IDOL

I-GETの新グループVui Vui。新体制になったREADY TO KISS、お披露目合同ライブを開催!!

DSC_3508

 「新しい風」と、「つねに変化し続ける風」。楽曲を味わううえで、そこには”新鮮さ”と”耳に馴染んだ”という違いはある。でも、歴史の歩みに関係なく、グループ自体の放つ空気が変われば、「始まり」と「継続」の違いにも同じように”新鮮さ”を覚える…。

1月29日(月)、池袋リヴォイスで「READY TO KISS新体制&I-GET新グループお披露目公演」が行われた。出演したのは、この日がライブデビューとなった新グループのVui Vuiと、新メンバーを3人加えて新体制になったREADY TO KISS。チケットはソールドアウトを記録。当日の模様を、お伝えしたい。

Vui Vui

先に登場したのが、この日、初めて人前に立ったVui Vui。メンバーは、以下になる。

服部ひよ・成瀬樹里・二階堂まりぃ・花咲るん

 メンバーは、I-GET 研修生ユニットのBABY TO KISSから昇格した子などの経験者から、アイドル初体験の子まで様々。中でも成瀬樹里は、以前に埼玉を中心に長くアイドル活動をしていた。彼女にとっては、1年半ぶりのグループ活動になったことも伝えておきたい。

まさに、”初々しい”という言葉が似合う女の子たち。この日の冒頭を飾ったのが、かつてI-GETに所属していたQnto Syrupの『恋のリトマス試験紙(2024version)』。初々しく清楚な印象を与える今の彼女たちに似合う表情??一生懸命に振りを合わせようとするが、どこかずれてしまうのも、今はお愛嬌。「ねぇ、好き?」と二階堂まりぃが告白したとたん、フロア中から「オーッ!!」と熱い声が上がっていた。この日の観客たちはみんな、未完成な4人をとても好意的に受け止めていた。

ここで、グループ名がVui Vuiになったことを報告。続いて披露したのが、初のオリジナル曲『最初はV!じゃんけんポン!』。「最初はV!じゃんけんほん」の声から、歌がスタート。I-GET所属グループの楽曲を手がける石谷光らしい、シンガロングしたくなるキャッチーでキュートなビートパンクナンバーだ。中に、「じゃんけんぽん」と、ファンたちとじゃんけんをしてゆく場面も登場。フロアのあちこちでカラフルなペンライトの輝きが揺れれば、一緒にじゃんけんほんをしてゆく様も見受けられた。

最後を飾ったのが、HOT DOG CATの『オリンピック・ハイテンション(2024version)』。この曲を歌っていたHOT DOG CATよりも、初々しさとあどけなさは勝るが、あの弾けっぷりに追いつくにはまだまだ?これからの成長を予想した場合、Vui VuiにはHOT DOG CATのような楽曲が似合いそうだ。今後、オリジナル曲が増えていくが、彼女たちは今後もQnto SyrupとHOT DOG CATの楽曲も引き継いでゆく。もしやVui Vui、Qnto SyrupとHOT DOG CATの遺伝子を受け継ぎ、より昇華したグループ??そんな予感を覚えさせる、初々しくも、ちょっとハラハラドキドキする初ライブだった。最後の告知で、しゃべるのを忘れてしまうドジっ子たちなところも、Vui Vuiらしさ?!

READY TO KISS

新メンバー3人を迎え、新体制となったREADY TO KISS。現在のメンバーは以下になる。

牧野広実・木村ゆみか・もりしょうこ・水島さくら・瀬戸佳凛(新メンバー)・七海なの(新メンバー)・白浜さや(新メンバー)

先に伝えておくと、牧野広実は、2月20日にSpotify O-EASTで行うワンマン公演を持ってREADY TO KISSを卒業する。今の新体制での活動自体は約半年強になる。牧野広実の卒業に合わせての新体制披露ではなく、彼女の卒業を控えたうえで新体制を見せたのは、READY TO KISSの精神的な支柱である牧野広実の意志を、短い期間とはいえ、現場での経験を通して伝えようとしてのこと。この日はREADY TO KISSの歩みを長年支えてきた初期曲がメイン。それも、READY TO KISSの軸となる姿を、しっかり継承しようとしてのことだった。

 新体制となったREADY TO KISSが最初に歌ったのが、READY TO KISSの始まりを告げた『Chu Chu』。今のメンバーたちの大半が、経験の浅い子たち。経験豊富な牧野広実が全体を引っ張りながら、他のメンバーたちが、牧野広実の気持ちについてゆくのが今のスタイル?経験組が振りをしっかり合わせていく中、新人チームも合わせてゆくが、自分らしく主張してゆく様も見えるところへ、嬉しい将来性と魅力を覚えた。
弾けたポップチューンの『トップシークレット~切ない極秘事項~』で見せた元気な姿。ただ、まだまだ歌唱力には不安定な部分も見えている。そのマイナスを補っているのが、声を張り上げて熱狂する観客たち。今はまだ、観客たちやメンバーの牧野広実に引っ張られてのライブかも知れない。でも、何時だってREADY TO KISSは、体制が変わるたびに不安定な不安さえも力に変えてきた。メンバー7人中、水島さくらを含めた4人が新人。でも、新メンバー3人ともアイドル経験者だけに、これからどんな風にREADY TO KISSの色を自分なりに吸収し、昇華してゆくのかへ期待したい。

その経験者ぶりを垣間見るように、曲を重ねることで緊張もほぐれてきたのか、次第に堂々してゆく様もパフォーマンスの中から見えてきた。『秒シミュレーション』では、多少ピッチが不安定な面もあったが、今、この場を楽しもうと歌い躍る様も見せていた。

 メンバーみんなの歌声が、とてもフレッシュだ。まだまだ身体に馴染みきれてないからこそ見せる、真っ直ぐな姿。その魅力は、『STAR LIGHT~星色のこの気持ち、空に映れ~』のような、思いを真っ直ぐに歌う楽曲にとても似合う。7人が、気持ちを一つに元気いっぱいに歌う様が眩しい。

『エメラルドクリームソーダ』で見せたメンバーたちの愛らしい姿と笑顔も、まだまだ磨きたての今のREADY TO KISSに似合う表情だ。過去に経験を背負ったうえでの新人たちという理由もあるからだろう、曲を重ねるごとに、少しずつだが見ている側のハラハラさも取れ、必死にはしゃぐ彼女たちの姿を微笑ましく見れていた。でもやはり、ファンたちの熱情した声が、今のメンバーたちの背中を押しているのは間違いない。

そんな初々しい彼女たちも、いつかは無敵な自分になっていくのだろうか。その期待を背負って、最後にREADY TO KISSは『ムテキモード』を元気いっぱいに歌唱。まだまだ“ドッキドキしちゃう”ライブだ。むしろ今は,その未完成な無謀ぶりを楽しみたい。

 メンバーが一気にフレッシュになったことで、自分たちで(過去とは異なる?)新しい色を付け始めたREADY TO KISS。その姿がどんな輝きを放つのか、楽しみにしていたい。早く、止まらない”ときめき”を与える存在になってもらいたい。

PHOTO: 中田英之
TEXT:長澤智典

インフォメーション

2月20日(火)
『READY TO KISS 牧野広実卒業公演~Last Call for the future~』

【日程】2024年2月20日(火)
【会場】Spotify O-EAST
【時間】開場 18:00/開演 19:00
【料金】※各D代別
Sチケット(前方エリア/特典付) 20,000円
Pチケット(2階撮影可能エリア)15,000円
Aチケット(中間エリア) 3,000円
Bチケット(後方エリア) 1,000円
Cチケット(後方エリア/手売り) 1,000円
当日券(後方エリア)2,000円

【チケット予約】
■Sチケット/Pチケット/Aチケット/Bチケット
https://t.livepocket.jp/e/readytokiss-240220

『READY TO KISS 牧野広実卒業公演~Last Call for the future~』
にOGメンバーの出演が決定しました✨✨

【出演メンバー】
大川彩菜・天羽希純・佐々木美帆・弓川いち華・如月優衣・瑚白うみ・咲来まいか・新川るり

SNS

Vui Vui

https://twitter.com/vuivui_idol

服部ひよ @hattori_hiyo
成瀬樹里 @ojurimaru
二階堂まりぃ @nikaidoumarii
花咲るん @rururun_hana

READY TO KISS

https://www.ready-to-kiss.jp/
https://twitter.com/READYTOKISSoffi

牧野広実 @makino_hiromi
木村ゆみか @yumika_k04
もりしょうこ @shokomori39
水島さくら @mzsm_39ra
瀬戸佳凛 @seto_karin_
七海なの @_nanaminano_
白浜さや @SAYA_shirahama

セットリスト

Vui Vui

『恋のリトマス試験紙(2024version)』(Qnto Syrup楽曲)
『最初はV!じゃんけんポン!』(オリジナル)
『オリンピック・ハイテンション(2024version)』(HOT DOG CAT楽曲)

READY TO KISS

『Chu Chu』
『トップシークレット~切ない極秘事項~』
『秒シミュレーション』
『STAR LIGHT~星色のこの気持ち、空に映れ~』
『エメラルドクリームソーダ』
『ムテキモード』

関連記事

  1. 01D44_8380 【ライブレポ】palet、新体制初ワンマンで8人の物語をスタート…
  2. S__5317323 YouTuber ぱんなっこと、銀河系★アイドルポケカ部が、新作…
  3. 3 HOT DOG CAT、超弾けたガルパン(ガールズパンクロッカー…
  4. 1 フリーペーパーDollttoke主催LIVEを2月2日(水)と2…
  5. 006 Jams Collection 6thワンマンLIVE『Jams…
  6. 0621_doll_thum_02_5 LOVE IZ DOLL インタビューデビューから4ヶ月後、LO…
  7. P1580223 ダウトメンfeat.まおせり(from 仮面女子)が示した、素敵…
  8. 22-12-06_ER3_7741 成田麻穂(燃えこれ学園)が生誕祭に作り出した、“まほまほの森”と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XT050294
  2. Sirius集合2024
  3. LINE_ALBUM_26_240219_8
  4. title_yo
  5. 悪役〈C〉集合完成

特集記事

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

スポンサーリンク

Push!!

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP