Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第159回

titleimg2

『季節感異常事態継続中』

10月終わりのハロウィーンから翌週の今年最後の3連休と、これまたなかなかにバタバタな日々を過ごしておりました。
ふと思うと、例年のハロウィーン時期ってもっと涼しいというか、寒かったような気がします。
ハロウィーンのイベント時期は常に制作側でイベントなどしておりますので、いったい何があったかとか、どんなことして盛り上がったとか、参加者側の記憶がない為、思い出はまったくありませんが。

間髪あけずに3連休でしたが、5時起きで集合してバスでの静岡まで遠征でした。
GWに毎年行われる静岡の音楽イベントの制作に関わっていたので、連休などの交通事情は理解しておりますが、今回も多分に漏れず渋滞にハマりました。
実質渋滞区間の所要時間は2時間ですかね。早く出てもハマる渋滞。
GWのイベントの際は会場で出演者さんを受け入れる側なので必ず電車で移動しております。

10月初旬の土曜日に、これもバスで山梨に行った時も渋滞は避けられませんでした。
当たり前と言えば当たり前ですが、出かけたいときはみんな一緒なのです。
なにか解決策を考えたいですが、得策は見つかりません。
深夜出発とかは身体がきついし、前乗りは費用が膨れますからね。
毎回ですが悩ましい問題であります。

それはさておき、11月頭だというのに、その日の静岡は暖かかったな~。
Tシャツ一枚で過ごせました。
その後も11月の記録更新の夏日を観測とか、正に異常事態が続いておりました。
それ故、自宅にいる時の格好はというと夏から変わらずの半袖短パンを貫いております。
布団もまだ軽めで秋冬支度はしておりません。

ここにきて急に秋めいた気温になってきました。
窓を開けていると外気の涼しさが大分入ってくるようになりました(昼間でも)。
夜はさすがに涼しく寒暖の差を感じていましたが、昼の気温が20度以下になったのは久しぶり。なんだよそれ。
11月だぞ。あと2週間もすれば街はクリスマスモードに入るっていうのに。
ここから急激に秋が深まるんでしょうね。忘れていたものを取り戻すかのように。

10月のうちに衣類の入れ替えなどは済ませておりましたが、なかなか秋冬ものが登場する機会がありませんでした。
季節の移ろいがこんなにもおかしくなったのは初めての体験ですし、温暖化の恐怖をここ数年は確実に感じております。
昔は10月10日が体育の日という祝日でした。もう知らない人が多くなってしまいましたね。
日本初のオリンピックが開催された日が、体育の日(今のスポーツの日のような祝日)として祝日になりました。
前回のオリンピックも秋にやれれば、参加者の身体がおかしくなるような事が防げたのにね。
スポンサー主導で日程をそちらに合わせる不可思議な経済活動が主になっているオリンピックのシステムが悪いのです。
選手が主役じゃなく、スポンサーが主役の大会なのです。あーやだやだ。

話は逸れましたが10月10日の体育の日が「秋の運動会」が開催される指針になっていました。
その頃の運動会は明らかに「涼しい」もしくは「寒かった」のを覚えています。
なんていうんですか、体育の授業の時に太ももが白くなる感じ。
水がかかるとそこだけ色がリアルになるやつ。あんな感じの季節感でしたよ。
9月の水泳の授業の時は唇が紫になってガクガクしてました。
そう思うと最近の暑さは異常としか言えないです。
10月だっていうのに汗をダラダラ流している日があるなんてね。

昨今は異常に暑い6月7月9月などに運動会を行うところが多いですね。
それ故かニュースで熱中症になった生徒たちの話をよく聞きます。
逃れようのない温暖化や異常気象を鑑み、少しは考えてスケジュールを組んであげてほしいものです。
温暖化や異常気象は日本にだけ起こっているわけではありません。
本当に怖いです。恐怖がどんどん近づいてきているのです。
東京は8月は雨が全然降りませんでしたが、かと思うとゲリラ豪雨が発生したり。
雹が降ることなんて滅多になかったのにゴルフボール大の雹が降るなんて。
映画「デイアフタートゥモロー」のような季節変動がリアルに起きている気がします。

これを書いている現在も半袖短パンで過ごしておりますが、もうそろそろ限界がやってきそうです。
限界って、本当ならとっくにヌクヌクした服を着ていてしかるべし。
もう立冬です。冬に入ったのですよ。秋がくることもなくね。
秋の味覚も楽しめておりません。夏のまま時が流れてしまったから。
実りの秋の野菜も果物も元気に実っておらず高値更新中。
それもこの涼しさが急速に深まると一気に秋物総決算のような状態になって、少し値段が下がったと思ったら大慌てで冬物太市が始まるんですね。

今週から本格的に寒くなるようです。
ということで、部屋着はスエットの上下に変更になるかと思います。
秋冬の準備をしっかりとしないといけませんね。
風邪が流行ってますし、インフルエンザはこれからが本番だそうです。
これまでのインフルは南半球から持ち込まれたもので、日本版はここから登場するらしいので。
もうマスクと手洗い消毒は習慣ですね。

さて、本日最後にお届けするのは、なんだか不意にイメージしてしまった少し懐かしいこの曲にします。
大江千里で「サヴォタージュ」。

関連記事

  1. 大メインカット前 【ライブレポ】2017年ブレイク待ったなし!26時のマスカレイド…
  2. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第27回
  3. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第7回
  4. Nao_Yuri あなたの脳内の映像化を手厚くサポート。「脳内を具現化する」映像集…
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第55回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第144回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第88回
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第130回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. MyM lov3-11
  2. KOMOREBI_アー写
  3. title_yo
  4. zeke deux_3468
  5. ミスイ_4269

特集記事

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

スポンサーリンク

Push!!

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

New Comer

LINE_ALBUM_BON.井上 使用可能写真_240318_3 わたしが伝えたいのは、「ありのままの自分でいいんじゃねぇか?」ということ。BON.井上 インタビュー!

TikTokフォロワー数が35万人超え!総再生数1億5千万回超え!今、大バズり中のBON.井上。みず…

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

PAGE TOP