Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第7回

title_yo

憧れていたThinkPad

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第7回です。

ノートPCのThinkPadを買いました。今もこの原稿をThinkPadで書いています。

IMG_2883

初めて買ったPCは、MacintoshのClassic IIで、それ以来、仕事でもプライベートでも基本的にMacしか使ってこなかった、完全な「Mac派」の私。
なのになぜThinkPadを買ったのか。

ノートPC自体を新たに買うことにした理由は、執筆や講演の機会をいただけることが増えてきて、思いついたときにさっと打ち込める環境や、外出時に集中して打ち込める環境が欲しいと思ったから。
今まではMacの「テキストエディット」でちょこちょこ原稿を打っていたのですが、ボリュームのあるものになってくるとやはりWordを使わないと厳しい。
最初は、手持ちのMacbookAirにOfficeを買って入れることも考えたのですが、WindowsのOfficeとのファイルの融通を考えれば、やはりこちらもWindowsの方が良いかな、と。

さらに、ここ2年くらいで企画の仕事が増えて、それに合わせてOfficeソフトを使う機会が増えていて、そういった作業をスムーズに捗らせるためにも、2台目のMacbookを買うよりは、Windowsのノートを買った方が良さそうだ、と。

Mac一筋の人だと、Windowsを使うことへの抵抗を感じる方もいると思いますが、自分の場合は必要に駆られてWindowsを使うようにもなっていたので、併用への抵抗はもうなくなっていました。

ではどのメーカー、どの機種にしようか。
まず初めから思い浮かんでいたのがThinkPadでした。
というのも、初めてパソコンに興味を抱いた小学生時代、とにかく憧れのマシンがIBMのThinkPadだったのです。
他のメーカーにはないスタイリッシュな黒と赤のデザインと、キーボードの中央にある赤いトラックポイント。
憧れですから、使い勝手とかではなく見た目です(笑)。
これを小脇に抱えて颯爽と街を歩くビジネスマン、カッコいいなぁ、と。
時代は流れ、メーカーはLenovoになりましたが、ThinkPadは今も健在。
黒と赤のスタイリッシュさと、赤いトラックポイントも変わりません。
いよいよ憧れのThinkPadを手にする時なのかも、と思ったのです。

IMG_2885

いくつか他社の機種とも比較しましたが、ThinkPadを選ぶ一番の決め手になったのがキーボードでした。
元々タイプライターのメーカーでもあったIBMとして、ThinkPadはキーボードにこだわって開発されてきていて、今もそれが受け継がれているそうなんです。
今回のメインの用途が原稿を書くことなので、なるべく速く正確に打てるキーボードが最重要。
そして、トラックポイントがあることで、ホームポジションから手を動かすことなくマウス操作ができ、スクロールボタンを押しながらトラックポイントに触れればスクロールができるというのもとても効率が良く、使いやすい。
ちなみに、「ThinkPadのキーボードのCtrlキーは左端にないため、タッチミスをする」というレビューをよく目にしますが(そのためにFnキーとCtrlキーを逆にできる設定もある)、これはむしろMacユーザーには好都合。
MacのキーボードでCtrlキーの役目を果たすcommandキーはZキーとXキーの下あたりにあるので、あまりCtrlキーが左にあるとその方がタッチミスをしてしまうのです。

m_w_key

キーボードにこだわりたかったのと、もう一つ、なるべく小さくて軽いものを選びたかったのですが、これもThinkPadなら選択肢がある。そして、わりとリーズナブル。
ということで、生まれて初めてのWindowsPCは、ThinkPadになりました。

使い始めて1ヶ月ほどになりますが、本格的にWindowsを使うようになって、設定のカスタマイズでかなり自分好みにできることがわかり、非常に快適に使っています。
もうAdobeCCもOfficeもクラウドですからね。複数の端末を使い分けながら仕事をするのも便利になりました。

というわけで、クリエイティブはMac、執筆や事務はWindowsということで、使い分けながらのPCライフが始まった、というお話でした。

IMG_2884


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第33回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第53回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第153回
  4. JB160709_comp 【ライブレポ】Jewel Beat!! 2016 Summer …
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第63回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第159回
  7. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第36回
  8. _DSC1986 【フォトレポ】ROSARIO+CROSS 6thシングル「Lip…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. RinaIkoma_photo
  2. ASOBOZE-6
  3. GRUri9tbUAEynuZ
  4. IMG_1699
  5. S__286384185

特集記事

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

スポンサーリンク

Push!!

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

New Comer

LINE_ALBUM_BON.井上 使用可能写真_240318_3 わたしが伝えたいのは、「ありのままの自分でいいんじゃねぇか?」ということ。BON.井上 インタビュー!

TikTokフォロワー数が35万人超え!総再生数1億5千万回超え!今、大バズり中のBON.井上。みず…

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

PAGE TOP