Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第59回

title_yo

展覧会をライブにする

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第59回です。

9月末のゴールに向けてラストスパートになってきました。
しかし10月も残暑だそうで、わけがわかりませんね。

ここ数年のメインの仕事は展覧会のプロデュースになってきています。
直近のピーク時は4つの企画を同時に動かしていて、指で文章を打ちながら頭の中では別のことを考えているような、ちょっと今までにない勢いでタスクをこなしていた感じでした。
考えてみるとこれピアノに似ているなと。弾きながらも目は楽譜の先を見ている。長年ピアノをやってきたことがマルチタスクのスキルに繋がったのかもしれません笑。

次々に考えて仕込んで開幕の扉を開き、お客様の反応と賑わう会場を体感して、そして気づいたのが、展覧会というのは美術をライブにすることなんだなと。

もともと音楽をやっていて、写真を始めたきっかけが音楽だったので、何かにつけて写真を音楽になぞらえて考えることが多いのですが、「音楽には時間軸があるけれど、写真にはない」と思ってきました。
でもそれって違うのかも。
「写真には時間軸がない」と決めつけてしまうことで写真の可能性を狭めることになる。
本来存在しうる写真の時間軸をどう現出させるかが重要なのではないか。

時間軸について正確に言うと、音楽の時間軸は送り手と受け手で同期されていて、写真の時間軸は送り手と受け手で同期されない、というだけで、写真をみる人それぞれに時間軸は存在している。みる人に一定の時間軸を与えるものが良い作品なのかもしれません。
あるいは、写真でも送り手と受け手の時間軸を同期させることも可能なのかもしれません。もちろんそれは動画とは違う形で。

それと、作品のプレゼンテーションによって時間軸の同期が可能であるということ。
例えば、絵解きとか、紙芝居屋さんとか、あれは一種の芸術のプレゼンテーションであり、パフォーマンスであり、ライブなんですよね。

写真展に動画を設置すれば時間軸が生まれてライブになるとかそんな浅はかな話ではなく、もっと展覧会をライブにするにはどうしたらいいか。
静止している作品を額に入れて壁にかけるだけが展覧会ではない、もっと自由でいい。
同期非同期の時間軸をどう生み出すのか。
モノづくりやクリエイティブのライブ感、ライブの熱狂をどう生み出すのか。
そういう思考と試行の先に新しい表現が隠れているのだと思います。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/


dgpc_cover
芳田賢明 著、プロカメラマンに向けた[仕事に即役立つ本]
「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」
好評発売中

(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/
(honto)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html
(ヨドバシ・ドット・コム)
https://www.yodobashi.com/product/100000009003153309/


関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第150回
  2. d55_1740 【インタビュー】「NEXT DIMENSION」に向けて! pa…
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第122回
  4. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第7回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第159回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第98回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第76回
  8. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第44回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ミスイ_7242
  2. Sirius集合2024
  3. XT050294
  4. Sirius集合2024
  5. LINE_ALBUM_26_240219_8

特集記事

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

スポンサーリンク

Push!!

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP