Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第144回

titleimg2

21年という期間

9月13日という日は、自分にとって運命の日といっても過言ではありません。

2001年の9月11日は皆さんの記憶に未だ生々しいアメリカでの同時多発テロが起きた日。
自宅に帰りテレビで放送されている、ツインタワーから流れだす煙に衝撃しました。
そしてそれから後に旅客機がもう1つのタワーに激突。
そして2つのタワーの崩壊。
これまでの常識が覆る衝撃の出来事でした。

その映像を観ながら、自分に起きている事にはまだ気づくことは出来ていませんでした。
その2日後、テレビの収録現場に行ったのですが、その日はとにかく体調が悪かったのでした。
地下の駅から地上に出る階段で、手すりにしがみつかないと進めない程酷い状態。
それにもかかわらず、ちょっとおかしいぞくらいにしか感じていない。
そもそもその判断力の低下が不調の最たるものだったのです。

現場についてからもスタッフにお任せして自分は椅子に座ってグッタリ。
出演者から救急車を呼んだほうが良いのではと言われるほどでした。
結局、そこから身動きも出来ず、スタッフに車で自宅まで送ってもらいました。

夕方に帰宅しましたが、寝込んだまま動くことも出来ず救急車を呼んで病院へ。
検査の結果、そのまま緊急入院することに。

自分としては入院に対する抵抗があったので、散々ごねました。
しかし実は「今夜が峠」だったのです。

完全看護の状況下で、翌日の朝を迎えることが出来ました。
朝になるとだんだんと自分が今どうなっているのか分かってきたのですが、しっかり把握できるような状態ではありませんでした。

昨夜は車いすで病室まで運ばれてきたのですが、朝に病室を移動するので歩いてくださいと言われました。
ベッドから立ち上がり傍らの点滴にしがみつきながら移動しました。
その時にはすっかり体力もなくなりふらつき、廊下を歩くのもままならない状況。
エレベーターの小さな段差にすら引っかかってバランスを崩してしまう始末。

そしてなによりびっくりしたのは目が見えなくなっていること。
手元が何も見えなくてぼうっとし、5m先くらいしかはっきりと認識できなくなっていました。
そこから様々な検査を受け、身体が元のような状態に戻るまで1週間以上かかりました。

そんな出来事から気が付けば21年の年が経過いたしました。
その時から毎月定期的な検査が必要な身体にはなってしまいましたが、そのお陰で健康との向き合い方が変わりました。
色々な検査が必要ではあるのですが、毎回結果を確認しながら対応しているので、病気以前とは比較にならない健康な状態です。

あの時、救急の受け入れが近くのエリアで出来ず、隣のエリアの病院に運ばれました。
正直に言って、それも運命を分けたと思っております。
運ばれた病院の当直の先生がそのまま担当医になってくれたのですが、自分に起きている病を専門にしている方だったのです。
搬送された時に自分の症状をみて疑問に思ったことがあり、通常以外の検査を入れて確認してくれていました。
それがなかったら原因が特定できず、場合によっては危険なことになっていたかもしれません。
地元のエリアの病院に運ばれていたら、今ここに帰ってこられなかったような気がします。

いくつもの偶然が重なり、21年目を迎えることが出来ました。
その前とその後では、人生は大きく変わりました。
果たして、それにどんな意味があるのか、あったのかは分かりません。

退院した時は、ここで生きながらえた事には意味がある、などと思っていました。
生きた証を残すことを一つの目的に据えようと考えていたこともあります。
今ではそんな意味や意義を見つけ出そうとは思わなくなりました。
何かを残すことは目的ではなくても、きっかけに出来ればと思うようになりました。

これから先、何を残せるかは分かりません。
それでも、その時々にそばにいてほしい時にそばにいられるような何かが出来たとしたら幸いです。

それでは今回の終わりは、3.11の出来事をきっかけに創った曲でお別れしたいと思います。

Stella Beatsで『Straight Lines』

https://youtu.be/hFkjbrrJuQE

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第90回
  2. img_4302re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第8回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第116回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第104回
  5. IMG_8497 【ライブレポ】「普通な生誕をしたくなくて」…盛りだくさんの3時間…
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第43回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第71回
  8. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第8回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. event20221029s
  2. Furifu1
  3. under fall justice
  4. LINE_ALBUM_20220919_220919_1
  5. LINE_ALBUM_20220918_220919

特集記事

  1. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  2. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  3. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC
  4. コンビニ推進アイドル(仮)、全曲披露ライブの中、各メンバーがソロでも歌唱。改めてドキドキする夢の世界を描きだしていた。 20220731-1-14證√・遨コ
  5. 囁揺的音楽集団AsMRインタビュー 【確定軽量】ASMRバンド塗り

スポンサーリンク

Push!!

  1. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  2. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  3. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC
  4. コンビニ推進アイドル(仮)、全曲披露ライブの中、各メンバーがソロでも歌唱。改めてドキドキする夢の世界を描きだしていた。 20220731-1-14證√・遨コ
  5. 囁揺的音楽集団AsMRインタビュー 【確定軽量】ASMRバンド塗り

New Comer

1 LOVE IZ DOLLと1対1で通話できちゃう?!配信アプリ「moments」とのコラボキャンペーン実施!!

株式会社momentsが主催する、アイドルグループLOVE IZ DOLLとのコラボレーションイベン…

top 2022/9/29(木)『Galpo! live Show Vol.14』開催決定&チケット販売のご案内

アイドル・ガールズポップ&ロック専門情報サイト「ガルポ!」が贈る、新しいライブイベント/番組「Gal…

zeke deux_3186 泣かせにきたね。Zeke Deux、Limited Single第二弾作『Catharsis』を発売!!

 泣かせにきたな、Zeke Deux…。『Catharsis』に初めて触れたとき、その言葉が脳裏へ思…

PAGE TOP