Artist

あなたの脳内の映像化を手厚くサポート。「脳内を具現化する」映像集団”crap dolly”とは。

Nao_Yuri

「脳内を具現化する」映像を、つねにMVの中に具現化し続けている映像制作集団。それが、元ヴィジュアル系バンドマンたちが集まり誕生した少数精鋭の映像クリエイターチーム”crap dolly”だ。

活動を始めてから5年。ヴィジュアル系バンドのMV制作が多くなっているのも、「映える格好よさ」「耽美や狂気という要素を具象化」してゆく手腕に、同じ感覚や美的センスを覚えるアーティストたちが多いことから。

彼らが多用する”VFXやCGを多く使用したトリッキーな映像美”は、観ている人たちの感覚を刺激し、感情を掻き立てる。リフを刻むように刺激的な映像の数々を次々と映し出す手腕は、ヘドバンしたくなるときと同じような興奮を心の中に掻き立てる。その映像効果は、ライブ中に脳内を駆けめぐる興奮や高揚した感情と同じ。そこへ共鳴した表現者たちが、”crap dolly”へMVなど映像制作を一任している。

もちろん、彼らの表現は幅広い。感情を真っ直ぐにぶつけるロックバンドや、心泣き濡れる歌を届けるポップス系のグループまで、トリッキーな映像手腕を使わずとも、映し出すアーティストたちを活かす、”感情の揺れを伝える映像”を多く作りあげている。

MVの制作が主にはなるが、YouTuber用の番組映像の制作も行えば、ゲーム関連のPV制作も積極的に行うように、2Dや3Dの映像を通し、観ている人たちの期待を煽る作品も多く手がけている。つまり、独自性を持ちながらも、多種多様なニーズに応えるセンスを備えてるということだ。

“crap dolly”の中心となる映像ディレクターの黒川優一は、過去にSignalというヴィジュアル系バンドのボーカルとして活動。同じく映像ディレクターの源依織は、Phobia・Lamiel cocklobin・Femme Fataleでギターを担当してきた元ミュージシャン。とくに彼ら2人の美的センスが、 “crap dolly”の創り出す映像の特色になっている。

“crap dolly”の創り出した映像は、以下を通して確認できる。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLCl3aXDSVFNk1vfQHZYDH8u7MVZF8YRrM

他にも、東京メトロの車内CM、福島のスポーツジム「MIRAIZ BODY」のTVCMなど、要望があれば幅広く映像制作を手掛けている。企業案件から、バンド単位、YouTuberなどの個人からの依頼まで幅広く対応。その範囲も、音楽に限らず、映像を用いてアピールしたい案件であれば何でも対応している。

例えば…の話にはなるが、「40年続いてる地元では老舗の町の定食屋をアピールしたい」でも、「保育園の保育士さんが足りない。保育士の魅力を伝え、募集をかける映像を作りたい」でも、「おらが村の魅力を伝える映像を作ってアップしてほしい」でも、”crap dolly”は「映像を通し、その人が喜んでくれることを形にする」ことに力を注げば、それを喜びにしている。

「クライアント様のご予算にも応じますので一緒に素敵な作品を創っていけたらと思います」と語ってくれたように、自分の脳内に広がるイメージを具体的な形にしたい方や、映像を通してアピールしたい案件がある方は、一度”crap dolly”に問い合わせては如何だろうか。「映像の制作を学びたい」という方にも、もしかしたら(有料で)レクチャーしてくれるかも知れない。ぜひ、「あなたの脳内を”crap dolly”と共に具現化」していただきたい。

最後に、XANVALAの70.が”crap dolly”へ向けてのコメントを寄せてくれたので紹介したい。

XANVALA 70.(B)コメント

「XANVALA結成当時、何なら前のバンドからお世話になっています。映像に関しては黒川さんに任せれば大丈夫ってくらいの信頼を持っていますね。
それも毎回の作品、曲に対しての念入りな打ち合わせを積み重ねて来たからだと思います。中々ここまで打ち合わせをしてくれる監督はいないんじゃないかなと。
映像と曲がシンクロするにはバンド側と映像クリエイターが『何を具現化したいのか』ってすり合わせが何よりも大切だと思っていて、作品に対してのミーティングをどんなに忙しい時期でもコンスタントに取り組んでくれるcrap dollyは自分の中で作品を一緒に作り上げる理想のパートナーだと思っています。
何より今では何でも聞いてくる自分の兄貴的な存在で(笑)何か悩み事とかあると相談しちゃったりする位の存在でして。
いつの間にかそれくらいバンドに親身になってくれる映像チームなんじゃないかなと思いますね。これもバンドの大変さをわかってくれるV系バンドマンが集まった映像チームだから成し得れる事なんだと思います。
毎回毎回進化して行く黒川さん達とこれからも作品を作れる様に俺たちも進化を止めずに走って行きます。」

TEXT:長澤智典

※【crap dollyのVFXやCGが1分30秒で分かる動画】のURLは

https://youtu.be/nnmLOcMSl04

【crap dolly works】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLCl3aXDSVFNk1vfQHZYDH8u7MVZF8YRrM
【crap dolly】
https://crapdolly.com/
【crap dolly Twitter】
https://twitter.com/crap_dolly_

依頼は、以下の「CONTACT」からお願いします。
https://crapdolly.com/

関連記事

  1. INFINITY51_ver4 巣鴨獅子王にて開催の「INFINITY vol.51」にAKAR…
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第91回
  3. メイン SUPER JUNIOR-キュヒョン LINE LIVEにて初ソ…
  4. 彩子さん・中脇 「ポップカルチャーの元祖・三木鶏郎を語る」中村彩子さんインタビ…
  5. hero_02_1 負け犬?の仮面をかぶったHEROたち。マスクの下から見えたのは……
  6. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第60回
  7. SandD-01 「a-nation island powered by dTV」…
  8. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第49回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XT050294
  2. Sirius集合2024
  3. LINE_ALBUM_26_240219_8
  4. title_yo
  5. 悪役〈C〉集合完成

特集記事

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

スポンサーリンク

Push!!

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP