Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第33回

title_yo

Zfc、たぶん買う

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第33回です。

Zfc、発表されましたね。
噂で流れていたときは「今更こんなデザインのカメラをニコンが出すか?」と少し懐疑的だったのですが、見事ですね。ここまで振り切ったからこそ、ここまで話題になっているのだと思います。
そして何より驚いたのが、ターゲットを若い女性に絞っていること。自分の感覚では、こういうカメラが刺さるのはフィルムカメラを知っているおじさんとか、それなりに年齢の行った人だと思うのですが、マーケティングで導き出された結果が「若い女性」ということなのでしょうから、非常に興味深いです。

デザインはFM2の印象を再現したもの。フィルムカメラを「オマージュ」したくらいのデザインならよくありますが、できる限り忠実に再現しようとしている、中途半端にまとめていないのがとても好印象。
Dfと同様、シャッターダイヤルに赤と青を使っているのもやっぱりニコンらしい。
機構上レンズに絞りリングを付けられないのは残念とはいえ仕方ない。その代わり軍艦部に7セグメントの絞り値表示を付けたのがまた憎い。おそらくフィルムカウンターのイメージでしょう。
シャッターボタンにレリーズ穴がないのは少し残念ですが、ファインダーアイピースを新設計してまで丸型にしたのは高く評価したい。
そして何より、Zシリーズで初めて搭載されたバリアングル液晶。動画を意識して、自撮りもしやすくなったという評価が多いですが、私としては「ひっくり返して隠せる」ことを重視したいのです。フィルムカメラライクなデザインのデジタルカメラは少なくないですが、液晶を隠せないというのは中途半端な仕上げに感じてしまいどうも冷める。X-Pro3のように完全に割り切ったデザインがあってもいいわけです。その点Zfcはちょうどよくまとめている。液晶を隠せばシボのテクスチャ。ラバーになっていないのが残念ですが、ここにそこまでのコストをかけるまでもないという判断なのでしょう。

さて、こういうデザインのカメラは、プロの仕事では使われず、アマチュアのマニア向けかライト層向け、という扱いになります。ボディ内手ぶれ補正がないとか、メモリーカードスロットがシングルだとか、確かに仕事で使うには少し不安があります。
ただ、M型ライカをメインで使っている立場から、一つ言えることがあります。カメラの見た目が被写体に与える影響です。
なぜ私がM型ライカを使うのか、その理由の半分は、被写体に威圧感を与えないから、そして、街に溶け込むからです。
スタジオでバシッと撮るときは、サイズもシャッター音も大きな一眼レフを使います。その方がモデルさんはアガるからです。
しかし、カメラを向けられることに慣れていない人の自然な表情を撮るのに、そんなカメラで良いわけはありません。それで「カメラは意識せずに」なんて矛盾にも程がある。
以前連載でも書いたことがあるかもしれませんが、ライカを向けられた人の反応は主に二つ。ライカを知っている人の「それライカですよね? 高いんですよね? やっぱり良いんですか?」、あるいはライカを知らない人の「それってデジカメですか? かわいいですね」の二つ。見慣れた一眼型のカメラとは違い、興味を持ってくれる。ライカは話題を生み出してくれるカメラなのです。
「それってデジカメですか? かわいいですね」……おそらくZfcもこれに近い印象を与えるはずです。小さなフィルムカメラのようなデザインが若い女性にウケるはずというマーケティングにも沿っています。
そういうことから、Zfcはライカ的な使い方ができるのではないかと少し思っています。ライカ的な印象を被写体に与えつつ、AFが効いて動画がちゃんと撮れる。そう考えると、ライカと一緒に使う一眼ミラーレスとしてなかなかのカメラなのではないか。意外と安いですしね。

ということで、とりあえず買おうと思っています。
で、MマウントレンズをAF化できるマウントアダプターを買って、ライカレンズで使いたいなと。ズミルックス35mmで動画とかいいんじゃないかなぁ。

当初は早々に予約してしまおうかと思っていたのですが、まあ何か必要に迫られているわけでもないし、まずは様子をみようかなと思っています。

これがニコン逆転の起爆剤に!? と言っている人もいますが、そこまでのパワーがあるか……どうかなぁ。
それよりもZ9がしっかりしたスペックで出てくることこそ重要ですし、そしてZfcの好評につきフルサイズ版が出て、そこまでいけばもしかしたら、があるかもしれませんね。
決定的に不足していたZマウントのマクロレンズも出ましたし、今後の巻き返しを期待したいです。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/


dgpc_cover
芳田賢明 著、プロカメラマンに向けた[仕事に即役立つ本]
「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」
好評発売中

(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/
(honto)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html

現在各店品薄状態ですが、版元在庫は豊富にありますので、予約や取り寄せ注文をご利用ください。


関連記事

  1. img_4302re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第8回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第89回
  3. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第34回
  4. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第10回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第36回
  6. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第9回
  7. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第12回
  8. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第3回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. event20221029s
  2. Furifu1
  3. under fall justice
  4. LINE_ALBUM_20220919_220919_1
  5. LINE_ALBUM_20220918_220919

特集記事

  1. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  2. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  3. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC
  4. コンビニ推進アイドル(仮)、全曲披露ライブの中、各メンバーがソロでも歌唱。改めてドキドキする夢の世界を描きだしていた。 20220731-1-14證√・遨コ
  5. 囁揺的音楽集団AsMRインタビュー 【確定軽量】ASMRバンド塗り

スポンサーリンク

Push!!

  1. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  2. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  3. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC
  4. コンビニ推進アイドル(仮)、全曲披露ライブの中、各メンバーがソロでも歌唱。改めてドキドキする夢の世界を描きだしていた。 20220731-1-14證√・遨コ
  5. 囁揺的音楽集団AsMRインタビュー 【確定軽量】ASMRバンド塗り

New Comer

1 LOVE IZ DOLLと1対1で通話できちゃう?!配信アプリ「moments」とのコラボキャンペーン実施!!

株式会社momentsが主催する、アイドルグループLOVE IZ DOLLとのコラボレーションイベン…

top 2022/9/29(木)『Galpo! live Show Vol.14』開催決定&チケット販売のご案内

アイドル・ガールズポップ&ロック専門情報サイト「ガルポ!」が贈る、新しいライブイベント/番組「Gal…

zeke deux_3186 泣かせにきたね。Zeke Deux、Limited Single第二弾作『Catharsis』を発売!!

 泣かせにきたな、Zeke Deux…。『Catharsis』に初めて触れたとき、その言葉が脳裏へ思…

PAGE TOP