IDOL

FES☆TIVE 約一年半ぶりとなる屋内大規模ワンマンライブをZepp Diver Cityで開催!1月リリースの新曲・新衣装も初お披露目!

FESTIVE-10

2024年1月24日(水)最新シングル『コズミック祭大革命』の発売を控えているFES☆TIVE。彼女たちが、12月4日(月)にZepp Diver Cityで「FES☆TIVEワンマンライブ-コズミック祭り大革命-」を行った。

巨大なスクリーンに映し出されたカウントダウンを告げる数字。5.4.3.2.1…流れだした荘厳な音色。そこへ、華やかな打ち上げ花火風の音が轟きだす。すかさず流れだした勇壮な祭りの音色にあわせ、舞台中央の壁がオープン。中から次々とメンバーが姿を現した。

この広い空間へどデカい祭りの景色を描きだすように、『ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!』からライブはスタート。愛らしい姿で歌い煽るメンバーに向け、ペンライトのカラフルな輝きがフロア中で大きく揺れ動けば、観客たちが左右に駆けだす景色も誕生。この場に集まった人たちは最初から理性のストッパーを壊し、大騒ぎしていた。6人と一緒に声を上げれば、熱いエールを飛ばし続ける。ここには、ライブのクライマックスにも似た光景が早くも広がりだしていた。その熱気をさらに煽るように、彼女たちは『HUMAN NATURE WORLD』を熱唱。6人は場内中の人たちを無敵な勇者に変える魔法をかけ、踊り騒ぐ輩な祭り人に染め上げていった。この熱気へさらに追い打ちをかけるように6人は、煩悩を楽しく蹴散らす『No more煩悩!』、愛しい君への想いを爽やかな歌声の風に乗せて届けた『あの日のファンファーレ』と、気持ちを華やかに彩る楽曲たちを歌唱。フロア中の人たちとのハートの距離をグッと縮めていった。

次のブロックでは、6人が舞い躍る桜の花びらとなり、艶やかに歌い躍った和ダンス曲の『薄紅恋歌』。メンバーの力強い歌声からの幕開け。観客たちをチャーミングな姿で煽り、熱狂の祭り人へと覚醒させた『革命的オーバードーズ』。1階と2階ステージを巧みに用い、共に明るい未来を描こうと手を取り合った『人類!WE ARE ONENESS!』と、立て続けに披露。『人類!WE ARE ONENESS!』のときには、6人と観客たちが一緒に拳を振り上げ、高ぶる感情という手と手でお互いの心を強く握りあっていた。

この日のライブでFES☆TIVEは、ブロックごとにいろんな表情を見せてきた。ここからは、置いてきた夏の思い出を振り返るように夏曲のブロックへ。八木ひなたの歌声から幕開けた楽曲は、ひと夏の素敵な思い出を心へ蘇らせるように『夏リア旋律』へ。夏風のような爽やかな旋律の上で、彼女たちは可憐に舞い踊りながらも、切ない思い出から離れられない気持ちを歌声に乗せ、一人一人の心へ染み渡らせてゆく。思いを募らせるたびに歌声に力が入るのも、思い出を幻にしたくはなかったから??

「大好きな 大好きな 君のせいで」と歌う土光瑠璃子の歌声。それを受けてメンバーらが「僕の鼓動は止まらない」と歌いだす。彼女たちは『心拍白昼夢』を通し、大好きな君へ思いを馳せるように、愛しすぎて痛い胸の内を歌にしていた。続く、恋にときめく乙女心を歌った『色違いサンダル』も含め、このブロックで彼女たちは、夏が教えてくれた最高の思い出や傷ついた心模様を、思いを巡らせるように歌っていた。3編の”夏の恋物語”を通し、いつまでも消えない痛みや笑顔の心模様を、見ている人たちの胸にも、消えない水着の跡のようにしっかりと焼き付けていった。
メンバー全員が一旦ステージから下がり、後方のスクリーンにアニメ映像によるFES☆TIVEのライブ行脚(ライブの楽しみ方や物販紹介)の映像が上映され、ここまでのヒートアップした会場を一度クールダウンさせるかのような演出から次のブロックへとお祭り騒ぎは繋がる。

次のブロックからは一人一人の持つキャラクターをモチーフとした新衣装へと着替えた6人が登場。ここで2024年1月24日に発売する最新シングル曲『コズミック祭大革命』を初披露。スペイシーなイントロから始まりそこへギターの音がガツンと鳴り響くのを合図に、激しくも華やかなダンスビートが炸裂。彼女たちは「セッセッセー」や「ヨイヨイヨイ」と歌いながら観客たちを煽れば、サビでは「革命を起こせ!宇宙一!」とテンション高くキャッチーな歌を披露。フロア中の人たちがメンバーの振りを真似、声を張り上げ、ペンライトを振りながらはしゃいでいた。間奏では、6人が舞台の上でサークルを描いて走り出す。今後この曲のライブ中、フロアにサークルが生まれそう。胸を熱く、楽しく、カラフルに彩る、華やかでスペイシーな祭りナンバーが、ここに誕生した。さらにFES☆TIVEは、最新シングルのC/Wに収録する『フィルタリングバニー』もここで初披露。こちらも性急なダンスビートの上で、早口言葉で煽る様も見せる、華やかに弾けた祭り曲。明るい曲調なのも嬉しい。両手を頭の上にかざし“うさぎポーズ”のような振り付けも特徴的で、楽しく走り出した熱い気持ちを止められないアゲな楽曲だ。

次のブロックには、FES☆TIVEの持ち味である雅で艶やかな和要素を組み込んだ、ライブ空間へ祭り上がる景色を描き続けてきた曲たちが次々登場。『大江戸爆裂花火姫』が流れたとたん、フロア中から上がった絶叫のようなMIXの声。艶やかな姫に心を染めあげた6人が、次第にお茶目でお転婆な姿に変貌。ここから何度も燃え上がれ!!とばかりに、誰もが感情の導火線に火をつけ、思いきり祭りあがる。高ぶるこの衝動は、誰にも止められない。そこへぶち込んだのが『シダレヤナギ』だもの、フロア中の人たちが野太い声で熱い熱い掛け声を上げ続けるのも当然だ。可憐に、艶やかに歌い躍るメンバーたちへ向け、理性の筋肉を何本もぶち切った観客たちが荒ぶる凄まじい声をぶつけていた。この勢いへ拍車をかけるように、6人は『夢花火』『いろは音頭ついでかつお節』『真夏の余熱』『ディスコ列島浮世の夢』とレア曲たちをメドレースタイルで歌唱。明るく爽やかに始まったメドレーも、祭りの熱が上がるのに合わせ、いつしか気持ちも色づき、最後には華やかな気分に心を染めあげ、みんなを浮かれ騒がせていった。

ライブはクライマックスへ。ここからは爆上げ祭りナンバーを立て続けに歌唱。『OIDEMASE!!~極楽~』のイントロを耳にしたとたん、フロア中から上がる絶叫。演奏に合わせ、場内中の人たちが声を張り上げて左へ右へと大行進。その様は、巨大な龍がフロアの中で身体をうねらせているようだ。そこには、祭り上がる人たちによる天晴れな景色が広がっていた。これこそがFES☆TIVEのライブ。会場中の人たちが、気持ちを一つにぶち上がる景色は、本当に圧巻だ。歌詞の一節にもあるように、そこには「楽しんだもん勝ち」の景色が生まれていた。そこへFES☆TIVEがぶち込んだのが、『マジカルパレード』。もう一気に胸アツな気分。込み上がってくるのは熱い感情??興奮??熱狂??理屈なんて関係ない。今は6人のかけた魔法へ導かれるまま、熱狂のパレードを繰り広げればいい。フロア中から沸き立つ猛者たちの絶叫。落ちサビでは、誰もがケチャをしながら6人と一緒に歌えば、「好き好きと大好き やっぱ好き」と荒ぶる声で叫びだす。彼女たちのかけた魔法が、最高にHAPPYな気持ちに染め上げる。「やっちゃちゃいな」と言わんばかりに、最後にFES☆TIVEは『カンフーミラクル~愛~』をぶち込んだ。そこには、フロア中の人たちが左右に駆けだせば、思いきりはしゃぎ倒す最強の祭りの景色が広がっていた。何度も何度も祭り上がっては、さらにさらにと無限ループのように祭りあがる。それこそがFES☆TIVEのかけたライブというミラクルな魔法だ。最後に青葉ひなりが語った、「1年半ぶりの屋内ワンマン、ここにいるみなさんとメンバーも含めて、みんなでFES☆TIVEです。アイドル界でもっと大きく成長していきたいので、ここにいるチームみんなでアイドル界を躍進していきましょう。私たちも背中と気持ちで語って、引っ張っていけるように頑張っていきたいと思います」の言葉に、彼女たちとの熱い仲間意識を感じた。

2階ステージに登場した6人が華やかに『トーキョードリームパレード』を歌い、アンコールはスタート。舞台の上に花開いた6つのカラフルな花は、可憐に、軽やかに舞い躍っていた。その姿が、とても眩しい。フロア中から上がる絶叫した声も、6人を生き生きと花咲かせる最強の養分。「私達ならどんな事だって乗り越えていける」。その言葉を約束の指切りに、これからも一緒にずーっと祭り上がっていたい。最後にFES☆TIVEは『しゃかりきトップランナー!』を歌い、ふたたび場内中の熱を上げだした。彼女たちに向けて上がる絶叫した声・声・声。飛び跳ねる姿や突き上がる拳とサイリウム。魂を燃やした人たちが作り上げたのは、まるで大輪の花火のような華やかにぶち上がった景色。この熱狂を思いきり貪り喰ってこそFES☆TIVEのライブ。この日も、FES☆TIVEらしい天晴れな景色がこの空間を支配していった。

最後、2024年9月12日にTOKYO DOME CITY HALLで次のワンマン公演を行うことを発表。早くも、その日が待ち遠しい。そして、そんな彼女たちの2024年1月24日(水)にリリースする17thシングル「コズミック祭大革命」アートワークも公開となり今週末から始まるリリースイベントがとても楽しみだ。

 

PHOTO:ポテヤマムラ
TEXT:長澤智典

【Setlist】
M1. ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!
M2. HUMAN NATURE WORLD
M3. No more 煩悩!
M4. あの日のファンファーレ
MC
M5. 薄紅恋歌
M6. 革命的オーバードーズ
M7. 人類!WE ARE ONENESS!
MC
M8. 夏リア旋律
M9. 心拍白昼夢(シンパクデイドリーム)
M10. 色違いサンダル
MC
M11. コズミック祭大革命
M12. フィルタリングバニー
MC
M13. 大江戸爆裂花火姫
M14. シダレヤナギ
【メドレー】M15. 夢花火→M16. いろは音頭ついでかつお節→M17. 真夏の余熱→M18. ディスコ列島浮世の夢
MC
M19. OIDEMASE!!〜極楽〜
M20. マジカルパレード
M21. カンフーミラクル~愛~
MC
-ENCORE-
M22. トーキョードリームパレード
M23. しゃかりきトップランナー!

FES☆TIVE公式HP:https://festive.rizepro.net/
徳間ジャパンコミュニケーションズ FES☆TIVEアーティストページ:https://www.tkma.co.jp/jpop_top/festive.html
FES☆TIVE公式X:https://x.com/FESTIVEofficial?s=20
FES☆TIVE公式YouTube:https://www.youtube.com/@FES-TIVE-YouTube

 

【リリース情報】
2024年1月24日 発売
FES☆TIVE 17thシングル 『コズミック祭大革命』
【Type-A】
TKCA-75211 定価:¥1,200(税抜¥1,091)
1.コズミック祭大革命
2.ワールドワイドWah!
3.コズミック祭大革命 -Instrumental-
4.ワールドワイドWah! -Instrumental-

【Type-B】
TKCA-75212 定価:¥1,200(税抜¥1,091)
1.コズミック祭大革命
2.フィルタリングバニー
3.コズミック祭大革命 -Instrumental-
4.フィルタリングバニー -Instrumental-

【Type-C】
TKCA-75213 定価:¥1,200(税抜¥1,091)
1.コズミック祭大革命
2.バズらせ花火
3.コズミック祭大革命 -Instrumental-
4.バズらせ花火 -Instrumental-

「コズミック祭大革命」リリースイベント情報はこちらから
https://www.tkma.co.jp/jpop_news_detail/festive.html?nid=16201

【LIVE情報】
2024年9月12日(木)
TOKYO DOME CITY HALL ワンマン公演 開催決定

その他ライブ情報はFES☆TIVE公式サイトをチェック
https://festive.rizepro.net/

 

関連記事

  1. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第14回
  2. LINE_ALBUM_2022.02.01_220210_4 佐々木千咲子(燃えこれ学園)、「今だから伝えられる」想いを詰め込…
  3. 1DX_0208 燃えこれ学園、「クリスマスSP!」公演を開催。愛らしいサンタたち…
  4. R61_4586 【卒業】清川麗奈、READY TO KISSから笑顔で旅立つ。そ…
  5. 繝。繝ゥ繝ウ繧ウ繝ェ繝・け蟆大・ウ迚ゥ隱枩繧「繝シ蜀咏エ譚申syugou_main メランコリック少女物語ーシンデレラストーリーー、衝撃的なMV「無…
  6. 23-02-21_ER3_0996 メンバーのキャラクターを活かしたメイド姿に胸キュン。少し遅めのバ…
  7. 6蝓主・繧ス繝ュ センス光る選曲も、観客たちを声を上げて大興奮?!城内彩花(コンビ…
  8. Asya-new コンビニ推進アイドル(仮)、ライブで熱狂を生み出すヘドバン曲「r…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XT050294
  2. Sirius集合2024
  3. LINE_ALBUM_26_240219_8
  4. title_yo
  5. 悪役〈C〉集合完成

特集記事

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

スポンサーリンク

Push!!

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP