウンドが流れてきます。
チャボの幾重にも重ねたギター、林小の弾むベース、新井田のタイトなドラム、G2のソウルフルな鍵盤、そして清志さんのシャウト。
レコーディングマンとしての経験がようやく一つの形として決定付けられる、名作が産声を上げて脳の中に入り込んで来ました。
「ぼくのお正月の赤いコールテンのズボンが出来上がる」のフレーズに重なるミシンの軽快な音がなんとも心地よいのです。
ダーリンへの贈り物は上等の果樹酒。温かいストーブの部屋でささやかに贅沢な気分でダーリンと飲むのです。
ダーリンはミシンで僕の正月のズボンを作っているのです。
なんて独創的で、なんてホットでセンチメンタルなんでしょうか。
少年スパイシーはお正月前の冬の夕暮れ時に、このドラマの世界をイメージしながらPLEASEを聴いていたのでした。

2曲目は「トランジスタ・ラジオ」、言う事なしに最強。

3曲目は「モーニング・コールをよろしく」
「本物の君のキスで目を覚ませる朝が来るまで電話でがまんするさ」、こんなメッセージが歌になるんです。
画期的です。ストレート過ぎだけどオトコゴコロなんですね。

4曲目「たとえばこんなラヴ・ソング」
ロックテイストに溢れ、生向委のホーンセクションが印象的。

5曲目「DDはCCライダー」
これまたストレートでスピーディー。タンクに750㏄をぶち込みたくなるストリートライディングミュージック。栃木ベイべー♪

6曲目は完璧に持って行かれた「Sweet Soul Music」
清志さんのソウル愛溢れるNo.1ジャパニーズソウルミュージックでしょう。
「シートにしみ込んでるお前の匂い、他の女とは区別がつくさ」カッコいい!

7曲目「ぼくはタオル」
突然の擬態ソング。これを聴いて誰もがタオルに産まれなくて良かったと思ったはず。

8曲目も名曲「ミスター・TVプロデューサー」
「僕の毎日ホントは孤独なんだ友達はテレビだけ」でも本当はいつか彼女と一緒にテレビが観たいんだ。
そんなオイラの夢を叶えてよミスターTV局のプロデューサー!
「オンエアーしてください!見たいのはロックショー!」

9曲目「いい事ばかりはありゃしない」
切ないね。魂の叫びです。
「金が欲しく働いて 眠るだけ」
ここから次の10曲目「あきれて物も言えない」への流れは、「シングル・マン」の哀愁の成長版のようです。
でもやはりこの生活臭がRCのリアルと心情というか身上なんでしょうね。
「いい事ばかり〜」の「坂の途中で立ち止まる」のリアリティがなんとも切ない。
「あきれて〜」はもう怒りの権化。
「シングル・マン」に収録の「やさしさ」に隠された壊れそうな心がそのままに時代を超えて辿り着いちゃったようです。

そんな世間と世界の真ん中で、子どもの頃の日を思い出すんです。絵本の中に入ったように。
それが11曲目「体操しようよ」。
この曲が大好きです。子どもの頃にタイムトリップしてしまいます。
「みんなは野原に腰をおろして髪や薄いシャツを風になびかせていた」
夕暮れ時、キミは木に上っていく僕らを見ていたんだ。
「さようなら またあした さようなら バイバイまたね またあした一緒に」
こんな歌ってありますか?
あるんですよ、ここに。

心は風に吹かれたあの日のまんま。
僕たちは永遠にあの日のあそこに。

アルバムの最後にこの曲が入っております。
少年時代の僕も、この曲を聴いて今数十年の時を超えて感じた気持ちと、変わらない気持ちを感じていました。
音楽が時を超越して同じ感覚を確認させてくれるなんて、他の曲では出来ない事です。

だって、思い出ではなく思い出したとかでなく、あの時に感じていた気持ちと今感じている気持ちが同じなのだから、何一つ別の感覚を感じないのです。
簡単に言うとあの時と今と冬の夕暮れに感じた気持ちはそのまま同じということ。

成長だの進歩だの理屈は関係なく、この気持ちが自分の中で感じられるトップの気持ちなんだという事なのです。
それは時を超えても何一つ変わる事はなかったという、ただそれだけの事です。

そんな風に感性の基礎の一端を担ったアルバムである「PLEASE」は言うまでもなく自分の永遠の名作アルバムなのです。
今回はそんな体験が皆さんに出来るかどうかは分かりませんが、この「PLEASE」の世界をお届けいたします。

RCサクセションのアルバム「PLEASE」をお聴き下さい。

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第108回
  2. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第18回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第41回
  4. 6kaire 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第6回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第121回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第130回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第131回
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第112回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. titleimg2
  2. 20220807_kokuchi
  3. CHAIN the RIOT繝輔z繝ュ繧キ繧吶ぉ繧ッ繝医Γ繝ウ繝上y繝シ髮・粋蜀咏悄
  4. LINE_ALBUM_20220517_220523_10
  5. ぶいにゃす1

特集記事

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

スポンサーリンク

Push!!

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

New Comer

20220807_kokuchi 『IDOL KYUN2 Fes』が今年の夏に「横浜クルージングFes」と「サウナの屋上露天風呂を舞台にした水着撮影会」「アイドルとの水鉄砲打ち合いイベント」「立川でのBBQ Fes」を開催!!

王道から、奇をてらったテーマや場所を舞台にいろんな形のアイドルイベントを提供し続けている「IDOL …

LINE_ALBUM_20220517_220523_10 三浦千鶴(燃えこれ学園)、生誕祭で「選抜入り」を誓う。メンバーが、ファションリーダー三浦千鶴のコーディネイトによる私服姿でライブも実施。

燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。5月17日(火)に行ったのが「燃えこれ学…

zentai_9173 Zeke Deux×DazzlingBAD、5月にグロ濃い東名阪C/Wツアーを開催!!!

 4月にNETH PRIERE CAINと行った全国カップリングツアーに続き、Zeke Deuxは、…

PAGE TOP