Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第35回

title_yo

RAWデータで、写真がもう一度生まれ変わる

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第35回です。

「RAWデータで撮る理由」みたいな話をすることがしばしばあります。
「画像の劣化を起こさずに済むから」といった一般的なことの他に、「RAWデータを持っておけば、現像時点での最新の技術で現像ができるから」といったこともよく話します。

それと合わせて、「現像時点での自分を反映させられるから」ということもいえます。
ネガを保存しておけば、プリントをするときの自分をその都度反映させられるのと同様です。

「ネガは楽譜、プリントは演奏」というアンセル・アダムスの言葉のように、楽譜をしっかり保管しておけば、その時の自分を演奏に反映させられるわけです。
年月が経って演奏の腕が上達し、過去にはうまくできなかった表現が可能になったり、年月が経って物事の見方が変わったり。そんな最新の「自分」を反映させられる。楽譜、ネガ、RAWデータにはそんな共通点があります。

たまに、過去の作品を振り返ることがあります。
_DSC2211
フィルムからデジタルに完全移行して1年程度の頃、2005年の作品。
ニコンD70に標準キットレンズ。610万画素ですから、今見ると驚くほど小さな画像です。

当時はこんな感じで現像してたなぁ、と。
「ネガプリントっぽさをいかにデジタルで表現するか」というのは当時から取り組んでいましたが、今見ると稚拙な感じがします。
LOMOのカメラを使っていたり、Agfaのフィルム感を狙っていたりしていたので、どちらかというと「トイカメラっぽさ」を追いかけていることが伺えます。

もう16年前の写真ですが、RAWデータをしっかり保存しておくことで、最新の技術と最新の自分をもって、再度作品にすることができます。
_DSC2211_1
今の自分なら、こんな感じに解釈するかな。

16年前の自分と今の自分、もはや他人です。
16年前に撮ったRAWデータともなれば、完全に新しい自分がそのRAWデータと向き合うのです。
そこから生まれるのは、16年前とは違う新しい写真。同じ写真がもう一度生まれ変わるのです。
その作業は、16年前の自分と向き合うことでもあり、自分の表現とは何かということを改めて考える機会なのです。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/


dgpc_cover
芳田賢明 著、プロカメラマンに向けた[仕事に即役立つ本]
「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」
好評発売中

(ヨドバシ・ドット・コム)
https://www.yodobashi.com/product/100000009003153309/
(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/
(honto)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html


関連記事

  1. kobayashihideki 【ライブレポ】moZku 2016年間通し企画 「春夏秋冬とその…
  2. IMG_3929re 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第34回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第49回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第131回
  5. dela フルメンバー 名古屋アイドル「dela(デラ)」夏色全開の7th Single…
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第84回
  7. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第24回
  8. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第16回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 20220807_kokuchi
  2. CHAIN the RIOT繝輔z繝ュ繧キ繧吶ぉ繧ッ繝医Γ繝ウ繝上y繝シ髮・粋蜀咏悄
  3. LINE_ALBUM_20220517_220523_10
  4. ぶいにゃす1
  5. 0426img_01

特集記事

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

スポンサーリンク

Push!!

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

New Comer

20220807_kokuchi 『IDOL KYUN2 Fes』が今年の夏に「横浜クルージングFes」と「サウナの屋上露天風呂を舞台にした水着撮影会」「アイドルとの水鉄砲打ち合いイベント」「立川でのBBQ Fes」を開催!!

王道から、奇をてらったテーマや場所を舞台にいろんな形のアイドルイベントを提供し続けている「IDOL …

LINE_ALBUM_20220517_220523_10 三浦千鶴(燃えこれ学園)、生誕祭で「選抜入り」を誓う。メンバーが、ファションリーダー三浦千鶴のコーディネイトによる私服姿でライブも実施。

燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。5月17日(火)に行ったのが「燃えこれ学…

zentai_9173 Zeke Deux×DazzlingBAD、5月にグロ濃い東名阪C/Wツアーを開催!!!

 4月にNETH PRIERE CAINと行った全国カップリングツアーに続き、Zeke Deuxは、…

PAGE TOP