Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第5回

title_yo

ライカの話(4)

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第5回です。

ライカM9でのテスト撮影を続けながら、「自分が求めていたカメラはまさにこういうものだった」ということがわかり、本当にこのM9が良いか、あるいは別のM型ライカの方が良いか、という検討に入っていきました。

というのも、当時すでにM9は旧機種となっており、イメージセンサーがCMOSとなり動画撮影も可能となった「M」が登場し、CCD機はアンスラサイトグレー色の「M-E」として新たに販売されていたからです。
借用しているM9をそのまま譲ってもらうべきか、はたまたMか、M-Eか。
ライカショップへ何度も足を運び、実機を確認しました。

最終的にはM9をそのまま譲ってもらうことになったのですが、決め手になったのは3つ。
1 Mのボディは自分には少し厚く、重い
2 Mのシャッター音がいまいちしっくりこない
3 MのRAWデータはM9と比べてどうしてもデジタルっぽさを感じる

人によっては大したことではないかもしれませんし、その程度なら最新機種を買うべきだと考える方もいるかもしれません。
ですが、私にとって「しっくりくる」というのは非常に大きな要素です。
「自分の一部」として、カメラという道具を意識することなく、撮影に集中できるということをとても大事にしているのです。
道具に対する「なんかしっくりこない」「どうも違う」というのは、写真に出てしまうのではないかと思うのです。

M-Eにしなかったのも、ボディがアンスラサイトグレーという独特な色をまとっていること、M型ライカの正統な系譜とは少し離れたところに位置していること、というのが引っかかったということがありました。
全てに対して納得がいく方法を取るには、やはりM9しかなかったのです。

また、撮影にあたって「カメラがなるべく目立たないこと」を重視しているため、基本的にカメラを選ぶときはブラックにしているのですが、借用しているM9はシルバーです。
もちろんシルバーのままでも良い質感とスタイルなのですが、ライカではM9をM9-Pという機種へ純正アップグレードしてくれるサービスがありました。
それを行うことで、シルバーをブラックに変更することができ、M9-Pになることでライカの赤いロゴが外れ、液晶モニターの保護ガラスはさらに強度の高いものとなり、内部の点検も行われて新たにメーカー保証が付きます。
M9を譲ってもらい、この純正アップグレードを行うのが、自分にとって最高の選択だろう、と判断したのでした。

それからは、貸主である当時のオーナーと相談、交渉を行い、お借りしてから約1ヶ月、返却することなく譲っていただくことになりました。
その後、銀座のライカへアップグレードを相談。混み合っていて部品の供給が追いついておらず、着手まで4ヶ月程度かかるとのことでしたが、そのまま予約。
約束通り4ヶ月後に部品入荷の連絡があり、預けてから1週間程度で、シルバーのM9がブラックのM9-Pとなって帰ってきました。
てっきり本国ドイツでの作業になると思っていましたが、国内で対応できるそうで、予想以上に早い帰還でした。
ボディカラーが変更になることで、ほとんどの外装パーツが新品となり、パッと見は新品同然です。

アップグレード前の姿↓

アップグレード後の姿↓

こうして、生まれ変わったM9-Pで、いよいよ本格的に撮影を始めていきます。

L1002532

M9-Pになって初めての撮影は、CDジャケット撮影の現場でした。
出せない写真ばかりなので、こんなカットで。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第36回
  2. _DSC6639 【ライブレポ】Stella☆Beats、ここから新しい未来が始ま…
  3. 800_9307 【Interview】櫻井里花 1st Album発売!「櫻井里…
  4. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第13回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第62回
  6. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第14回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第101回
  8. 20150428_小林秀樹様24611 【インタビュー】歌うドラマー小林秀樹「はじめの一歩」と「新たな一…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XANVALA 279 blue
  2. 209981
  3. titleimg2
  4. 已⼰⺒⼰-いこみき-
  5. 2

特集記事

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

スポンサーリンク

Push!!

  1. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  2. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  3. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  4. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294
  5. The Brow Beatより、今年のお年玉(新着情報)をあなたに。それが…。 1920x1080_1+

New Comer

209981 個性豊かな面々で創り上げる 予測不可能な舞台公演「TRICKY MOUSE」が3月30日より、新宿シアターモリエールで開催!

1986年に布袋寅泰氏&ホッピー神山氏のプロデュースでメジャーデビューを飾り、「以心伝心」など数々の…

第三部 花束  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年ワンマン公演を開催。彼女たちが1年という経験を通して得た宝物とは…。

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

第二部  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年記念3部構成ワンマン公演を開催。第2部では、ファン投票ベスト5曲を歌唱。意外な歌が第1位?!

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

PAGE TOP