Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第26回

title_yo

「ライカはレンズだ」について

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第26回です。

早いもので、ライカを使い始めてから約6年になります。
「求めていたカメラにようやく出会えた」とライカを使うようになって、光と陰影の見え方が明らかに変わりました。まさにライカに写真を教わっているような感覚です。

ですが、レンズまではライカのものが使えるだけの財力がなく、サードパーティのレンズで撮影してきていました。
1本だけなら頑張ってライカレンズを買うこともできましたが、それよりも代表的な焦点距離をサードパーティで揃えて、一通りの撮影をできるようにすることを選びました。
そこから本当に自分に必要な焦点距離を見極めてから、ライカのレンズを買おうと思ったのです。

ライカはボディの特性だけでも十分素晴らしく、他のカメラでは得られない写真が撮れ、撮影のたびに感動してきました。
しかし、ベテランの先輩フォトグラファーとライカの話になると、必ず伺うのが「ライカはレンズが良い」ということ。
「いつかはレンズもライカに」と思いつつ、「レンズでそんなに変わるのかなぁ」とも思っていました。

ライカで使っている焦点距離はほとんどが50mmで、7:3くらいの割合で35mmもという感じです。
好きで使っていた50mmのレンズは収差の残ったオールド感のあるレンズなのですが、それだけに逆光のシルエットや点光源にパープルフリンジが出てしまうのが玉に瑕でした。
絞れば消えていくのですが、意図して大口径レンズを使っているのにそれでは意味がないわけで、場合によってはレタッチを入れつつ使用していました。
そんな中、ある撮影でまたやはりパープルフリンジが出て、ついに決意します。「ライカレンズ行ってみるか」と。

まず購入したのは、最も使うであろうズミルックスの50mm。現行のアスフェリカルです。
M9-PとM10でテストを繰り返し、描写特性を確認、RAW現像のパラメータを詰めていったのですが、「なるほど、これはすごい」と。
簡単に言うと「ボディの性能を引き出すには、やはり純正のレンズなのね」という感じ。開放から桁違いの解像力と収差の少なさ、そして色味の良さ。
解像力が高いから人肌には向かないと思いきや、まつ毛などの輪郭をきちっと出すだけで、肌のディテールが強調されるわけでもない。そして何よりボケが綺麗で、シャープさとの対比がものすごい立体感を出す。
6ビットコードでレンズが認識されることで、RAWデータの時点でシェーディング補正がかかり、EXIFにレンズ情報が残るのも地味に助かります。
「ライカ使うならレンズもライカにしたほうがいい」という先輩方からのアドバイスの意味を、ようやく理解したわけです。

そして満を持して迎えたデビュー戦は、おなじみ、みやのねりさん(https://twitter.com/1wan2nyan3)。
作品撮影としては約1年ぶり。仕事の撮影では何度かご一緒していましたが、コロナ禍でなかなか作品撮影ができず、今回感染対策を行いつつ撮影となりました。

L5001399
繊細な描写ととろけるボケがつくる立体感。奥行きのあるふんわりとした描写です。

L5001558
立体感が出るということは、存在感も出るということ。脳内の記憶描写にも近い気がします。まさにmemorygram向き。

L5001547
こってりとした色乗りも私好みです。この風合いをデジタルで出せるなんて…!

L5001459
逆光での透明感がまた素晴らしい。フレアの入り方も絶妙です。嫌な収差もなくすごくナチュラル。

L5001571
こんな胸騒ぎのするような写真、ライカじゃなきゃ撮れないと思うんですよ。

まだ写真の仕上げが終わらないので、速報という感じで先行してご覧いただきました。
準備が出来次第、Instagram→Webサイトと掲載していきます。

実は旅用にエルマリートの28mmも購入して、年始にGoToする予定だったのですが、感染拡大の状況からさすがに断念。
溜まった作業を一気にこなす年末年始になりそうですが、時間があったら都心の人の少なそうなところへ撮りに行こうかと思っています。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/


dgpc_cover
芳田賢明 著、プロカメラマンに向けた[仕事に即役立つ本]
「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」
好評発売中

(ヨドバシ・ドット・コム)
https://www.yodobashi.com/product/100000009003153309/
(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/
(honto)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html


関連記事

  1. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第16回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第139回
  3. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第41回
  4. D55_8899 【インタビュー連載vol.2】26時のマスカレイド・大門果琳が目…
  5. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第16回
  6. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第2回
  7. L1010549 【オフショット】ミライスカート、東京初ワンマン後ポートレート撮影…
  8. titleimg_kk 【連載】編集長 近藤薫の 「喜怒哀楽のコード進行」第1回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. under fall justice
  2. LINE_ALBUM_20220919_220919_1
  3. LINE_ALBUM_20220918_220919
  4. 8
  5. 1

特集記事

  1. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  2. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  3. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC
  4. コンビニ推進アイドル(仮)、全曲披露ライブの中、各メンバーがソロでも歌唱。改めてドキドキする夢の世界を描きだしていた。 20220731-1-14證√・遨コ
  5. 囁揺的音楽集団AsMRインタビュー 【確定軽量】ASMRバンド塗り

スポンサーリンク

Push!!

  1. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  2. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  3. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC
  4. コンビニ推進アイドル(仮)、全曲披露ライブの中、各メンバーがソロでも歌唱。改めてドキドキする夢の世界を描きだしていた。 20220731-1-14證√・遨コ
  5. 囁揺的音楽集団AsMRインタビュー 【確定軽量】ASMRバンド塗り

New Comer

1 LOVE IZ DOLLと1対1で通話できちゃう?!配信アプリ「moments」とのコラボキャンペーン実施!!

株式会社momentsが主催する、アイドルグループLOVE IZ DOLLとのコラボレーションイベン…

top 2022/9/29(木)『Galpo! live Show Vol.14』開催決定&チケット販売のご案内

アイドル・ガールズポップ&ロック専門情報サイト「ガルポ!」が贈る、新しいライブイベント/番組「Gal…

zeke deux_3186 泣かせにきたね。Zeke Deux、Limited Single第二弾作『Catharsis』を発売!!

 泣かせにきたな、Zeke Deux…。『Catharsis』に初めて触れたとき、その言葉が脳裏へ思…

PAGE TOP