IDOL

緊キュン事態宣言が発令?!元ジャニーズJr.集団プロデュースのメンズアイドルグループ、Tim&U。1周年ワンマン公演でプリンセスたちと一緒に描いたトキメキがとまらない物語!!

メイン写真 

「あなたと創る王童アイドル」をコンセプトに活動中、男性アイドルユニットのTim&U。彼らが、ここまでに描き続けてきた物語を第一章としてまとめあげようと、10月20日、1000 CLUBを舞台に1周年公演「ティムティム王童物語~君とボクの1ページ~」を行った。

フロアには、いい香りが漂っていた。それは、会場に足を運んだ大勢のファンたちが醸しだす期待というフェロモンだ。開演時間が近づくにつれ、フロア中の空気が華やぐのが、場の香りを通して伝わってきた。気がついたら、後ろまでびっしりの人・人・人。Tim&Uが、たった1年でここまでの支持をつかんだ理由、それを示すように、開演の幕が開いた。

分厚い本のページをめくる映像。メンバーたちが、Tim&Uの始まりの物語を言葉にして語りだす。さぁ、ここから6人の素敵な物語の幕開けだ。華やかな音色(SE)に乗せ、メンバー一人一人の姿が大きなスクリーンへ映るたびに起きる歓声。雄大な鐘の音の音に合わせ、メンバーたちが「ずっと一緒に歩いてこう」と歌いだす。大きな真紅の幕が開くと同時に,6人の王子たちが姿を現した。彼らは「君がいればすべて輝く」と『MY LOVE』を通し、ずっと寄り添い続けてくれたキミへ向けた想いを、冒頭から告白するように届けてきた。甘い表情で、軽やかにステップを踏みながら歌う彼らの姿が眩しい。6人は「このメロディに乗せて」と、一緒に物語を描こうと誘いかけてきた。今宵、この時だからこそ描ける、Tim&Uとキミとの物語。早くも6人は、一人一人が心に広げた真っ白いページに、キラキラと輝く歌声のペンで素敵な未来を描きだしていた。

「U&ME」と、キミと一緒にドキドキを感じあおうと、メンバーらが明るい声で新曲の『U&ME』を歌いだした。「退屈な日常に魔法をかけるように」の歌詞通り、6人が愛らしい笑顔で歌の魔法をかけるたびに、ハートがドキドキと高鳴りだす。彼らは甘い表情と優しい歌声で誘いかける。この場にいる間だけは、退屈な現実を忘れて一緒にプリンスとプリンセスの物語を描こうと。そんな気持ちに染めてくれたのが嬉しい。

カラフルな音符たちがフロア中を駆けめぐる。その中で6人が「オー!!」と声を上げ、観客たちに甘い誘いの声をかける。Tim&Uは『メリーゴーランドラブ』を歌いながら、一人一人に、巡る、素敵なひとときを一緒に楽しもうと声をかけてきた。キラキラとした楽曲以上に、舞台の上の6人がキラキラした姿で見えていたのも、彼ら自身が心をカラフルに染め上げ、ときめきとドキドキの魔法をかけ続けてくれるから。気がついたら、彼らにハートを射抜かれていた。恋心がぐるぐるとまわり続ける。「二人だけのメリメリゴーランドラブ」の誘い言葉にトキメキを隠せず、6人を見つめてしまうのも当然だ。

「僕たちと一緒に「ティムティム王童物語」を描いていきましょう」の言葉が、すでに胸キュンワードだ。この日は、新衣装姿で登場。一人一人が新しい衣装の見どころを自慢するたびに、フロアから甘い声も漏れていた。

次に披露した新曲の『スキかもね!』は、Tim&U史上一番”カワイイ”歌。メンバーいわく「女の子に見えちゃうかも知れない」の言葉通り、いきなり「好きかもね・ね・ね・」と歌いながらハートを打ち落とす、カラフルな音が飛び交うメロキュンなダンスチューン。アップテンポの華やかな楽曲の上で、「僕のことか好きかもね・ね・ね」と、6人は甘い声で誘い出す。途中、メンバーらのラップのようなセリフパートも登場。キミを何度も指指すパフォーマンスに触れている間、見ている側はずっと自分に指を指されている気分になっていたに違いない。乙女男子な雰囲気満載で、彼らの甘えたがる姿をたっぷり味わえたのも嬉しかった。

「ずーっと愛してるよ」「ねぇこっちおいで」「俺だけのものな」など、メンバーたちが次々と甘い言葉を並べる。その言葉を聴くたびに、フロアから「キャー!!」と飛び交う熱狂。Tim&Uは、『ぐるぐLoop』を歌いながら、満員の観客たちのハートをキュンキュンにときめかせる。クールなラップと甘い歌声を巧みに使い分けながら、1曲の中でいろんな表情を見せてゆく。甘い表情が中心とはいえ、可愛らしいだけではない、異なる表情も覗かせるたびに胸がキュンと鳴る。
キュンキュンときめいたキミたちのハートをもっともっとバーニングするように,TIM&Uは派手で華やかなアップチューンの『僕の緊キュン事態宣言』を歌唱。「ドキドキがあふれだすから」と、大好きなキミを見て心がパニックなり、緊急事態を宣言するメンバーたち。いやいや、ドキドキでメロメロにハートが燃えて、胸キュン事態宣言を発令したいのは、この会場を埋めつくした人たちだけどね。ほんと、緊キュン事態宣言を発令したいくらいトキメキが止まらない!!

Tim&Uのメンバーたちの日常をニュース化した「TIMTIM NEWS」の映像を受け、ライブは中盤のブロックへ。

「ティム」「ティム」の熱いやり取りを受け、クールに跳ねたビートの上で熱いラップや煽り声をぶつけるアップ&ダンスチューンの『ready?』へ。メンバーたちが次々と声を絡ませるラップも刺激的だ。躍動するビートの上で、力強い声を響かせる6人。凛々しい表情やダンスパフォーマンスを通し、Tim&Uはフロア中の人たちの身体を揺らしだす。

楽曲はさらに燃え立つ熱を内包した、EDMナンバーの『OMW』へ。可愛らしいTim&Uも魅力的だが、隠し持った男らしさを少しずつ見せながら、6人は、見ている人たちの視線を舞台へ集中させていた。クールなのにエモい。その刺激が胸を熱く刺す。

ライブはノンストップで続く。パワフルでアグレッシブなダンスパフォーマンスからスタート。続くダウナーなエレクトロチューン『東京心中』でも、彼らはクールな視線に磨きをかけ、一緒に危険な世界へ落ちていこうと誘いかけてきた。「本気の素顔知るまで~」の歌詞ではないが、いつもとは異なる、二人きりのときにだけ見せる野生の本能を、このブロックの6人から感じていた。まさか、ダンディーでワイルドな矢でもハートを射抜かれるとは…。彼らの表情は、本当に奥深い。

映し出された映像を通して発表になったのが、1月24日に1stシングル「いい子わるい子大戦争」の全国リリースの発表。

嬉しい発表を受け、Tim&Uのライブは後半戦へ。着替えを終えたメンバーたちは「いつでも僕らが明日を作りだすから~僕ら色に変えて」と、キチキラとした輝きを放つポップチューンの『僕ら色に変えて』を歌っていた。「僕らが主役さ」「僕らなら出来るさ」の歌詞の一節ではないが、この歌に触れていると、6人と一緒に無限のパワーを胸に、なんでも夢を叶えられそうな気がする。先の嬉しい発表だって、夢を現実に変えた一つの証明だ。『僕ら色に変えて』へ触れるたびに、この一瞬の時間だけは、自分たちも魔法を手に、何でも叶えられそうな気持ちになれる。

波の音が響く場内。「海だー!!」「サメだー!!」「暑っついなー!!」とメンバーらの声が飛び交う。6人がコミカルな小芝居を見せたうえで、楽曲は『ナツメキ!』へ。この曲が流れたとたん、この場が、Tim&Uと一緒に過ごす夏のビーチに塗り変わる。6人が連れてきた夏景色の中、この歌に乗せ、一緒にときめき続けよう。このときだけは無邪気な少年と少女に戻り、ドキドキ、ときめき、キラメキながら、青春の景色を共に作りだそう。たくさんのしゃぼん玉が飛び交う演出もロマンチックだった。

フロア中に音頭風のビートが轟きたす。Tim&Uは『やっていくぅ』を通して、この場をアゲアゲの祭り会場に染め上げた。アッパーで強烈な祭りビートに乗って、6人と一緒に限界など忘れて祭り上がれ!!フロア中の人たちも、メンバーの振りを真似ながら、わちゃわちゃとはしゃいでいた。まさに、キュンキュン大戦争状態だ。

最後にTim&Uは、フロア中の人たちをエモいダンスナンバーの『THIS IS ME』に乗せてガンガンにアゲてゆく。メンバーらの姿を夢中で追いかけていたら、すっかりハートがカラフルに染まり、恋のゾーンにすっぽりと落ちていた。胸がキュンキュンしっぱなしのまま、気がついたら現実をすべて消し去り、楽しい色に心が染めあがっていた。

止まないアンコールの声を受け、ふたたび舞台に登場したメンバーたち。6人は背景にMVを流しながら、「名もないこの花がちゃんと届きますように」と、暖かい声を重ね合わせ『花言葉がバレる前に』を歌っていた。これからも一緒に素敵な花を咲かせられるように。一緒にこの関係を育てていこうと、歌声の手を伸ばし、フロアを埋め尽くした一つ一つのキミという花たちと一緒に、また満開の花を咲かせようと約束のゆびきりを交わしていった。騒ぎ足りない互いの気持ちをさらに一つに高めようと、Tim&Uはふたたび『やっていくぅ』を歌い、この会場に熱情した祭り空間を描きあげ、今宵の物語のページを閉じていった。

いろんなハートのペンを使って6人が描き、綴った、この日の物語。そのカラフルさに惚れ込み、ますます2年目のTim&Uの描く物語が楽しみになってきた。

PHOTO:Lui Ohkubo
TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

2023.1.24 Tim&U🧩1st single
「いい子わるい子大戦争」
💿CDリリース決定💿

〜リリイベ情報〜
10/27(木)新宿マルイメン
10/28(金)VV渋谷本店
11/3(木)VV渋谷本店
11/4(金)VV渋谷本店

詳細近日公開‼️

SNS
https://tim-and-u.com/
https://twitter.com/Tim_and_U

セットリスト
『MY LOVE』
『U&ME』
『メリーゴーランドラブ』
『スキかもね!』
『ぐるぐLoop』
『僕の緊キュン事態宣言』
『ready?』
『OMW』
『東京心中』
『僕ら色に変えて』
『ナツメキ!』
『やっていくぅ』
『THIS IS ME』
-ENCORE-
『花言葉がバレる前に』
『やっていくぅ』

関連記事

  1. 2 燃えこれ学園、2023年度最後の公演は、「Zepp公演感謝祭&#…
  2. 繝。繝ゥ繝ウ繧ウ繝ェ繝・け蟆大・ウ迚ゥ隱枩繧「繝シ蜀咏エ譚申syugou_main メランコリック少女物語ーシンデレラストーリーー、衝撃的なMV「無…
  3. 22-04-05_ER5_0714 燃えこれ学園、クラス替えや新入生候補生も加え、「2022年度始業…
  4. 02_集合写真 “釣りガール×アイドル”りあくしょんバイ…
  5. LINE_ALBUM_メンバー募集記事用写真_220713_3 未完成リップスパークル、「新メンバー」を募集。お披露目のステージ…
  6. S__4325422 ここ(アンダービースティーのライブ会場)がみんなの帰る場所だから…
  7. akishib アキシブproject〝THE 夏の王道〟Music Video…
  8. DSC_1594 驚きと悲しみ。「リクエストワンマンライブ」の場を通して、発表。コ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. title_yo
  2. LINE_ALBUM_04.09_240418_9
  3. 4
  4. 集合2024001ー
  5. 【太田家】あいことば_ジャケットFix

特集記事

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

スポンサーリンク

Push!!

  1. チケットはSold Out。今、大勢の人たちが、Siriusというガールズメタルシーンに現れた新星に強い期待を注いでいる。 4
  2. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  3. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  4. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  5. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合

New Comer

LINE_ALBUM_BON.井上 使用可能写真_240318_3 わたしが伝えたいのは、「ありのままの自分でいいんじゃねぇか?」ということ。BON.井上 インタビュー!

TikTokフォロワー数が35万人超え!総再生数1億5千万回超え!今、大バズり中のBON.井上。みず…

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

PAGE TOP