Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第15回

titleimg

それでは今回は世界中で大ヒットしたAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)の名曲について少しお話ししたいと思います。

AORの代表選手として頭に浮かぶのはまずはボズ・スキャッグスです。
もちろん、AORのアーティストは上げるときりがないですよ。
ピーターセテラやクリストファー・クロス、ネッド・ドヒニー、カーラ・ボノフ…etc.etc.
そして今回のもう一人の主役はボビー・コールドウェル。

ボズとボビー、この2人に共通している素晴らしい曲のお話です。
ボビー・コールドウェルがもともとボズ・スキャッグスに提供した曲「ハート・オブ・マイン」。
88年に発売された「アザー・ロード」の中に収録された曲です。
この曲のメロディーの素晴らしさに世界中のファンが大変感動いたしました。
ボズ・スキャッグスの甘く優しいバリトンボイス、特にサビの伸びのあるボーカルには誰もが賞賛を送りました。

この曲はとてもドラマラスな内容で、1人のフラれ男の心模様について語っております。
当時、このような男のメンタルを歌った曲は多数あるのですが、その中でもこの曲は特に多くの人の心に刺さった名曲なのであります。

翌年89年にボビー・コールドウェルはこの曲をセルフカバーいたします。
作家として提供した曲をセルフカバーするという、しかも近い時代にカバーをするというのはどういった心境だったのか慮られますが、ボズ・スキャッグスが描き出した完成度の高さと、多くのリスナーのリアクションを見てきたボビーの、自分でも歌いたくなるという気持ちはわからなくもありません。

ボビーの透き通ったハイトーンの歌声はこの曲をさらに繊細に表現しています。
更に時代にマッチしたAOR色の強い楽曲としてのインパクトを与えることになります。

日本ではボビー・コールドウェルの「ハート・オブ・マイン」がテレビのCMソングとして使用されました。
この当時、新しいフィーリングのタバコのイメージ戦略を図っていたパーラメントのCMソングになりました。
とてもアダルトでおしゃれな雰囲気。
既成のCMとは雰囲気の違う、大人の優雅な時間や世界観をイメージさせる曲とマッチした素敵な演出になっていました。

時代は奇しくもこの後、バブル期に入ってくるわけなのですが、この時代に合ったイメージ戦略と大人たちの気持ちにうまく滑り込んだボビー・コールドウェルのこのサウンドが、80年代後半から90年代にかけて1つのおしゃれな文化の一端を担うことになりました。

AORというこのジャンルはこの頃にピークを迎えるのですが、ファッションや音楽、ライフスタイルなど様々なものをミックスした文化として、実に上手くクロスオーバーした非常に面白い文化の育ち方をしたのかもしれません。

この曲の歌詞の内容はフラれ男の心情を綴ったものですけれども、とても時代にマッチしたアメリカ的な表現だったと思います。
青春時代の気持ち、そして自分の立ち振る舞いが切なく悲しく、そんな姿を美しくも描き出している…そういうセンチメンタルな時代背景もあったのかもしれません。
80年代風の新しいものがもうすでに古くなり、90年代の大人の新しいあり方、そして思考や時代の変化に合わせた新しい音楽のあり方まで育っていたのかも。

80年代には男性が中性的なメイクをしたりする風潮が、ヨーロッパのアーティストの中で流行った時期があります。
グラムの時代の残像だったのでしょうか、ロック系のアーティストに多くみられました。
アメリカではそういった雰囲気は、逆にハードロックやメタル系アーティストに受け継がれておりました。

一方では、もっとリアルで現実的、且つモダンな表現としての、ライフスタイルとしてのAORが流行っておりました。

日本がバブルに浮かれるその時期に、お洒落で華やかな事に憧れていた人々は見事に踊ってしまう訳ですが、ある意味それは羨ましい時代だったのです。
団塊の世代の次の人たちが、正にこの時代に飲み込まれていた世代になるのですが、彼等は一様にこの時代を今でも愛しているのです。
刹那的な意味ではなく、それはハートも豊かだった証拠なのかもしれませんね。

今回はAOR入門にぴったりな曲からインスパイアしてお話しいたしました。
それではまた次回お会いしましょう。

[ハート・オブ・マインの収録アルバム]
Boz Scaggs / Other Roads (1988年)
Bobby Caldwell / Heart Of Mine (1989年)

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第49回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第157回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第21回
  4. titleimg_kk 【連載】編集長 近藤薫の 「喜怒哀楽のコード進行」第1回
  5. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第15回
  6. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第28回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第35回
  8. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第31回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 20231227_mash_24010
  2. ミスイ_7242
  3. LINE_ALBUM_05.14_240524_8
  4. MyM_アー写
  5. MyM_アー写

特集記事

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

スポンサーリンク

Push!!

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

New Comer

LINE_ALBUM_BON.井上 使用可能写真_240318_3 わたしが伝えたいのは、「ありのままの自分でいいんじゃねぇか?」ということ。BON.井上 インタビュー!

TikTokフォロワー数が35万人超え!総再生数1億5千万回超え!今、大バズり中のBON.井上。みず…

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

PAGE TOP