Artist

ツアー1周目ファイナル&4周年公演を終えたXANVALAから、感想の言葉が到着!!

S__95707174_0

XANVALAが、昨年11月より行い続けてきた全国ツアー「XANVALA TOUR 2023-2024 THE CULTURE -Beginning-」。同ツアー最終公演であり、XANVALAの結成4周年の記念日に当たる1月31 日(木)に、XANVALAは下北沢シャングリラを舞台に「XANVALA TOUR 2023-2024 THE CULTURE -Beginning-《TOUR FINAL -4th ANNIVERSARY- 》」公演を行った。

初ライブから丸4年の歳月が経過。正確に伝えるなら、初ライブが2020年1月30日。この日は、5年目へ足を踏み入れて最初のライブになった。2020年といえば、世界中にコロナというパンデミックが起きた年。始動から約2ヶ月後には、XANVALAも活動の自由を奪われていた。厳しい時期を何年も乗り越え、その上で築きあげた今の状況だ。6月11日には、Zepp Shinjukuでのワンマン公演も決まっている。活動もままならぬ状態を長く続けてきたことを考えれば、コロナ過を経た活動5年でZepp Shinjukuへ進出は立派な成果。それだけ今、XANVALAがヴィジュアル系ファンたちから熱い視線を注がれてるということだ。

ツアーのファイナルであり、4周年を祝ったこの日の公演では、ライブの軸に据えてきた曲たちへ、ここ最近リリースし続けてきた楽曲たちを組み込む形で構成。XANVALAの4年間の歩みが見える内容になっていた。

 

 

冒頭を飾った『デスパレート』から、『独善』『MY BLACK』『リード・アクトレス』と続く流れでは、巽(Vo)の煽りを筆頭に終始激しく攻めるメンバーらへ戦いを挑むように、満員の観客たちがその場で飛び跳ね、ときに左右へモッシュし、頭をザンバラと振り乱す様を描きあげていた。
最新曲の『R.I.P』では、爆走した演奏の上で、ガツガツと激しく攻める姿を提示。70.(B)のリード演奏から始まった『落ちていく魔法』や、Yuhma(G) のノイズギターが暴れ騒いだゴリゴリのヘドバン曲『明日、虫になっても』でも、XANVALAは激しく攻め続けていた。
『ゆらゆら』で見せたヘヴィ&ミドルグルーヴなスタイル。巽のアカペラから始まった『春が刺さる』や、泣きメロが魅力の『Dearest』では、スケール大きな演奏を提示し、バンドの持つ音楽性の幅広さと懐深さを見せていった。
本能のままに飛び跳ね、暴れ続けた『本能』。XANVALAが大きな飛躍を遂げるきっかけになった『XANADU』を通して場内に作りあげた理想狂(郷)。アーティストとしての生き様を示した『アーティスト』。終盤を彩った、メロディメイカー宗馬(G)の手による『ΛLIVE』や、『NIX』では、熱い声の掛け合いや共に合唱する様も描きだし、エモい歌や激熱な演奏を通して、一体感を持った景色を作りあげていった。

 

 

アンコールは、XANVALAの始まりを告げた『鮮やかな猛毒』から、スタート。和ロック曲の『文明開花』では、場内中で扇子が舞い踊る景色が誕生。腕やタオルが勢い良く突き上がった『ジセイ』。激しく祭り上がった『SCALA』を合図に、メンバーと観客たちは燃え盛った感情と感情とをぶつけあう戦いを繰り広げだす。激メロ曲の『聖戰』で見せたガチンコなバトル。最後を彩った『CREEPER』では、ウォール・オブ・デスが誕生。観客たちがフロア中で激しく入り乱れる様は、まるでミンチ化してゆくようにも見えていた。

ダブルアンコールでも、知哉 (Dr)の手による激攻め曲の『Bamby』に合わせてフロア中の人たちがヘドバンやジャンプし続ける。最後の最後にXANVALAは、世間の雑音を蹴散らすように「ガタガタガタガタ五月蝿えな!!」と声を張り上げ、『誰が為の幸福論』を熱唱&激烈に演奏。最狂の幸せに満ちた景色を描きあげ、2時間40分以上に渡るライブを通し、場内をサウナ化へ導く勢いと熱狂を持って締めくくった。Yuhmaのかぶった帽子の中では小籠包が蒸し上がっていたという噂もあったが、真相は…定かではない。

 

この日のライブを終えたメンバーからの言葉が届いたので、最新情報と合わせて、お届けしたい。

 

:幸せな4周年。5年目の一歩目でした。積み上げてきたもの、歩んできた道は間違っていなかったと、再確認しました。まだまだバンドが楽しくて仕方がないし、やりたい事も沢山あるので、この先も期待しててください。これからもどうぞよろしく。

Yuhma:XANVALAを好きになってくれる人がどんどん増えています。でも大切なのは数字じゃない、愛と絆の深さなんだ。会場にいるみんなの大きな声援と満面の笑みを見て、そう実感できる充実した最高の周年記念でした。みんなの居場所をこれからもずっと守り続けていきます。だから俺たちを信じてついてきてください。

宗馬 : いつもXANVALAを聴いてくれて、ライブに来てくれてありがとう。ここからまた全力でZepp Shinjukuに向けて走っていきます。必ず成功させます。まだ寒い日が続くので体に気をつけて。

70.:23+1曲やったとは思えない程あっという間に感じました。でもこの体の痛さは23曲やったんだなって痛みだね。
幸せな4周年でした。来年の周年はもっと特別な日になると思います。楽しみにしててください。ありがとうございました

知哉:XANVALAというバンドの現在を凝縮したようなライブでした。毎年皆でお祝いできて幸せです。来年もまた集まれるように5年目も駆け抜けます!

PHOTO:@a_kwsk_1985
TEXT:長澤智典

インフォメーション

XANVALA TOUR 2023-2024 ”THE CULTURE” GRAND FINAL

◆6月11日(火)
◆Zepp Shinjuku (TOKYO)
◆OPEN 18:00 / START 19:00
終演予定 21:00

詳細はこちら!
https://xanvala.com/live/3781db6c-0fb4-45b5-92b5-eb7cf8dad239

6/11(火)Zepp Shinjuku 各PG先行受付中!

e+(2次)
https://eplus.jp/sf/detail/3986660001
ぴあ
https://w.pia.jp/t/xanvala/
ローソン
https://l-tike.com/xanvala/

《主催フェス》

XANVALA PRESENTS「VASALA FEST. 2024」

◆2月29日(木)
◆新宿BLAZE
◆OPEN 17:00 / START 17:30
終演予定時刻 21:10

17:30-18:00 ①ZOMBIE
18:15-18:45 ②Chanty
19:00-19:30 ③ザアザア
19:45-20:15 ④摩天楼オペラ
20:30-21:10 ⑤XANVALA

チケット発売中!
https://eplus.jp/sf/detail/3968710001-P0030001

《全国ツアー》
前半戦(3/14~4/21)プレオーダー受付中!

XANVALA TOUR 2024 THE CULTURE -INITIALIZE-

3月14日(木)福岡DRUM SON
3月15日(金)福岡DRUM SON
4月10日(水)札幌CrazyMonkey
4月11日(木)札幌CrazyMonkey
4月18日(木)新潟CLUB RIVERST
4月20日(土)仙台ROCKATERIA
4月21日(日)郡山CLUB#9
5月9日(木)岡山IMAGE
5月10日(金)松山サロンキティ
5月12日(日)広島SECOND CRUTCH
5月28日(火)浜松窓枠
5月30日(木)HOLIDAY NEXT NAGOYA
5月31日(金)OSAKA MUSE

[チケット]
前売¥2,000 / 当日¥2,500
※D代別

詳細はこちら!
https://xanvala.com/news/6fc93604-0e9f-4503-ae4c-3577f5762170

SNS

https://xanvala.com/
https://twitter.com/XANVALA

セットリスト
『デスパレート』
『独善』
『MY BLACK』
『リード・アクトレス』
『R.I.P』
『落ちていく魔法』
『明日、虫になっても』
『ゆらゆら』
『春が刺さる』
『Dearest』
『本能』
『XANADU』
『アーティスト』
『ΛLIVE』
『NIX』
-ENCORE-
『鮮やかな猛毒』
『文明開花』
『ジセイ』
『SCALA』
『聖戰』
『CREEPER』
-W ENCORE-
『Bamby』
『誰が為の幸福論』

関連記事

  1. E98hlg2VcAc59cW トランポリンに、ゴムボートに乗って水鉄砲の撃ち合いに、すいか割り…
  2. zeke deux 569 Kakeruの誕生日を祝う7月12日の無料ワンマン公演の場で、Z…
  3. David素材2022.03 Messiah(救世主)」という大きなテーマをもとに、̶…
  4. Rides In ReVellion Rides In ReVellionから反撃の狼煙!!最新シング…
  5. under fall justice UNDER FALL JUSTICE〜カルト教團〜まさに90年代…
  6. Melissa Barry アー写 エレクトロオルタナティブポップデュオ「Melissa Barry…
  7. みひろアー写 (1) 「みひろ」20周年記念 SPECIAL LIVE開催決定!!吉沢…
  8. 0O4A6000 7月22日、東京・池袋EGDEにて、AIOLIN×Rides I…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XT050294
  2. Sirius集合2024
  3. LINE_ALBUM_26_240219_8
  4. title_yo
  5. 悪役〈C〉集合完成

特集記事

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

スポンサーリンク

Push!!

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP