Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第62回

title_yo

Zf届いた

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第62回です。

もう12月になってしまいました。
怒涛の勢いでタスクをこなし、その半分は超えた感じですが、まだまだ年は越せません。
そんな毎日なので、この1ヶ月何があったか、相変わらず思い出せません。

とりあえず、Zfが届きました。結局2ヶ月半くらい待ちました。
待っている間、だんだんいらない気がしてきてしまいましたが、バッテリーチャージャーも液晶保護フィルムもレリーズボタンも先に買ってしまっていたので、待ちました。

やっぱり金属の塊感はいいですね。カメラとはこういうことだなと思います。
デザイン、素材と、その仕上げからくる所有欲の満足感。面白いものです。

私がZfを買おうと思ったのは、特に所有欲とかではなく、操作性とステルス性。ライカを使う理由と重なります。

操作性で言うと、何と言っても物理ダイヤル。ISO感度も露出補正も、できれば絞りも、物理ダイヤルが使いやすい。とにかく回せば設定されるということと、見れば今の設定がすぐわかるというのは、インターフェースとして最強だと思うんですよね。
Zfは露出補正ダイヤルとメインコマンドダイヤルが近い位置にあるので、ファインダーを覗きながら右手親指で操作でき、良い感じです。
そこで、操作系のカスタマイズとして、メインコマンドダイヤルを絞りに割り当て、AFAEロックボタンをライブビューの拡大に割り当てました。これでかなりスムーズに撮影ができます。
さらに、DISPボタンに再生を割り当てました。本来再生ボタンは右側にあるべきだと思うんですけどね。

ステルス性で言うと、とにかく目立たないこと。
私の撮影領域はほとんどの場合カメラが主張しない方が良いので、大きな軍艦部やグリップを持つカメラはなるべく避けたいのです。
その意味でライカやGRが最強なのですが、Zfもいい線いってるわけです。まあ、付けるレンズに相当左右されますけどね。

レンズをつけた感じは、意外とFTZII経由でFマウントレンズを使う方がしっくりくるかもしれません。
寸胴なZレンズと比べてFレンズは先太りで、さらにFTZによって手前が細くなるので重心が先端側に行き、レンズ重量に対して構えやすい。
画質面ではどうしてもFレンズは不利ですが、今はGタイプレンズも安く手に入るので、グリップの弱いZfにはFマウントレンズが意外とマッチしそうです。

で、残念だったのが、MマウントレンズをAFで使えるTZM-01が使えないこと。
AFが作動しないことは承知していたのですが、カメラとの通信エラーでMFでも使えないのです。こうなると全くの無用の長物に。。
ファームアップも期待できないし、TZM-02を買うか、普通のマウントアダプターを買うか。TZM-02結構高いんですよねぇ。悩んでます。
もともとライカレンズで遊ぶ想定でいたZfなので、どうするか早く決めないといけないんですけどね。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/


dgpc_cover
芳田賢明 著、プロカメラマンに向けた[仕事に即役立つ本]
「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」
好評発売中

(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/
(honto)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html
(ヨドバシ・ドット・コム)
https://www.yodobashi.com/product/100000009003153309/


関連記事

  1. IMG_3929re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第34回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第93回
  3. IMG_5273re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第12回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第42回
  5. _DSC4204 【フォトレポ】改名後初のシングルをリリースするJewel☆Nei…
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第60回
  7. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第4回
  8. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第15回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XT050294
  2. Sirius集合2024
  3. LINE_ALBUM_26_240219_8
  4. title_yo
  5. 悪役〈C〉集合完成

特集記事

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

スポンサーリンク

Push!!

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP