Artist

【ライブレポ】唯一無二のブレッシーボイスの持ち主、稀代のシンガソングライター「結花乃-yukano-」全国デビュー直前、お披露目ライブを開催!(2016.7.7)

結花乃3

シンガーソングライター「結花乃-yukano-」のコンベンションライブが7月7日、Music Restrant「ラドンナ原宿」にて開催された。

77_270

この日のライブの主役である「結花乃-yukano-」の前情報はほとんどない状態で会場に来ている。

77_216

正面後ろ奥のソファーに座り、関係者に配られたアーティスト資料に目をやりながら、会場内に流れる心地良いBGMに耳を傾ける。透き通った声と、ココロにひっかかる言葉たち。

「これが結花乃さんの曲なのかな」

そうしているうちにライブが始まった。

 

オープニングSEは「結花乃」自身のオリジナルソング「ハクモクレンの木」。ステージ奥のスクリーンに、歌詞と、それに連動したイラストを映し出すという演出。エバーグリーンなメロディに会場内が穏やかな空気に包まれた。その後、MCに紹介され本人が登場、ライブが始まる。
パーカッションとアコースティックギター+同期音源というアコースティックな演奏形態。

結花乃1

9月7日に発売されるデビュー作「花一匁(はないちもんめ)」は、全編「花」をテーマに制作されている。

その中から、どこか物悲し気であり、情熱的なリード曲「花一匁」、カバー曲の「やさしさに包まれたなら」と展開していく。通常と違う関係者達の前でのライブということで、緊張した表情は隠せないが、持ち味である透明感ある声と、生きた言葉たちは確かにそこにあった。

結花乃2

曲間のMCでは、医大、看護師というキャリアから、シンガーソングライターへの転向エピソードや、今後への想いを聞かせてくれた。

結花乃3

最後の楽曲「また明日~タイムスリップ~」まで約一時間ほどのステージだったが、彼女のバックボーン、音楽への想い、未来への決意、そしてとても素直な人となりまで、しっかりと表現出来た良いライブだった。今後、このまだ名もない種がどんな風に咲き、どんな色の花に育っていくか楽しみで仕方がない。

文 :近藤薫

【編集長の完全なる個人的感想】

ほんとうに素晴らしい歌声だった。美しい声にはどんなスキルも太刀打ち出来ない。息の混ざり具合と声の響きが絶妙。ただ、ひとつ残念だったのが、演奏編成が同期をいれたスタイルだったこと。あれだけ生きた歌と生きた声を操れるのだから、オリジナル音源を表現出来なかったとしても、生演奏での歌を聴いてみたかった。アコギ、パーカッション、ピアノの3ピースでも構わないので。それから、マイクの使い方、チョイスをもっと研究すると唯一無二のその声がさらに引き立つのかなと感じました。個人的にお金を払ってでもまた観たいと思えるアーティストでした。

【編集長 近藤薫 プロフィール】

1999年、ポリドール(現UNIVERSAL MUSIC)よりロックバンド「スィートショップ」のボーカリストとしてメジャーデビュー。2002年にバンド解散後、ソロ2nd Singleとしてリリースした「ハロー&グッバイ」がアニメ「テニスの王子様」のエンディング曲になりヒット。同時に作家活動もスタートさせる。主な楽曲提供アーティストとしては、V6、AKB48、東方神起、テゴマス、℃-ute、Juice=Juice、鈴村健一、郷ひろみ、柏木由紀、下野紘、渡辺美里、マオ from SIDなど。


【作品詳細】

Title:「花一匁」 はないちもんめ

<収録曲>

1.Prologue
2.花一匁 はないちもんめ
3.乙女の華歌
4.黄色いヒヤシンス
5.ひみつの花
6.また明日 ~タイムスリップ~

発売日: 2016年9月7日
価格: 1,620円 (税込)
品 番: PVE-0017

 

関連記事

  1. IMG_5273re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第12回
  2. 【初音ミクシンフォニー2020】サントリーホール公演_KEIメインビジュアル 初音ミクシンフォニー2020~5th Anniversary~」…
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第117回
  4. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第1回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第101回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第24回
  7. S__30597157 XANVALA、聖なる夜に熱狂の祝福を!!
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第125回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ER5_0508
  2. XANVALA 279 blue
  3. 209981
  4. titleimg2
  5. 已⼰⺒⼰-いこみき-

特集記事

  1. 山田みつき(燃えこれ学園)生誕祭を開催。「これからの燃えこれ学園を引っ張っていける存在になりたいです」と力強く宣言! ER5_0508
  2. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  3. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  4. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  5. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294

スポンサーリンク

Push!!

  1. 山田みつき(燃えこれ学園)生誕祭を開催。「これからの燃えこれ学園を引っ張っていける存在になりたいです」と力強く宣言! ER5_0508
  2. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  3. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  4. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  5. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294

New Comer

209981 個性豊かな面々で創り上げる 予測不可能な舞台公演「TRICKY MOUSE」が3月30日より、新宿シアターモリエールで開催!

1986年に布袋寅泰氏&ホッピー神山氏のプロデュースでメジャーデビューを飾り、「以心伝心」など数々の…

第三部 花束  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年ワンマン公演を開催。彼女たちが1年という経験を通して得た宝物とは…。

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

第二部  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年記念3部構成ワンマン公演を開催。第2部では、ファン投票ベスト5曲を歌唱。意外な歌が第1位?!

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

PAGE TOP