IDOL

【インタビュー連載vol.1】26時のマスカレイド・来栖りんが語る過去、未来の自分「初めて熱中できたものがニジマスでした」

12-23-45D55_5070

TIF2017やアイドル横丁夏祭り、JAM EXPO 2017、関ケ原唄姫合戦2017などアイドル界において”夏の風物詩”とも言える大型ライブへの出演をどこよりもはやく決め今、大注目を浴びる26時のマスカレイド(以下:ニジマス)。6notesでは、そんな彼女たちにインタビューを敢行!

 

今回は、ニジマスの絶対的センターとして輝く来栖りんちゃんを直撃!お気に入りのナンバーからニジマスに入ったきっかけまで、その知られざる素顔に迫りました。

 

—今回の撮影は、「妄想デート企画」ということで、自分でシチュエーションを選んでもらいました!

 

私は、「原宿で古着屋デート」を妄想しながら、竹下通りを歩きました!最初に入った古着屋さんで、マネージャーさんに買ってもらった(高い)ネックレスがお気に入りです♡ クレープは(安かったので)自分で買いました!

 

—古着屋さんにはよく行くんですか?

 

実は1度も行ったことがなくて……! お洋服はすごく好きなんですけど、お気に入りのブランドばっかり買っちゃうんですよ。だから、あまりブランド色がない古着屋さんに1度、行ってみたくて。でも、1人で行く勇気はなかったので「撮影で行ってみよう!」と思って(笑)原宿はよく来るんですけど、街がおしゃれで大好きです!

 

『とにかくいろんなことを考えました』

12-26-27D44_3571

12-23-56D55_5096

 

—ここからは、3/26(日)の定期公演ファイナルを振り返ってもらいます。

 

セットリストまで全て自分たちで決めたので、かなり思い出深いです。例えば、「ワスレナグサ」からは “エモい”感じにしていこう!とか、新曲「トワイライト」の振り付けはハードだから、その後にMCを入れて休もう!とか。2つ目の新曲「心から」は、ファンの人に「ありがとう」というメッセージを込めた歌なので、「今日は来てくれて本当にありがとうね」という気持ちを込めてアンコールあけに歌おう!とか、とにかくいろんなことを考えながらやりました。

 

—6人で試行錯誤しながらカタチにしたんですね。セットリストの中で、りんりんが好きなのはズバリ?

 

「ハローハロー」です!実は、「B dash!」より先にデモを聴いて、初めてレコーディングした曲。振り入れも初めてで……とにかく“初めて”が詰まった曲です。ネガティブな歌詞から始まるのに最後は「大嫌いな夜に『ありがとう』なんて言えたら」とか「いつか笑って言えるかな?」とか、だんだん上を向いていく歌詞がすごく好きです。

 

—共感する部分もあるんでしょうか?

 

2番の最初!「小さい頃、憧れていた〜」ここの歌詞です。私もこの世界に憧れて飛び込んだので、すごく共感します!

 

『10回くらい同じ人に声を掛けられ続けて(笑)』

12-33-16D55_5235

12-48-16D44_3725

—26時のマスカレイドに入ったきっかけを教えてください!

 

よく行く原宿の竹下通りで、今の事務所の方に声を掛けてもらったんですが、1度目は「あやしい!」と思って走って逃げて断ったんですよ。それから、原宿や渋谷へ行くたびに同じ人に声を掛けられ続けて……合計10回くらい(笑)

 

—10回も同じ人に(笑) 相手の方もすごい根性ですね。

 

そう思うじゃないですか。相手の方は声を掛けたことを覚えてないみたいで(笑)初めて声を掛けられたのが中学2年生の時だったんですけど、中学3年生になっても、まだ連絡があって(笑) みかねたお母さんから「1回、話を聞いてみれば?」って言われて、お話だけ聞きに行ったのがきっかけです。

 

『自分が“アイドルになること”が想像できなかった』

13-00-56D44_3780

13-04-21D55_5804

13-07-46D44_3886

13-10-02D55_5877

 

—当時は中学3年生…ニジマスに入るまで1年以上 空いてますね。

 

受験があったので活動できなかったんですが、高校に入ってできるようになりました!事務所の人に薦められてニジマスのオーディションを受けたんですが、当時は自分が「アイドルになる」なんて想像もつかなかったです。

 

—オーディションで思い出に残っていることは?

 

軽い気持ち半分で受けたんですけど、有名な人がいっぱいいてびっくり。最終審査の前に怖気づいて「ここで辞めたい」と思っちゃいました。皆かわいいしダンスもできて歌も上手かったので「自分がいるところじゃないな」と(笑) お母さんに泣きながら「辞退したい」と言ったら「どうせ落ちるから記念に行っておいで」と逆に背中を押されて……思いきって行ったら受かって……人生わからないなぁと思いました。

 

『ニジマスに入って人生まるまる変わりました』

—ニジマスに入ってから変わったことはありますか?

 

人生が変わりました。私、部活は最後まで続けたことがないし、習い事もすぐ辞めちゃうし、勉強も本当に嫌いで続かないタイプなんですよ。初めてここまで何かに熱中して「上に行きたい!」と思って頑張れるものを見つけたんです。泣く回数や「うぉー!」ってモヤモヤする回数もめちゃくちゃ増えたんですけど、それも全然苦痛じゃなくて。今が人生でいちばん楽しいです。本当に、人生まるまる変えてくれたニジマスには感謝してます。

 

—最後に7/1(土)に原宿アストロホールで開催する1stワンマンライブへ向けて意気込みをお願いします!

 

今回の定期公演ファイナルのほぼ倍?のお客さんに来てもらわないといけないので……ここで満足してないで、メンバーみんなで今よりスピードをあげて頑張らないとなって思ってます。3か月で今の倍頑張って、いろんな人に見てもらいたいです!

 

ワンマンライブを1週間前に控えた6月24日(土)には、TIF2017のメインステージ出演をかけた「TIF2017メインステージ争奪LIVE前哨戦」にも出演が決定しているニジマス。2017年夏に向け、気合十分の彼女たちに今後も注目したい。

13-15-00D55_5926

13-20-23D55_6137

Text:向井美帆

Photo:Yusuke HOMMA

関連記事

  1. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第25回
  2. S__82583556 君ともう一度輝きたくて。Venus Parfait、デビュー公演…
  3. DSC02435 心が動いたなら、そのときからCUPIDOLICと一緒に、思い描い…
  4. _DSC3616_c 【対談】大石孝次・米満梨湖「年末総決算ありがとう&新年最高だねス…
  5. IGET-AllStars READY TO KISS・SAY-LA・HOT DOG CAT…
  6. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第53回
  7. 2022-0816-辯・∴縺薙l蟄ヲ蝨・驟堺ソ。繝ゥ繧、繝輔y・槭▽縺・@繧薙⊇繧吶Θ繝九ャ繝・P・・22-08-16_ER5_6539 月間ランキング1位を手にした蒼音舞と當銘菜々にスポットを当てたラ…
  8. 士魂流水 その道のエンターテイナーが集結。一つ一つのライブがドラマを筒繰り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. Sirius集合2024
  2. XT050294
  3. Sirius集合2024
  4. LINE_ALBUM_26_240219_8
  5. title_yo

特集記事

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

スポンサーリンク

Push!!

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP