Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第7回

title_yo

憧れていたThinkPad

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第7回です。

ノートPCのThinkPadを買いました。今もこの原稿をThinkPadで書いています。

IMG_2883

初めて買ったPCは、MacintoshのClassic IIで、それ以来、仕事でもプライベートでも基本的にMacしか使ってこなかった、完全な「Mac派」の私。
なのになぜThinkPadを買ったのか。

ノートPC自体を新たに買うことにした理由は、執筆や講演の機会をいただけることが増えてきて、思いついたときにさっと打ち込める環境や、外出時に集中して打ち込める環境が欲しいと思ったから。
今まではMacの「テキストエディット」でちょこちょこ原稿を打っていたのですが、ボリュームのあるものになってくるとやはりWordを使わないと厳しい。
最初は、手持ちのMacbookAirにOfficeを買って入れることも考えたのですが、WindowsのOfficeとのファイルの融通を考えれば、やはりこちらもWindowsの方が良いかな、と。

さらに、ここ2年くらいで企画の仕事が増えて、それに合わせてOfficeソフトを使う機会が増えていて、そういった作業をスムーズに捗らせるためにも、2台目のMacbookを買うよりは、Windowsのノートを買った方が良さそうだ、と。

Mac一筋の人だと、Windowsを使うことへの抵抗を感じる方もいると思いますが、自分の場合は必要に駆られてWindowsを使うようにもなっていたので、併用への抵抗はもうなくなっていました。

ではどのメーカー、どの機種にしようか。
まず初めから思い浮かんでいたのがThinkPadでした。
というのも、初めてパソコンに興味を抱いた小学生時代、とにかく憧れのマシンがIBMのThinkPadだったのです。
他のメーカーにはないスタイリッシュな黒と赤のデザインと、キーボードの中央にある赤いトラックポイント。
憧れですから、使い勝手とかではなく見た目です(笑)。
これを小脇に抱えて颯爽と街を歩くビジネスマン、カッコいいなぁ、と。
時代は流れ、メーカーはLenovoになりましたが、ThinkPadは今も健在。
黒と赤のスタイリッシュさと、赤いトラックポイントも変わりません。
いよいよ憧れのThinkPadを手にする時なのかも、と思ったのです。

IMG_2885

いくつか他社の機種とも比較しましたが、ThinkPadを選ぶ一番の決め手になったのがキーボードでした。
元々タイプライターのメーカーでもあったIBMとして、ThinkPadはキーボードにこだわって開発されてきていて、今もそれが受け継がれているそうなんです。
今回のメインの用途が原稿を書くことなので、なるべく速く正確に打てるキーボードが最重要。
そして、トラックポイントがあることで、ホームポジションから手を動かすことなくマウス操作ができ、スクロールボタンを押しながらトラックポイントに触れればスクロールができるというのもとても効率が良く、使いやすい。
ちなみに、「ThinkPadのキーボードのCtrlキーは左端にないため、タッチミスをする」というレビューをよく目にしますが(そのためにFnキーとCtrlキーを逆にできる設定もある)、これはむしろMacユーザーには好都合。
MacのキーボードでCtrlキーの役目を果たすcommandキーはZキーとXキーの下あたりにあるので、あまりCtrlキーが左にあるとその方がタッチミスをしてしまうのです。

m_w_key

キーボードにこだわりたかったのと、もう一つ、なるべく小さくて軽いものを選びたかったのですが、これもThinkPadなら選択肢がある。そして、わりとリーズナブル。
ということで、生まれて初めてのWindowsPCは、ThinkPadになりました。

使い始めて1ヶ月ほどになりますが、本格的にWindowsを使うようになって、設定のカスタマイズでかなり自分好みにできることがわかり、非常に快適に使っています。
もうAdobeCCもOfficeもクラウドですからね。複数の端末を使い分けながら仕事をするのも便利になりました。

というわけで、クリエイティブはMac、執筆や事務はWindowsということで、使い分けながらのPCライフが始まった、というお話でした。

IMG_2884


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第94回
  2. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第2回
  3. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第5回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第95回
  5. 20211016_Rainbow笘・AG!C_8 Rainbow☆MAG!C(Sister MAYO・高橋秀幸・N…
  6. L5001256 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第50回記念企画 トークセッショ…
  7. 2_d44_9174 【インタビュー】6周年ツアーに完全密着!predia、ツアーファ…
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第29回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. under fall justice
  2. LINE_ALBUM_20220919_220919_1
  3. LINE_ALBUM_20220918_220919
  4. 8
  5. 1

特集記事

  1. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  2. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  3. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC
  4. コンビニ推進アイドル(仮)、全曲披露ライブの中、各メンバーがソロでも歌唱。改めてドキドキする夢の世界を描きだしていた。 20220731-1-14證√・遨コ
  5. 囁揺的音楽集団AsMRインタビュー 【確定軽量】ASMRバンド塗り

スポンサーリンク

Push!!

  1. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  2. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  3. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC
  4. コンビニ推進アイドル(仮)、全曲披露ライブの中、各メンバーがソロでも歌唱。改めてドキドキする夢の世界を描きだしていた。 20220731-1-14證√・遨コ
  5. 囁揺的音楽集団AsMRインタビュー 【確定軽量】ASMRバンド塗り

New Comer

1 LOVE IZ DOLLと1対1で通話できちゃう?!配信アプリ「moments」とのコラボキャンペーン実施!!

株式会社momentsが主催する、アイドルグループLOVE IZ DOLLとのコラボレーションイベン…

top 2022/9/29(木)『Galpo! live Show Vol.14』開催決定&チケット販売のご案内

アイドル・ガールズポップ&ロック専門情報サイト「ガルポ!」が贈る、新しいライブイベント/番組「Gal…

zeke deux_3186 泣かせにきたね。Zeke Deux、Limited Single第二弾作『Catharsis』を発売!!

 泣かせにきたな、Zeke Deux…。『Catharsis』に初めて触れたとき、その言葉が脳裏へ思…

PAGE TOP