Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第35回

title_yo

RAWデータで、写真がもう一度生まれ変わる

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第35回です。

「RAWデータで撮る理由」みたいな話をすることがしばしばあります。
「画像の劣化を起こさずに済むから」といった一般的なことの他に、「RAWデータを持っておけば、現像時点での最新の技術で現像ができるから」といったこともよく話します。

それと合わせて、「現像時点での自分を反映させられるから」ということもいえます。
ネガを保存しておけば、プリントをするときの自分をその都度反映させられるのと同様です。

「ネガは楽譜、プリントは演奏」というアンセル・アダムスの言葉のように、楽譜をしっかり保管しておけば、その時の自分を演奏に反映させられるわけです。
年月が経って演奏の腕が上達し、過去にはうまくできなかった表現が可能になったり、年月が経って物事の見方が変わったり。そんな最新の「自分」を反映させられる。楽譜、ネガ、RAWデータにはそんな共通点があります。

たまに、過去の作品を振り返ることがあります。
_DSC2211
フィルムからデジタルに完全移行して1年程度の頃、2005年の作品。
ニコンD70に標準キットレンズ。610万画素ですから、今見ると驚くほど小さな画像です。

当時はこんな感じで現像してたなぁ、と。
「ネガプリントっぽさをいかにデジタルで表現するか」というのは当時から取り組んでいましたが、今見ると稚拙な感じがします。
LOMOのカメラを使っていたり、Agfaのフィルム感を狙っていたりしていたので、どちらかというと「トイカメラっぽさ」を追いかけていることが伺えます。

もう16年前の写真ですが、RAWデータをしっかり保存しておくことで、最新の技術と最新の自分をもって、再度作品にすることができます。
_DSC2211_1
今の自分なら、こんな感じに解釈するかな。

16年前の自分と今の自分、もはや他人です。
16年前に撮ったRAWデータともなれば、完全に新しい自分がそのRAWデータと向き合うのです。
そこから生まれるのは、16年前とは違う新しい写真。同じ写真がもう一度生まれ変わるのです。
その作業は、16年前の自分と向き合うことでもあり、自分の表現とは何かということを改めて考える機会なのです。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/


dgpc_cover
芳田賢明 著、プロカメラマンに向けた[仕事に即役立つ本]
「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」
好評発売中

(ヨドバシ・ドット・コム)
https://www.yodobashi.com/product/100000009003153309/
(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/
(honto)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html


関連記事

  1. img_4302re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第8回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第39回
  3. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第9回
  4. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第1回
  5. 6kaire 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第6回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第99回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第101回
  8. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第4回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XT050294
  2. Sirius集合2024
  3. LINE_ALBUM_26_240219_8
  4. title_yo
  5. 悪役〈C〉集合完成

特集記事

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

スポンサーリンク

Push!!

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP