Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第104回

titleimg2

『2020年の最終回』

2020年の12月は、例年とは随分と違った雰囲気になりました。

今年自体が全く違う1年だったので、仕方のないことです。
師走という言葉をテレビからも聞くこともなく、淡々と日々を送っているような感覚。

緊急事態宣言が発令されるという、初めての体験があったとき、今が最大の山場だと思っていました。
まさか、年末まで続くというか、さらに深刻化するとは考えていませんでした。
危機感を持って年末年始を迎えるという、前代未聞の暮れになりました。
安全に、冷静に。セーフティをキープしながら日々を過ごしましょう。
医療の最前線で活躍している皆さんに、本当に感謝しかありません。
自分も出来ることを考えて行動しなければなりません。

家族という一番小さなコミューンを守らなければなりません。
多くの人が家族について改めて考える時間となりました。
そのようなことは普通の日常ではあまりなかったかと思います。

いろいろなことがリセットされた状態です。
視点を変えると昔に戻ったみたいなのかもしれません。
急ぎすぎた時代に必要なブレーキをかけたのかもしれませんね。
過剰なやりすぎが止まらなくなった。
何でもあるのが当たり前になった。
結論が用意されていないといけない時代だったのかも。
不測の事態に手も足も出せなくなる、そんな体験をしたことがなかったのです。

昔のようなちょっとした不便さは、先の未来の便利に繋がっていきます。
小さくてささやかだけど、温かいものを見直すきっかけになりました。

大晦日に電車の終夜営業がなくなるのはいつぶりなんだろう。
ユーザー至上主義は高度成長時代が生み出した、日本的なビジネスモデル。
欧米とは考え方が全く違う訳です。
長い休みがあったら何をすればいいんだろう?
そんな考えはよその国にはありません。
エコノミックアニマルと揶揄されても仕方がありません。
そんな自分たちにはカンフル剤となった年だった思えば、これからの時間の使いかたに変化が起きるかもしれません。

年末、そして年始は、どのような雰囲気なのでしょうか。
これから来る未来に、少しづつの前進があることを願います。

立ち止まることはよいことなのです。
止まること、振り返ること、そしてまた前を向く。ゆっくり進む。
2021年はそんな年になるようにしたいです。

今年の最後を飾るのはどんな曲がいいかなと考えます。
今の気分にぴったりなアルバムはすぐに浮かびました。
この作品以外に、この1年を表現できるようなアルバムは見当たらないかもしれません。

BILLY JOELの「The Nylon Curtain」
時代の軋轢を絞り出すような作品であり、かつ音楽的な素晴らしさとメロディックな楽曲。
これほどまでにシニカルで泣けるアルバムはありません。

一番最初に思い浮かんだのは「Goodnight Saigon」。でもこれを選んでしまってはいけませんね。
「Allentown」も外しがたいのですが、ネガティブになってはいけません。

ということで、今年最後にご紹介する曲です。
アルバム「The Nylon Curtain」の最後に収録されております。
BILLY JOELで「Where’s The Orchestra?」をお聴きください。

それではよいお年を。

関連記事

  1. _DSC8877c 【フォトレポ】みゅーちゃん祭り vol.2
  2. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第28回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第53回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第75回
  5. titleimg_kk 【連載】編集長 近藤薫の 「喜怒哀楽のコード進行」第2回
  6. _DSC1357 【ライブレポ】miuzic Entertainment pres…
  7. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第10回
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第47回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 23-01-24_ER5_0203
  2. S__44957714
  3. titleimg2
  4. jacket
  5. 20230223 Feilds flyer onote&ura

特集記事

  1. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  2. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  3. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 
  4. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  5. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2

スポンサーリンク

Push!!

  1. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  2. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  3. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 
  4. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  5. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2

New Comer

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

メイン写真  緊キュン事態宣言が発令?!元ジャニーズJr.集団プロデュースのメンズアイドルグループ、Tim&U。1周年ワンマン公演でプリンセスたちと一緒に描いたトキメキがとまらない物語!!

「あなたと創る王童アイドル」をコンセプトに活動中、男性アイドルユニットのTim&U。彼らが、…

xanvala_8518 XANVALA、4thシングル『joke』を10月19日に発売!

 10月18日に、ヴォーカル巽がこの世に生を受けたことを祝う「XANVALA単独公演 巽生誕祭202…

PAGE TOP