Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第137回

titleimg2

『STELLABEATS 8年を振り返る』

2014年5月23日にSTELLABEATSはスタートしました。

8年間はそれなりの期間だったと思います。
スタッフをはじめ、関係者様、共演者様、振り返って気づけば多くの方々に支えられて活動出来ました。
メンバー達は精一杯パフォーマンスし、お客様がステラビの世界に色を付けてくれました。
ここまで本当にありがとうございました。

8年分のオフショット写真をひっくり返して見てみましたが、その数の多さに今更ながら驚きました。
言ってみれば子供の成長の記録写真のようなものかもしれません。

その中でも特に懐かしく印象に思ったものは…
「1stワンマンライブ」
「1stシングルのMV撮影」
「2ndシングルのMV撮影」
「マレーシア遠征第1弾」
「マレーシア遠征第2弾」
「5thシングルのMV撮影」
「岩手遠征」
「2ndワンマンライブ」
「1泊お泊りバスツアー」
「卒業ワンマンthe path to the future」

そして直近では「散開」です。

活動中は沢山の出来事があり、様々な冒険をしてまいりました。
一人では絶対に体験出来ない素敵な経験を重ねる事が出来ました。

活動の後半、この2年半はコロナ禍の為、思うような活動が出来ませんでした。
その期間に在籍してくれたメンバーにはつらい時期を過ごさせてしまい申し訳なく思います。

色々な出来事があった事を久しぶりに振り返り、今では全て楽しい思い出になりました。

佐野元春の大好きな曲「グッバイからはじめよう」の一節に「終わりははじまり」というフレーズがあります。
STELLABEATSは「Birth to stella」という曲からスタートしました。
STELLABEATSのラストを飾る曲も「Birth to stella」にしました。
そこにはこの歌詞にあるように「終わりははじまり」の意味をのせました。
終わりの歌は始まりの歌に繋がる。
そうして新しい物語が始まればいい。
一つの物語は幕を閉じましたが、またいつか新しい幕が開かれるはずです。

STELLABEATSのFantasticな旅は終わりました。
その物語が皆さんの胸に残ってくれたとしたら、こんなに嬉しいことはありません。
曲達が絶えることなく残ってくれれば本望です。

永い間STELLABEATSにお付き合いありがとうございました。

『写真解説』

1stワンマン第2部のラスト「Birth to stella」
stella_00

1stワンマンの楽屋風景
stella_01

2ndシングルMV宮古島撮影
stella_02

アヤ卒業ライブ
stella_03

「Trick or treat」JK撮影
stella_04

マレーシア初遠征現地ファンと記念撮影
stella_05

マレーシア、ペトロナスツインタワーのガーデンにて
stella_06

サンシャイン噴水広場
stella_07

マレーシア遠征2回目
stella_08

マレーシア遠征現地ファンと記念撮影
stella_09

星野卒業ライブ
stella_10

岩手遠征記念撮影
stella_11

5thシングルMV撮影
stella_12

5thシングル感謝イベントお散歩
stella_13

2ndワンマン
stella_14

一泊お泊りバスツアー白樺湖
stella_15

藤田卒業ライブ
stella_16

ラゾーナ川崎
stella_17

お台場ガンダム広場
stella_18

7thシングル感謝イベントバスツアー
stella_19

サンシャイン噴水広場
stella_20

卒業ライブ直前サプライズ駅貼りポスター
stella_21

Galpo!取材
stella_22

Veats Shibuya楽屋
stella_23

クリスマスharebutai楽屋
stella_24

ステラビ6周年
stella_25

アー写撮影
stella_26

クリスマスイベント
stella_27

メンバー集合
stella_28

夏イベント
stella_29

大阪遠征
stella_30

『STELLABEATS リリースDATA』

2014年12月 1stシングル「この恋はとまらない」リリース。オリコン・デイリーチャート1位、ウィークリーチャート12位。
2015年5月 2ndシングル「Fantastic Traveller」リリース。オリコンデイリーチャート1位、ウィークリーチャート15位、インディーズウィークリーチャート1位。
2015年7月 限定版シングル「Com’on Let’s Go!」リリース。
2015年9月 限定版シングル「Trick or treat」リリース。
2016年1月 3rdシングル「星空シンフォニー」リリース。オリコンデイリーチャート1位、Mステ シングルランキング5位、オリコンウィークリーチャート7位、オリコンインディーズウィークリーチャート1位。
2016年10月 4thシングル「さあ共に!~story of yours~」リリース。オリコンデイリーチャート1位を獲得、オリコンインディーズウィークリーチャート1位。
2016年12月 限定版シングル「雪のカケラ*」リリース。煌めき☆アンフォレントとコラボCD。
2017年2月 1stアルバム「Tales of Stella☆Beats」リリース。オリコンデイリーチャート1位。
2017年7月 5thシングル「SUMMER SUMMER神様!!!!」リリース。オリコンデイリーチャート2位、ウィークリーチャート11位、オリコンデイリーチャート1位。
2018年1月 6thシングル「冬、マスカレード」リリース。オリコンデイリーチャート1位、ウィークリーチャート9位。
2018年6月 限定版シングル「story of Stella☆Beats」リリース。
2018年11月 7thシングル「君声リフレイン」リリース。オリコンデイリーチャート2位、ウィークリーチャート11位。
2019年6月 8thシングル「Sparkle Stories」リリース。オリコンデイリーチャート1位、ウィークリーチャート10位。
2020年3月 限定版シングル「CHEDDER CHEESE MELT」リリース。
2022年4月 2ndアルバム「2021 BEATS」配信リリース。

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第63回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第105回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第107回
  4. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第9回
  5. IMG_5068re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第11回
  6. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第53回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第144回
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第20回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XT050294
  2. Sirius集合2024
  3. LINE_ALBUM_26_240219_8
  4. title_yo
  5. 悪役〈C〉集合完成

特集記事

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

スポンサーリンク

Push!!

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP