Professional

【連載】大石孝次の「音楽な日常」第32回

titleimg2

2018年になりましたので

本年もこちらの雑文とよろしくお付き合いの程お願い申し上げます。

さて、今年は自身も趣を変えて、昨年まで出来ませんでおりました事を一つづつ叶えていきたいと思っております。
仕事に関してもそうでありますが、やはり余暇の部分がここ数年は随分と疎かになる、というか手が付けられずにおりました。
それはハッキリ言って遊びですが…完璧に。

「貴様そんなに真面目に仕事してたんかい!」っと、怒りの声も聞こえてきそうですが、まま、それはそれってこととして。

年頭でありますので今年やっておきたいことを考えてみたいと思います。

そうですねぇ、先ずは好きな街に遊びに行きたい! 願望でしょうか。
筆頭は、何年行ってないでしょうか恋の街…「札幌」

最後に行ったのは3年前ですかね? 4年になりますか?
札幌というと目的は明確なのです。
とにかく食道楽なのですね。自分で言うのもなんですが潔し。
他の余計な事は一切せずに…(定山渓など温泉に行くのは除く)とにかく朝な夕な食べて飲む飲む大会なのです。

それも、きちんと計画的に(計画してくれる粋人が同行)予約して、そして最後はヘベレケになるまで食べて飲みます。
新鮮で一級の食材、一流の腕前、そして最高の雰囲気。
これ程までに楽しく食と向き合う機会はないなというくらい、毎度毎度2泊3日位で限界に挑戦しております。

今年は行こう! 北海道!
正直、観光はいまだにした事がないです。はい。

そして、ぜんぜん行けていないぞ「京都」
以前は出張に引っ掛けたり、もちろん個人旅行でも京都にばかり行っておりました。

いやいや、本当に京都に行けていないですな。
子どもの頃から京都とは縁があって何十回と行っております。
が、ここ数年は本当に行けておりません。いかんいかん。

何がという事ではなく、慣れ親しんだ街の変化を肌で感じたり、それこそ老舗ライブハウスなどの空気を吸いに行きたいのですね。
老舗名店も多々ありますが、ぞくぞくと良いお店が(飲食店ね)誕生している話など聞くと、久々にゆっくりと訪ねたいものです。

行きますよ、京都。
そうさ、京都に行くさ。

京都に行ったら大阪にも行かないとですね。
大阪にゆっくり行く事がなくなっております。
以前は月一位で出張していた事もあったので、久しぶりに浪速の人情にも触れたいですねぇ。

そしてしばらく行っていない南の島にも行きたいな〜。

遠出じゃなくていいです。
グアムとかサイパンとかでプチアメリカンな気分を味わいつつ非日常性を体験するのです。

豪華なリゾートは無理、でいいので。
湿って重い熱い日差しと風を受けながら、キンキンに冷えたバドでも飲みながら木陰をフラフラするいい加減な感じがいいのです。

ハワイには行ったことがないので分かりませんが、行ったら多分ガンガンな日々を過ごしてしまうと思います。勤勉にね。
ですので手抜きな感じでいることができる、勝手知ったる場所がいいのです。

サイパンの朝といえば、ガラパンのドーナッツ屋さんにクラムチャウダーを買いに行くのが楽しみです。
ローカルの少女たちがドーナツを食べながらキャッキャしているのを横目に、早く学校に行けよ…などと思いながら買い物をする。
そんな日常的な雰囲気が好きだったりします。

更に行けていない場所は「温泉」ですね。

以前は旅行じゃなくても、日帰りでも温泉にしょっちゅう行っておりました。
それもなかなか行けなくなり、旅行に行くことも無くなり…

ここ数年は人生の中でもこんなに温泉離れすることはないというほどに行けておりません。
今年は取り戻します。いや、本当に行きますよ。

こんな状態だから健康維持にも悪影響が起きますよ。
温泉は体だけではなく、精神的な解放になりますからね。

これだけ好きというか温泉はライフスタイルの一部だったのに、年に1回位しか行かないなんて精神に影響が出ない訳がない。
ライフイズアホットスプリングなのですよ。

札幌ではここぞとばかりになりふり構わず贅沢もしてしまう可能性はありますが、そんな事ばかりしたい訳ではないのです。
もっと心をフリーにして頭をすっきりさせながら、今まで思わなかったり考え付かなかったような事を、頭の奥から引っ張り出すための儀式をしてみたいのです。

そういう時間があまりにないまま、ここ数年を過ごしてしまった。
そろそろ一休みしてもいい頃合いではないですかね、年齢的にも節目を迎えましたしね。
今まで考えないようにしていた事を、思い出すというか今一度考えてみたい年頃になったという事でしょうかね(笑)

先にもお話ししました今年の目標である「学ぶ」という事も実現していきたいですね。
これもまた自覚と時間と実意を持たないと実行できません。

まぁ、自分にとって緩いのは前半、しっかりとは後半でしょうかね。

うまくバランスしながら一年を充実した時間にしていきたいと思います。

そんな自分にしっくりくるBGMで〆たいと思います。

それではまた次回お会いしましょう!
Foo Fightersの「Halo」

関連記事

  1. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第13回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第38回
  3. l1014790 【オフショット】じぇるの! 2ndワンマンライブ後ポートレート撮…
  4. _DSC3616_c 【対談】大石孝次・米満梨湖「年末総決算ありがとう&新年最高だねス…
  5. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第116回
  6. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第7回
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第74回
  8. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第123回

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ミスイ_7242
  2. Sirius集合2024
  3. XT050294
  4. Sirius集合2024
  5. LINE_ALBUM_26_240219_8

特集記事

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

スポンサーリンク

Push!!

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP