Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第104回

titleimg2

『2020年の最終回』

2020年の12月は、例年とは随分と違った雰囲気になりました。

今年自体が全く違う1年だったので、仕方のないことです。
師走という言葉をテレビからも聞くこともなく、淡々と日々を送っているような感覚。

緊急事態宣言が発令されるという、初めての体験があったとき、今が最大の山場だと思っていました。
まさか、年末まで続くというか、さらに深刻化するとは考えていませんでした。
危機感を持って年末年始を迎えるという、前代未聞の暮れになりました。
安全に、冷静に。セーフティをキープしながら日々を過ごしましょう。
医療の最前線で活躍している皆さんに、本当に感謝しかありません。
自分も出来ることを考えて行動しなければなりません。

家族という一番小さなコミューンを守らなければなりません。
多くの人が家族について改めて考える時間となりました。
そのようなことは普通の日常ではあまりなかったかと思います。

いろいろなことがリセットされた状態です。
視点を変えると昔に戻ったみたいなのかもしれません。
急ぎすぎた時代に必要なブレーキをかけたのかもしれませんね。
過剰なやりすぎが止まらなくなった。
何でもあるのが当たり前になった。
結論が用意されていないといけない時代だったのかも。
不測の事態に手も足も出せなくなる、そんな体験をしたことがなかったのです。

昔のようなちょっとした不便さは、先の未来の便利に繋がっていきます。
小さくてささやかだけど、温かいものを見直すきっかけになりました。

大晦日に電車の終夜営業がなくなるのはいつぶりなんだろう。
ユーザー至上主義は高度成長時代が生み出した、日本的なビジネスモデル。
欧米とは考え方が全く違う訳です。
長い休みがあったら何をすればいいんだろう?
そんな考えはよその国にはありません。
エコノミックアニマルと揶揄されても仕方がありません。
そんな自分たちにはカンフル剤となった年だった思えば、これからの時間の使いかたに変化が起きるかもしれません。

年末、そして年始は、どのような雰囲気なのでしょうか。
これから来る未来に、少しづつの前進があることを願います。

立ち止まることはよいことなのです。
止まること、振り返ること、そしてまた前を向く。ゆっくり進む。
2021年はそんな年になるようにしたいです。

今年の最後を飾るのはどんな曲がいいかなと考えます。
今の気分にぴったりなアルバムはすぐに浮かびました。
この作品以外に、この1年を表現できるようなアルバムは見当たらないかもしれません。

BILLY JOELの「The Nylon Curtain」
時代の軋轢を絞り出すような作品であり、かつ音楽的な素晴らしさとメロディックな楽曲。
これほどまでにシニカルで泣けるアルバムはありません。

一番最初に思い浮かんだのは「Goodnight Saigon」。でもこれを選んでしまってはいけませんね。
「Allentown」も外しがたいのですが、ネガティブになってはいけません。

ということで、今年最後にご紹介する曲です。
アルバム「The Nylon Curtain」の最後に収録されております。
BILLY JOELで「Where’s The Orchestra?」をお聴きください。

それではよいお年を。

関連記事

  1. D44_1392 【ライブレポ】怒涛の勢い、名古屋アイドル dela11th LI…
  2. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第16回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第21回
  4. titleimg_kk 【連載】編集長 近藤薫の 「喜怒哀楽のコード進行」第1回
  5. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第23回
  6. img_1950re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第3回
  7. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第3回
  8. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第37回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 1638457100695
  2. titleimg2
  3. ×9438
  4. 繝九Η繝シ繧ケ蜃コ縺予_DSC0650
  5. FAKY

特集記事

  1. 5人の天使たちの救済にあなたもはまってみる?! 東京セラフィム、その魅力を紹介!!!!! C4478674-4B16-45E3-99D0-B30C95496738
  2. とある日の、山川陽彩のライブの模様。ここへ記そうか。 S__7831614
  3. 加藤万里奈 インタビュー 加藤万里奈写真①
  4. YURAサマは言った、「明るい未来を想像するのが苦手な人は、僕に触れてください」と。YURAサマがライブを通して示した明るい未来計画。 繧・i縺輔∪・
  5. 1st全国ワンマンツアー「GOLDRAINTOUR2021」へ向け、CHERRY GIRLS PROJECTの優希瞳と真汐里緒が見どころを語ってくれた。 147-2G

スポンサーリンク

Push!!

  1. 5人の天使たちの救済にあなたもはまってみる?! 東京セラフィム、その魅力を紹介!!!!! C4478674-4B16-45E3-99D0-B30C95496738
  2. とある日の、山川陽彩のライブの模様。ここへ記そうか。 S__7831614
  3. 加藤万里奈 インタビュー 加藤万里奈写真①
  4. YURAサマは言った、「明るい未来を想像するのが苦手な人は、僕に触れてください」と。YURAサマがライブを通して示した明るい未来計画。 繧・i縺輔∪・
  5. 1st全国ワンマンツアー「GOLDRAINTOUR2021」へ向け、CHERRY GIRLS PROJECTの優希瞳と真汐里緒が見どころを語ってくれた。 147-2G

New Comer

S__17334314 UNCLOCK LOVER(頼田陵介)インタビュー!

自分が動ける限り、UNCLOCK LOVERの音楽は鳴り止むことはないです。10月に行ったワ…

LINE_ALBUM_1027_211112_3 魔法少女から女子高生、不思議の森の少女まで。燃えこれ学園「無観客ライブ配信 ソロ曲祭り!」で見せた、メンバーそれぞれの個性映えたパフォーマンス

 燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。10月27日(水)に行ったのが「無観客…

LINE_ALBUM_2021.11.03 速報分_211114_22★ 「振り返るな 目を逸らすな」。共に”希望の行方”を求めた船に乗り込め。Risky Melody、全国ツアーがスタート!

 11月3日(水)、Risky Melodyは渋谷CLUB QUATTROの舞台に立っていた。この日…

PAGE TOP