Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第44回

titleimg2

引っ越しをして数週間が経過し、ようやく新居の中も落ち着いてきた感じになりました。

とはいえ、玄関からリビングまでのスペースには折りたたまれた段ボールが並び、人は隙間を通るしかないほどの圧迫感のまま鎮座しておりました。
二週間を過ぎた昨日、段ボールは回収して貰い、短い廊下スペースもやっと開放する事が出来ました。
少しづつ生活スペースとしてのスタイルが形成されてまいりました。

引っ越しに際し、30年近く愛用しておりましたプリアンプとお別れいたしました。
骨董品の域に達していた名機との別れは惜しい物でしたが、新しい部屋では軽めのアンプに変えることにしました。

最近はなかなかステレオセットを使用して音楽を聴く機会がなくなっておりました。
オーディオのありかたも変化しております。
CDはデータに書き換えて保管するようになり、ライブラリー化するようになりました。
おかげで数千枚あったCDも1/5程度の量まで減らしておりました。

前の引っ越しの時はCDの量だけで気絶しそうだったことを思い出します。
ジャンルを分けて名前順にラックに収納するだけで数週間掛かりましたからねぇ。

そんな訳でプリアンプを購入し、久々にオーディオセットが部分開通(繋いでいない機械もまだ沢山あるので)いたしました。
さて、ここからが面倒な作業です。
アンプのチューニングやスピーカーの調整などを行います。
いくつかのCDをピックアップして音のバランスを確認します。

◇ゲッツ/ジルベルト「ゲッツ/ジルベルト」
ジョアンとアストラッドの声のリアル感と息づかいやノイズ、ゲッツのホーンのリアル感と空気感で音のバランスをみます。

◇ウェス・モンゴメリー「ロード・ソング」
音楽全体のバランス、アレンジの空気感、各楽器の音質、ドン・セベスキーのアレンジの表現力を発揮できているか。

◇ポール・マッカートニー「パイプス・オブ・ピース」
ドラムの位置や左右のバランス、高音域の空気感など。

◇ハンス・ピシュナー「平均律クラヴィーア曲集」
多彩な高音域の表現力。

◇U2「ヨシュア・トゥリー」
各楽器のバランス、中低音の鳴りとまとまり。

◇Crass「Yes Sir, I Will」
このアルバムに出会ったのは35年前。衝撃の1枚でした。
パンクロックと出会い、少ない情報の中でバンド活動を始め、とにかく出来る範囲で音楽を聴きまくっていた頃。
この革命的なアルバムを聴き、ある種の恐怖を感じ、かつ自分が欲しかったモノを一つ見つけたような気持ちになりました。
久しぶりにこのアルバムをCDプレイヤーに乗せ、新しく組んだオーディオシステムでサウンドを確認いたします。
計算されたインプロビゼーションで攻撃的なメッセージ、フォークランド紛争と政府に対するプロパガンダ。
パンクだけに留まらずロック史の中でも偉大な作品であります。
パンクのプログレ作。レコードではAB面になっておりますが、全て繋がった1曲としてまとまっています。それが凄い。
今になって、どのようにこの作品を演奏し、ライブしていたのか分かるようになりましたが、当時はその姿を観ることが出来ず全ては謎の中にありました。
混然一体となったカオスの塊の全てを最後まで一気に聴きました。
時は流れていましたが、このアルバムの持つパワーは色褪せることなくここにありました。

Crassの中でも唯一無二なこのアルバムでサウンドチェックは終了です。

お手軽なアンプを購入したので細かい部分までは調整出来ませんが、出来る範囲で好みのサウンドに近づけました。
さあ、準備は出来ました。ここから新たな音楽が誕生するべくがんばらなければ。

新たなサウンドシステムからお薦めする1曲は…
ジョージ・ハリスンのアルバム「Cloud Nine」より「When We Was Fab」。

関連記事

  1. d55_1740 【インタビュー】「NEXT DIMENSION」に向けて! pa…
  2. dela フルメンバー 名古屋アイドル「dela(デラ)」夏色全開の7th Single…
  3. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第30回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第85回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第20回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第107回
  7. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第25回
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第98回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. title_yo
  2. 上間江望
  3. 147-2G
  4. S__97304676
  5. Scarlet Valse 225

特集記事

  1. 1st全国ワンマンツアー「GOLDRAINTOUR2021」へ向け、CHERRY GIRLS PROJECTの優希瞳と真汐里緒が見どころを語ってくれた。 147-2G
  2. デヴィ夫人が大絶賛!世界口笛大会チャンピオン、加藤万里奈初の世界配信リリース!!! デヴィ夫人&加藤万里奈宣材写真
  3. ななひら フルアルバム『rond de lumière』リリース決定! rdl繧ク繝」繧ア繝・ヨ
  4. ハイダンシークドロシーが提示したシングル盤『飾られた私と棘と事切れの部屋/Aglaophotis』は、4人の新たな解釈の元に生まれた王道ヴィジュアル系/耽美なダークメタル作。 ハイダンシークドロシー 
  5. Empressインタビュー:すべては運命のままに生きると宣言したEmpress、8月11日発売の2ndミニアルバム「運命」で、これまでの運命を変えてやれ!!! 運命ジャケット

スポンサーリンク

Push!!

  1. 1st全国ワンマンツアー「GOLDRAINTOUR2021」へ向け、CHERRY GIRLS PROJECTの優希瞳と真汐里緒が見どころを語ってくれた。 147-2G
  2. デヴィ夫人が大絶賛!世界口笛大会チャンピオン、加藤万里奈初の世界配信リリース!!! デヴィ夫人&加藤万里奈宣材写真
  3. ななひら フルアルバム『rond de lumière』リリース決定! rdl繧ク繝」繧ア繝・ヨ
  4. ハイダンシークドロシーが提示したシングル盤『飾られた私と棘と事切れの部屋/Aglaophotis』は、4人の新たな解釈の元に生まれた王道ヴィジュアル系/耽美なダークメタル作。 ハイダンシークドロシー 
  5. Empressインタビュー:すべては運命のままに生きると宣言したEmpress、8月11日発売の2ndミニアルバム「運命」で、これまでの運命を変えてやれ!!! 運命ジャケット

New Comer

上間江望 現実世界では蜜になることは無理だけど。魂はぶつけあえる。だったら、お互いにその魂を交錯させながらライブを楽しもうよ。上間江望のワンマン公演は、 魂と魂を思いきりCrossoverしあえる場所!!

10月2日(土)、青山RizMを舞台にワンマン公演「上間江望ワンマンライブ2021-Crossove…

E98hlg2VcAc59cW トランポリンに、ゴムボートに乗って水鉄砲の撃ち合いに、すいか割りまで。くだらない事して楽しみまくった、FullMooNの夏のワンマン公演!!!!

  8月28日(土)、Thunder Snake ATSUGIを舞台に、FullMooNがワンマン…

FLAPSTAR_ALL_210806 羽ばたき輝く FIVEスターアイドル 『FLAPSTAR』 9月23日(木祝)デビュー決定!

 本年4月に、2012年から18年まで全レッスン公開型アイドルユニットとして活動した「フラップガール…

PAGE TOP