Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第63回

title_yo

予定調和の壊し方

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第63回です。

年末、数年ぶりにハウススタジオで撮影しました。
普段は基本的にロケが多く、たまに白ホリの撮影があるくらいなので、ハウススタジオは新鮮です。

久々にハウススタジオで撮り始めてまず思ったのが、「どこかで見たような写真がどんどん撮れる!w」ということ。
よく言えば「っぽい」写真が撮れるのですが、悪く言えば「面白くない」写真です。
考えてみれば、ハウススタジオという場自体が「っぽく」作られているので、そこで普通に撮れば、既視感のある写真、紋切り型の写真になっていきます。

ここから逃げていかなきゃダメだ、ということで、いろいろと工夫して型を崩していくわけですが、そこでふと思ったのが、「予定調和をどう壊していくかというのが、その人の作風ということなのかもな」と。

写真の一般的な美しさというのはある程度パターンが決まっていて、そこは技術と練習でカバーできる部分が多いです。一般受けする写真は、そこが押さえられて突き詰められていれば、ある程度撮れます。
ですが、作家の独創性や作品の面白さ(興味深さ)といったことになると、その予定調和の美しさをどう壊すかということになっていきます。
撮る側からしたら、「この状況なら自然とこう撮るよね」からいかに逃れるかということ。

当然、壊しすぎたら理解してもらえなくなるし、美しくも感じにくくなります。必要な整い加減をキープしながら、絶妙に壊すことで新しい美学が生まれる。そんな、いわば「予定されていない調和」とでも言うようなものが、作風、作家性に繋がっているのではないかと思います。

まあこれは、撮り方に限った話ではなく、画づくりでも見せ方でも同じですね。
「型なしと型破りは違う」という話を思い出しました。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/


dgpc_cover
芳田賢明 著、プロカメラマンに向けた[仕事に即役立つ本]
「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」
好評発売中

(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/
(honto)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html
(ヨドバシ・ドット・コム)
https://www.yodobashi.com/product/100000009003153309/


関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第127回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第157回
  3. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第3回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第99回
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第117回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第140回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第68回
  8. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第17回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XT050294
  2. Sirius集合2024
  3. LINE_ALBUM_26_240219_8
  4. title_yo
  5. 悪役〈C〉集合完成

特集記事

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

スポンサーリンク

Push!!

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP