Artist

XANVALA、2周年記念2daysワンマンツアー「月と太陽」ファイナル初日、大スクリーンを使いアルバムを完全再現。

S__6004785

 本当なら1月31日と2月1日に行うはすだったXANVALA 2nd ANNIVERSARY ONEMAN TOUR「月と太陽」ツアーファイナル。1月31日の振替公演になったのが、4月12日(火)に渋谷clubasiaで行ったXANVALA 2nd ANNIVERSARY ONEMAN TOUR「月と太陽」振替公演「ΛLIVE」になる。この日は、アルバム「月と太陽」の再現公演を本編に。アンコールでは、ファン投票で選ばれたXANVALAナンバー人気曲を5位から1位までを順番通りに演奏した。当日の模様を、以下にお伝えする。


真っ赤な太陽の映像を背景に、幻想浪漫/アンビエンスな音色が流れだす。次第に姿を現す月の影。黒い月が太陽のフレアを囲み美しいリングへ変わる。月の上に記されたのが「ΛLIVE」の文字…。
『satellite rondo』に乗せ舞台の上に姿を現したメンバーたちは、この場で生きる意味を示すように『デスパレート』を突きつけ、この日の戦いの幕を開けた。「かかってこい!!」、巽の勇壮な声に刺激を受けたΛ(ファン)たちが、最初から感情のストッパーを外し、拳を高く突き上げ暴れ出す。今にもフロアへ飛び下りんばかりの姿勢で挑むように歌う巽。演奏陣が叩き出す荒ぶる轟音に刺激を受け、フロア中のΛたちが激しく身体を折り畳む。いつものXANVALAのライブの光景だ。でも、最初から熱狂を標準にしたうえで、その日ごとのドラマを描き出すのもXANVALAのライブ。今宵は、どんな理性を消し去るライブを見せてゆくのか楽しみだ。

XANVALAは、さらに激しい音を突きつけ、Λたちの頭から理性や現実という言葉を消し去ってゆく。『Bamby』に触れ、じっとなどしてられない。フロア中のΛたちが拳を振り上げ、ヘドバンし、巽の煽りに合わせ高く跳ね続ける。熱狂と狂気、この言葉がとても似合う景色がそこには広がっていた。

 激しく荒ぶる『悪辣が君を襲う』に刺激を受けたΛたちが、一心不乱に頭を振り乱す。挑みかかるように歌を突きつける巽。他のメンバーらも、身体を前のめりに演奏。巽は叫んでいた、「今しか付けられない傷を付けてやる」と。その言葉を聞き、「もっともっと傷をつけてくれ」と乞うように、フロア中のΛたちが巽の煽りに合わせ、心の中で声を張り上げ、暴れ狂っていた。

ひと際高い声で「かかってこい!!」と煽る巽。テンション爆上げな巽の感情とシンクロするように、鋭い牙を剥きだした『ジャノメ』の演奏が襲いかかる。XANVALAが躍進する大きなきっかけとなった楽曲だけあって、フロア中の人たちが、この曲に合わせ嬉しそうに狂い咲いていた。この曲のサビ歌へ触れるたび、気持ちが高ぶる。このまま熱狂の先まで飛んでいき、身も心も焼き尽くされてしまいたい。

表情を塗り替えるように『IBADAH』が流れだす。背景のスクリーンには『聖戰』の文字が。ふたたびXANVALAは、感情の牙を激しく剥きだし、観客たちへ挑みかかる。サビで、巽の歌に合わせ拳振り上げ心を一つにしてゆく景色も見せるが、基本は、互いに感情を剥きだしてこその景色を描き出していた。Yuhmaのギターソロのときに、宗馬と70.が背中合わせで演奏する姿も印象的に見えていた。言葉を、感情を突きつけるように歌い叫ぶ巽。高ぶる感情を引き連れたまま、彼は、次の物語の扉を開けた。

激しさと雄大さを轟く音の中で交錯しあった『ゆらゆら』でも、XANVALAは緩急巧みに表情を入れ換えながら、Λたちを轟音の坩堝の中へと引き込んでゆく。落ちてくような感覚が、とても心地よい。小さな傷をたくさん身体に付けながら、その痛みにどんどん痺れてゆくようだ。

幻想麗美な演奏の上で嘆くように、巽が震える声を響かせる。やがてメンバーらが轟音の洗礼を浴びせると同時に『Dearest』へ。この曲で巽は、痛みにむせぶ感情を、嘆く気持ちへ導かれるように歌っていた。感情的な巽の歌声に寄り添うのではなく、煽りたてる演奏なのがXANVALAらしい面。巽の歌声に心を吸いよせられながらも、身体は荒ぶる痛い音に刺激を受け騒がずにいれない。XANVALAナンバーの中ではとくに、多くの手の花が咲き誇る楽曲なのも嬉しい。

「まるで真夏のようなクソ熱い日にしたいんだ。今だけは、君のための8月だ」。巽の声を合図に飛びだしたのが、『キネマ』。巽が、フロア中のΛたちが、手にした扇子を舞うように振りながら踊り子と化してゆく。『キネマ』の演奏を祭り囃子に変え、会場中のΛたちが、XANVALAが突きつけたダンスロックに乗せ激しく舞い躍る。フロア中のΛたちが、サビで手にした扇子を左右に振り、飛び跳ねる光景の、なんて熱く鮮やかだったことか。

 この曲も、XANVALAの支持をグッと押し上げた楽曲だ。巽の煽り声に合わせ、Λたちが拳を振り上げ、飛び跳ねだす。「ここが俺たちの理想郷だ!!」。巽の声を合図に、フロア中のΛたちを、XANVALAは『XANADU』を通し、熱狂と熱情が支配する楽園へと連れだした。ギラギラした感情をぶつけながら、Λたちを踊り狂う祭り人にメンバーらは変えてゆく。『XANADU』が、本能のままに暴れ騒ぐことがここにあるべき姿たろうと煽り立てる。その煽りに負けじと熱狂に身を委ねるΛたちの姿が、そこにはあった。

「この曲はできれば一緒に歌いたかった。でも、まだ声を出せないからさ、心の声で一緒に歌ってほしいんだ。一緒に同じ夢を見ていこう、今日という日を生きていこう」
『ΛLIVE』の演奏に合わせ、Λたちも心の中で「オーオーオー」と心の絶えを上げ、メンバーらと一緒に、これからも一心同体で歩み続ける気持ちを分かち合っていた。メンバーらの上げる声に合わせ、大きく手を振りながら、心の声をメンバーたちに届けていた。その声は、きっと5人の心に届いていたはずだ。たとえ声は出せずとも、本当に気持ちが一つに結ばれあったとき、脳裏には大合唱する声や風景が色鮮やかに映しだされてゆく。

「これからも一緒にでっけぇ階段を登ってくれるかい。同じ夢を見にいこう」。最後にXANVALAは『SCALA』を通し、Λたちの心を解き放つように歌い奏でていた。魂を高陽させる演奏に合わせ一心不乱に頭を振り乱しながら、メンバーとΛたちは熱狂の中で共に手を取り合っていた。

 アンコールからは、ファン投票で選んだXANVALAの人気曲トップ5を5位からカウントダウンする形で披露。先に候補曲の映像をダイジェストで披露。そのうえでアンコール公演がスタート。
5位を獲得したのが、『CREEPER』。攻めに徹したXANVALAの本領を発揮した楽曲のように、重く過激に爆走する楽曲に触発されたΛたちが、ふたたび理性を消し去り、熱狂の中へ狂喜しながら溺れていた。
4位は、『左耳の悪魔』。巽の高陽した歌声に煽られたΛたちが、この曲でも高く手を上げ熱狂にまみれていた。体感的な衝動を覚えながらも、歌に気持ちが歓喜し恍惚を覚える。熱狂に身悶え溺れる感覚が最高に心地よい。

MCでは、70.が「無事2年3ヶ月活動することができました。全員が引っ張っていけるバンドです。その感謝の気持ちを音源に乗せて、みんなに届けたいと思います。本編は、アルバムのまんま曲をやって成立するバンドなんだよというのを証明しました。これから3年目、最初に描いてた景色とはちょっと違ったけど、これからも、どんな壁があっても、この5人と、みんなとでぶち壊して、高い階段の上を目指していきます」と語ってくれた。

ここからは、再びファン投票のランキングへ。3位に選ばれたのが『眠る秒針』。ジャジーな演奏も印象的。心地よく跳ねた演奏の上で、巽が語るように言葉を紡いでゆく。暴れ曲の多いXANVALAの中、『眠る秒針』のような胸に温かく響かせる楽曲が3位にランクインしたのは嬉しい意外性だ。実はΛたちも、XANVALAに胸に染みる歌を求めてるということだろう。
第2位を獲得したのが、XANVALAの始まりを告げた『鮮やかな猛毒』。歌が始まったとたん、フロア中から大きく拳が突き上がれば、楽曲が激しく荒ぶるのに合わせ、Λたちも頭振り乱し狂いだす。楽曲や歌の表情の変化に合わせ巧みにノリを変えてゆくのも、Λたちには手慣れたもの。ふたたび会場には熱が脹らみだしていた。
 「この曲はXANVALAとΛのための幸福論だ」。第1位を手にしたのが、『誰が為の幸福論』。体感的な一体感だけではない、歌やメッセージを通し、心でも深く深く繋がり、一緒に熱狂や興奮、高陽という世界へ突き進んでいける最高のXANVALAとΛたちにとってのアンセムだ。この曲が1位というのも納得だ。会場中が、この日一番の一体化した景色を描きだしていた姿を見ていても、まさに納得の結果だ。

メンバーが去った舞台上の巨大なスクリーンに映し出されたのが、変拍子と転調満載な新曲のMV。そこには、今まで目にしたことのないメンバーらの姿が映し出されていた。流れ終わり、最後に記された『ケ・セラ・セラ』の文字。その言葉は…。


 次は4月21日(木)、渋谷clubasiaを舞台にした【振替公演】XANVALA 2nd ANNIVERSARY ONEMAN TOUR 「月と太陽」振替公演「ケ・セラ・セラ」。そのタイトルと、先程の映像は……。

PHOTO:a.kwsk
Twitter https://twitter.com/a_kwsk_1985?s=21
TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

XANVALA – ケ・セラ・セラ MV

https://www.youtube.com/watch?v=Y5uIjAyef9o

XANVALA 2nd ANNIVERSARY ONEMAN TOUR「月と太陽」振替公演
「ケ・セラ・セラ」
◆4月21日(木)
◆渋谷clubasia
◆OPEN 17:30 / START 18:00
[チケット]
前売¥4,000 / 当日¥4,500
※D代別
※2/1(火)のチケット使用可能
発売中
https://eplus.jp/sf/detail/3572730001

XANVALA FREE ONEMAN LIVE
「SHANGRI-LA」
◆5月27日(金)
◆下北沢シャングリラ
◆OPEN 18:00 / START 18:30
[チケット]
プレミアム 完売 / 無料チケット ¥0
※D代別
無料チケット予約受付中

https://xanvala.com/live/717c9f1d-f9db-4835-a8c2-b833283a93b8

XANVALA ONEMAN TOUR 2022「ASK」

05.03(火・祝)【東京】池袋EDGE
05.11(水)【熊本】熊本NAVARO
05.12(木)【福岡】福岡graf
05.14(土)【広島】広島SECOND CRUTCH
05.16(月)【香川】高松TOONICE
05.17(火)【岡山】岡山CRAZYMAMA 2nd Room
06.10(金)【東京】池袋BlackHole
06.18(土)【石川】金沢gateBlack
06.19(日)【新潟】新潟CLUB RIVERST
06.25(土)【宮城】仙台spaceZero
06.26(日)【福島】郡山PEAK ACTION
07.01(金) 【東京】池袋BlackHole
07.05 (火)【北海道】札幌Crazy Monkey
07.06 (水)【北海道】札幌Crazy Monkey
07.22(金)【静岡】浜松FORCE
07.23(土)【大阪】心斎橋soma
07.25(月)【愛知】HOLIDAY NEXT NAGOYA
07.26(火)【長野】長野LIVE HOUSE J
08.01 (月)【栃木】宇都宮HELLO DOLLY
08.04 (木)【群馬】前橋DYVER
08.07 (日)【埼玉】浦和Narciss
08.13(土)【千葉】柏Thumb up
08.20(土)【神奈川】川崎Serbian Night

TOUR FINAL
08.27(土)【東京】新宿BLAZE

ツアー特設サイト

https://linksta.ge/JR3gXcDH

SNS

〈Official Site〉
http://www.xanvala.com

〈Twitter〉
XANVALA @XANVALA
https://twitter.com/xanvala

Vo.巽 @XNVL_Tatsumi
https://twitter.com/XNVL_Tatsumi
Gt.Yuhma @XNVL_Yuhma
https://twitter.com/XNVL_Yuhma
Gt.宗馬 @XNVL_Souma
https://twitter.com/XNVL_Souma
Ba.70. @XNVL_70
https://twitter.com/XNVL_70
Dr.知哉 @XNVL_Tomoya
https://twitter.com/XNVL_Tomoya

https://www.youtube.com/channel/UCq1DiSYb5VybCRkwcebXJvQ
https://music.apple.com/jp/artist/xanvala/1513125420
https://open.spotify.com/artist/1VnbFyFhty5DjQ8vOU8J5j?si=atiCmfT0RLaol1wTZkzJJQ&nd=1

関連記事

  1. DSC06483 僕は此処にいる。Ricky、コロナ禍以降、ソロ初の公式有観客ライ…
  2. zeke deux_5030 Zeke Deuxの2nd Demo Tape「Awake~Fr…
  3. David素材2022.03 Messiah(救世主)」という大きなテーマをもとに、̶…
  4. A写_トリミンク?軽 (2) BEGIN島袋優のユニットISLAND BAG、待望のデビューア…
  5. P__11143 PENICILLINが新宿を舞台にライブサーキットした「新しい宿…
  6. 「CRUSH OF MODE」 大阪 「夏のCRUSH OF MODE 第二弾情報、解禁!!8月8日・…
  7. ikimonogakari_main いきものがかり10周年のビッグイベント 超いきものまつり2016…
  8. DSC09294 PENICILLIN、2021年を締めくくるライブは、HAKUE…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 20220807_kokuchi
  2. CHAIN the RIOT繝輔z繝ュ繧キ繧吶ぉ繧ッ繝医Γ繝ウ繝上y繝シ髮・粋蜀咏悄
  3. LINE_ALBUM_20220517_220523_10
  4. ぶいにゃす1
  5. 0426img_01

特集記事

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

スポンサーリンク

Push!!

  1. Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ」(COVER)が「いろはに千鳥」EDでOA開始!6/19(日)には活動開始一年半で初となるシークレットチェキ会を東京で開催! L23
  2. 互いの縁を結びあった、縁(えにし)1stワンマン公演レポート!!!!! S__4579340
  3. 不安を抱えることの多い時代だからこそ、いろんな人たちの不安や悩みなどを一気に解消できる場を吉村たくみ(TAKUMI)が提供します。 DSC_8020naosi3
  4. 10周年を迎えるFullMooN がシングル「shut out」を発売。FullMooNの新しい表情が垣間見える作品について、メンバーが語る。 Shut outジャケット
  5. 9年目のRisky Melodyが掲げたテーマ、それが「VOLCANO」。活火山化した周年公演の模様をレポート。 S__6217798

New Comer

20220807_kokuchi 『IDOL KYUN2 Fes』が今年の夏に「横浜クルージングFes」と「サウナの屋上露天風呂を舞台にした水着撮影会」「アイドルとの水鉄砲打ち合いイベント」「立川でのBBQ Fes」を開催!!

王道から、奇をてらったテーマや場所を舞台にいろんな形のアイドルイベントを提供し続けている「IDOL …

LINE_ALBUM_20220517_220523_10 三浦千鶴(燃えこれ学園)、生誕祭で「選抜入り」を誓う。メンバーが、ファションリーダー三浦千鶴のコーディネイトによる私服姿でライブも実施。

燃えこれ学園が、月2回のペースで行なっている「ライブ配信」。5月17日(火)に行ったのが「燃えこれ学…

zentai_9173 Zeke Deux×DazzlingBAD、5月にグロ濃い東名阪C/Wツアーを開催!!!

 4月にNETH PRIERE CAINと行った全国カップリングツアーに続き、Zeke Deuxは、…

PAGE TOP