IDOL

【インタビュー連載vol.3】26時のマスカレイド・亜桜しおんがみせた決意『ファンの方に「成長してるな」って思ってもらいたい』

06_D44_3449

 

TIF2017やアイドル横丁夏祭り、JAM EXPO 2017、関ケ原唄姫合戦2017などアイドル界において”夏の風物詩”とも言える大型ライブへの出演をどこよりもはやく決め今、大注目を浴びる26時のマスカレイド(以下:ニジマス)。6notesでは、ワンマンライブを終えたばかりの彼女たちにインタビューを敢行!

 

今回は、メンバー全員が「可愛すぎる妹」と大絶賛、グループ最年少・亜桜しおんちゃんを直撃!お気に入りのナンバーから、1stワンマンライブへ向けての意気込みまでを聞きました。

05_D44_3167

—今回の撮影は、「妄想デート企画」ということで、自分でシチュエーションを選んでもらいました!

 

私は「WE GOで服選びデート」です!

 

—普段から「WE GO」にはよく行くんですか?

 

全然! 私、服にあまりこだわりがないので普段は地元のセールで買ったものばかり着てるんですよ。なので、もし妄想で彼氏ができたら、「私に似合う服を選んで欲しいな」と思って(笑)

06_D55_410711_D55_4141 15_D55_3634

—なるほど!まさに理想のデートなんですね!

 

デートにぴったりじゃないですか! メンズもレディースもあるので男女で入りやすいし、お値段もお手ごろだからお小遣いで買いやすくて。妄想ですけど(2回目)、彼氏ができたら絶対「WE GO」でデートしたいです!

 

『音が聞こえなくなるくらいのコールに感動しました』

 

—ここからは、3/26(日)の定期公演ファイナルを振り返ってもらいます。

 

本当に楽しかったな。「ハローハロー」では、音源が聞こえないくらいコールをもらったりして。びっくりしたけど嬉しかったです!あと、「ワスレナグサ」でグチャグチャに泣いたのが思い出(笑)観に来てくれたお母さんにも「泣きながら歌ってたから音程はずれてたね」って笑われちゃいました(笑)

08_D55_3833 16_D55_4055

—セットリストの中で、しおんちゃんが好きなのはズバリ?

 

「ニジマスエモーション」です!みんなで盛りあがりつつ、エモくかっこいい曲でもあるので……その2面性に惹かれます。「ちょっとメイク崩れてる もう気にしない〜」という歌詞が「私っぽいなぁ」とも思うんですよ。ライブが終わると、他のメンバーは特典会の前にお化粧直しをするんですけど私は、いつも放置なんです!まさにそのまま(笑)

 

『“勉強する場所”が変わりました(笑)』

 

—そんなしおんちゃんが、26時のマスカレイドに入ったきっかけを教えてください!

 

親戚が舞台によく出ていて、小さい頃からお母さんに連れていってもらっていたんですよ。舞台を観るうちに、いつの間にか「女優さんになりたいな」と思うようになって。そんな時に声をかけてくれたのが今の事務所さんでした。

01_D55_4161 09_D44_3322 12_D55_4220

—将来は女優さんを目指しているんですね!

 

そうです!今までもアイドルさんから女優さんになった方はたくさん見てきたし、自分自身のステップアップにもなるし、可能性も広がると思って、ニジマスのオーディションを受けました!

 

—ニジマスに入ってから変わったことはありますか?

 

変わったことは、勉強をする場所(笑) 家が遠いので、楽屋や電車の中でやるようになりました。学校では、あまり喋らないので「アイドルをやってる」と言うと「え?この子がアイドルやってるの?」という反応をされてます(笑)

 

『ファンの方に「成長してるな」って思ってもらいたい』

04_D55_4339 06_D55_4356 16_D55_4465

—最後に7/1(土)に原宿アストロホールで開催する1stワンマンライブへ向けて意気込みをお願いします!

 

絶対に埋めたいんです。ファンの方には3か月後、「ダンスも歌も本当に成長してるなぁ」と思ってもらいたいんです。特に、今のニジマスの課題はトーク力だと思っていて、みんなバラバラなこと言ってるので、1stワンマンライブへ向けて、すべての力を合わせたいです!

 

6月24日(土)には、TIF2017のメインステージ出演をかけた「TIF2017メインステージ争奪LIVE前哨戦 1部」を見事1位で通過したニジマス。2017年夏に向け、気合十分の彼女たちに今後も注目したい。

07_D44_3450 09_D55_4555 15_D44_3472

撮影協力: WEGO

【これまでの記事】
VOL1.来栖りんインタビュー
VOL2.大門果琳インタビュー

Text:向井美帆
Photo:Yusuke HOMMA

関連記事

  1. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第62回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第74回
  3. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第52回
  4. 01_D449376 【インタビュー】失敗も成功に変えて。prediaがツアーファイナ…
  5. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第6回
  6. LINE_ALBUM_2023_0315ノエリル ワンマン_230316_5 デビューから3カ月、NoelliL-ノエリル-が初のワンマン公演…
  7. 2022-0816-辯・∴縺薙l蟄ヲ蝨・驟堺ソ。繝ゥ繧、繝輔y・槭▽縺・@繧薙⊇繧吶Θ繝九ャ繝・P・・22-08-16_ER5_6539 月間ランキング1位を手にした蒼音舞と當銘菜々にスポットを当てたラ…
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第32回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. NOA 1
  2. title_yo
  3. 集合最新
  4. all0
  5. 混沌少女 A写 2024.07 全体

特集記事

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

スポンサーリンク

Push!!

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

New Comer

LINE_ALBUM_BON.井上 使用可能写真_240318_3 わたしが伝えたいのは、「ありのままの自分でいいんじゃねぇか?」ということ。BON.井上 インタビュー!

TikTokフォロワー数が35万人超え!総再生数1億5千万回超え!今、大バズり中のBON.井上。みず…

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

PAGE TOP