Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」番外編第4回

titleimg2

「片岡義男という文化」

自分より30年ほど人生の先輩となる作家「片岡義男」氏。
思えば40年弱の読者となった。

付き合いが長くなった分、その文章の遍歴なども判るようになった。
青春群像、音楽、サーフィン、ハワイ、バイク、海、BUM、BEER、HARD BOILED、etc
新しい独自の文学スタイルをいち早く定義した、他に類を見ない解釈と文体である。

そもそもの生い立ちによる、英語やアメリカ文化との触れ合いがあり、それは新しい文化との懸け橋でもある。
ペーパーバックに触れて育った事による文章の組み立てと表現方法。
ある意味ドキュメンタリーでありルポルタージュとも思える。

長く数多く執筆物を読んできたが、自分が読みだした時期の文章が気に入っている。
その時期の作品は繰り返し読み直してきたが、最近、目が覚めるような事があった。
1960〜1973までの間の自伝小説が発刊された。
光文社刊『コーヒーにドーナツ盤、黒いニットのタイ。』
表紙の濃い目のショッキングピンクが嫌いな為、装丁との相性の悪さから読みだしが遅くなった。
分厚いページ紙の質感などはとても良い。

spe4_ng
 
最初の件の読みだしでオッとなった。そのまま読んでいくと直ぐに気づいた。
以前の文体であり、自分が好きだった文章と久しぶりに出会った事を。
内容は興味深く、軽やかな文章であり、最後の落とし込みはここから学んだという事。
数多くの影響を受けたことが如実に分かってしまう。

80歳を超えた著者が劣らない閃きで描く青春群像は、明確な映像として記憶の中にインプットされている証明である。
この自伝的小説を読み、疑似体験しながら、超えた時代にあって普遍的なものの価値を理解させる。
この時期、触れたことの無い世界を体験するのには良い機会かもしれない。

この本を想い、1曲選ぶなら
パット・ブーン「砂に書いたラブレター」

https://www.youtube.com/watch?v=WekYMFZQSgQ

関連記事

  1. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第31回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第83回
  3. L1021583 【オフショット】palet新体制初ワンマンライブ直前 ポートレー…
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第36回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第20回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」番外編第1回
  7. img_1950re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第3回
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第57回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ER5_0508
  2. XANVALA 279 blue
  3. 209981
  4. titleimg2
  5. 已⼰⺒⼰-いこみき-

特集記事

  1. 山田みつき(燃えこれ学園)生誕祭を開催。「これからの燃えこれ学園を引っ張っていける存在になりたいです」と力強く宣言! ER5_0508
  2. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  3. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  4. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  5. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294

スポンサーリンク

Push!!

  1. 山田みつき(燃えこれ学園)生誕祭を開催。「これからの燃えこれ学園を引っ張っていける存在になりたいです」と力強く宣言! ER5_0508
  2. XANVALA、待望の1stアルバム「月と太陽」を2月23日に発売。渋谷clubasiaでの2DAYS公演でアルバムの先行販売も決定!! XANVALA 279 blue
  3. LOVE IZ DOLL、新宿ReNYを舞台に行ったワンマン公演で、兎魅々みみの卒業を発表!一周年主催公演も決定!! LOVE IZ DOLL譁ー螳ソReNY_220106_0007
  4. 小鳥遊ひな、3rdワンマン公演で道玄坂69を卒業。新たなメンバーも加入、5月には3周年記念公演も開催が決定!! 驕鍋私蝮ゅ€€譁ー螳ソReNY_220106_0005
  5. PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUEIの生誕祭。そこは、熱狂渦巻くカオスとロマンスの世界。 DSC09294

New Comer

209981 個性豊かな面々で創り上げる 予測不可能な舞台公演「TRICKY MOUSE」が3月30日より、新宿シアターモリエールで開催!

1986年に布袋寅泰氏&ホッピー神山氏のプロデュースでメジャーデビューを飾り、「以心伝心」など数々の…

第三部 花束  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年ワンマン公演を開催。彼女たちが1年という経験を通して得た宝物とは…。

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

第二部  コンビニ推進アイドル(仮)、1周年記念3部構成ワンマン公演を開催。第2部では、ファン投票ベスト5曲を歌唱。意外な歌が第1位?!

 12月19日(日)、コンビニ推進アイドル(仮)が原宿RENONを舞台に始動1周年記念公演を3部構成…

PAGE TOP