IDOL

自分たちのために時間を割いてくれる人たちがいっぱいいるのがわかり、「もっと頑張りたい」と思うようになりました。 Misty Syrena インタビュー

240204_misty_main

Misty Syrenaが、3月3日(日)にGOTANDA G6で『Misty Syrena 1st ANNIVERSARY LIVE』を行う。この日のライブで、彼女たちは新衣装姿を披露。1年間という歳月の中で彼女たちが得た、いろんな魅力を味わえる内容になりそうだ。そのワンマン公演へ向けて、メンバーたちが今の心境を語ってくれた(この日、神咲ゆうかは欠席)。

みんなの記憶へ残るようにしゃべるなど、少しでも印象を与える活動を心がけるようになりました。

──それぞれ、1年前の自分を振り返って感じる思いから聞かせてください。まずは、あすかさんからお願いします。

温森あすか 自分なりにですが、身なりにけっこう気をつけるようになりました。以前のわたしは、お化粧などには割と無頓着なほうでした。でも、アイドル活動を始めてから人に見られる機会が増えだしたことで、前髪の切り方一つにもこだわるなど、見た目へすごく気をまわすようになりました。おかげで、1年前よりもぜんぜん垢抜けたなと思います。

──ライブへ向かう気持ちの変化も生まれています?

温森あすか わたし、みんなのように歌があまり得意ではなかったんですけど。「前よりも歌声が届くようになったね」と言われるようになったのは、自分なりに歌うことにも自信がついてきたからだと思います。まだまだですけど、歌もダンスも着実に成長を続けています。

──次は、あやさんお願いします。

茉白あや 活動を始めたばかりの頃は、本当にお客さんが0人や1人だけのときもありました。最近ではMisty Syrenaのライブを観てくださる人たちが増え、自分推しの人たちも増えだすたびに、前向きな気持ちでライブへ向き合えるようになりました。わたしも「今日はどんな髪形をしようかな?!」など、観てくださる人たちのことを考えて準備をするようになりました。

──続いては、えりなさんかな。

一ノ瀬えりな アイドル活動を行う前までのわたしは、自分から「何々をやりたい」と積極的に動くことがなければ、もともと遠慮がちなのもあって、人と一緒に行動をするときも、「どうぞどうぞ」とすぐに遠慮してしまう性格でした。でも、Misty Syrenaとして活動を始めてからは、少しずつですけど「何々をやりたい」など自分から思いを発信できるようにもなりました。

──アイドル活動をしていると、いい意味で自己主張も必要になりますよね。

一ノ瀬えりな 自分のパフォーマンスをもっと向上させたいし、Misty Syrenaのことをいろんな人たちに観てもらいたい気持ちが強くなるごとに、もっと積極的に発信しようという気持ちが自分の中でも強くなりだしています。

──りんさん自身の心境の変化も、聞かせてください。

星宙りん わたしは、歌やダンスが上手いとか、顔がいいとかそういうわけではなかったから、アイドル活動を始めたばかりの頃は一生懸命…というよりは、わたしなりに頑張っていけばいいかな?という気持ちでしたけど。少しずつ観てくださる人たちが増えるごとに、「どうやったらグループやわたしのことを覚えてもらえるかな?」「どうしたら、もっとグループや自分のことを気になってもらえるかな?」と考えることが増えました。少しでも自分の印象を与えるため、気になっていた口癖を逆に個性にして、みんなの記憶へ残るようにしゃべることも心がけるようになりました。もちろん、グループが成長してゆくために努力する気持ちが強くなれば、わたしなりにいろいろ試行錯誤をしながら成長を心がけるようにもなりました。

──最後は、のんさんですね。

成瀬のん もともと積極的というか、何事も「やってみたい」と思うタイプであり、好きになったことへ熱中する性格ではありましたけど。アイドル活動を始めたことで、さらに積極性が増せば、好きを追求する勢いもますます強くなったなと思います。
以前も今も、ガツガツ行ってますけど(笑)。Misty Syrenaとして活動を始めたばかりの頃は、相手の反応を気にした上で行動することも多かったです。だけど今は、反応を気にするよりも、「とにかくやってみよう」と何事にもより積極的に動くようになりました。

──そうなれたのは、Misty Syrenaや個人として明確な目的や目標が見えているから?

成瀬のん 目の前へ目標があることで、それに向かって自分はどうしたら良いか、自分はそのために何が出来るのか、そこを考えて動くようになったことは大きいなと思います。

気づいたら家族以上にメンバーと会っている時間が多いし、一緒いて楽しいからこそ、あっと言う間に毎日が過ぎてゆき、気づいたら1年経とうとしています。

──みなさん、この1年間はあっと言う間でした?

温森あすか わたしは、あっと言う間でした。この1年間、気づいたら家族以上にメンバーと会っている時間が多いし、一緒いて楽しいからこそ、あっと言う間に毎日が過ぎてゆき、気づいたら1年経とうとしています。

──日々の活動の中にも、いろんなドラマがありました?

温森あすか 今も行っていることですけど、メンバー交代で毎日配信をする癖がつきました。また、ビラ配り1000枚チャレンジも大変だったからこそ、強く記憶に残っています。

成瀬のん わたし、アイドル活動を始める前まで配信をやったことがなかったし、メンバー全員Misty Syrenaが初めてのアイドル活動。「そもそも観てくれる人がいるの?」と思っていたから、配信活動を始めた頃はめっちゃ嫌でした。そこには、画面に向かって一人で話すことに抵抗があったという理由もありましたけど。でも実際にやってみたら、相手の顔が見えないだけで自分のために時間を割いてくれる人たちがいっぱいいるのがわかり、「もっと頑張りたい」と思うようになりました。

──ファンたちの存在が見えてくると、行動一つにもいろんな変化が出てきますよね。

成瀬のん それは感じます。これはわたし自身の課題でもありますけど、観てくださる人の人数によって、どうしてもメンタルが左右されてしまいます。ライブは、動員数に関係なく一生懸命にやりますが、たまにフロアにいるお客さんの数が少ないと気持ちが落ちてしまいそうになるから、いつも心を奮い立たせてライブをしています。

星宙りん 確かに、目の前にお客さんが多いときと少ないときでは、わたしも気持ちが左右されそうになります。わたしの場合、グループの固定ファンの方々の中、毎回ライブにきてくださるわたし推しの方がまだそんなに多くはないからこそ、推しの人たちや他のメンバーの推しファンに向けてはもちろん、他のアイドルさんが目的で来ている人たちにも、「ちょっとでも気になってほしい」と思ってアプローチを心がけています。その結果、Misty Syrenaのライブを目的に来てくださった姿を見たときはすごく嬉しくなります。

一ノ瀬えりな そうやって、グループ自体のファンが増えていくって嬉しいよね。だからライブ中は、そういう(他のグループファンの方も取り込む)ことも頭の片隅に置いてパフォーマンスをしています。
個人的なお話にはなりますけど、わたしMisty Syrenaとして活動をする前までは、家からほとんど出ることのなかった人間でした。でも、Misty Syrenaとして活動を始めてからはめちゃめちゃ外に出かけるから、親がとてもびっくりしています(笑)。自分でも、アイドル活動を始めてから生き方が変わったなと思っています。しかもこういう活動って、普通に生きてたら経験できないことも多いです。おかげで自分の人生がどんどんプラスになっていくから、活動をしていて楽しいです。

茉白あや 確かに、Misty Syrenaとしての活動自体充実しています。ただわたしは1年間があっと言う間というよりも、割と長かったなと感じています。というのも、楽しかったことや嬉しかったこともたくさんありましたけど、同じように、つらかったことや悔しい思いもたくさんしてきました。本当に数えきれないくらい気持ちが揺れ動いてきたからこそ、この1年間が濃すぎて割と長く感じているんだと思います。でも、メンバーみんなと一緒に成長しながら、互いの絆を深くしていけていることは嬉しい財産です。

メンバーみんなの仲の良さを見たお客さんたちから、「そこ、いいところだよね」とよく言われます。

──良ければ、今のMisty Syrenaの魅力も教えてください。

温森あすか メンバーみんなの仲の良さを見たお客さんたちから、「そこ、いいところだよね」とよく言われます。

成瀬のん 自分たちでも自覚はしていますけど、私たち以外の人たちからそう言われるのが嬉しいんです。ライブでは、みんな本気で楽しもうという気持ちで毎回やっています。ライブごとにメンバーのいろんな楽しんでいる表情を観れるところも魅力だから、ライブを観てくださる方は、そこも見てください。

茉白あや 確かに、メンバーみんなの表情は見てほしい。わたしは、まだそこまで上手くは出来てないけど、Misty Syrenaにはレスの上手いメンバーも多いから、そういう仕種にも注目してほしいです。

温森あすか レスは大事ですよね。そう思えるようになったのも、運営さんに「お客さん目線になったとき、自分がしてもらえたら嬉しいことを心がけて」とアドバイスを受けて、自分がお客さんの立場になって、アイドルの方にしてもらえたら嬉しいことを考えるようになったことも大きいです。わたしの場合、推してくれるファンの方へ向けてレスももちろんしますけど、Misty Syrenaの初見の人を発見したときは、あえて長く見つめたりするととても喜んでくださるんですね。実際にそこからファンになってくれたる人たちもいるから、そういうレスも心がけています。

茉白あや メンバー全員がアイドル活動未経験から始めている分、初めての経験をするたびに新鮮な表情や姿を見せていくから、少しずつ成長してゆく様を感じてもらえるのも、今は魅力になっていると思います。

星宙りん そこ、魅力だよね。アイドル経験のある方がいたうえで、その人たちの経験をベースに作っていくスタイルも素敵だと思いますけど、Misty Syrenaは全員が未経験者。お互いに成長を感じているくらい、みんなが一つ一つ経験を積み重ねながら色を作っているところも、このグループの魅力です。

自分たちで「ワンマン公演に100人動員しよう」と目標を掲げて、今、頑張っています。

──Misty Syrenaは、3月3日(日)にGOTANDA G6で『Misty Syrena 1st ANNIVERSARY LIVE』を行います。公演が決まったとき、どんな気持ちでした?

成瀬のん  何よりも嬉しかったのが、1年間という節目でワンマン公演ができることです。Misty Syrenaが初めてワンマン公演を行ったのが昨年6月になります。そのとき以来、ずっと「次のワンマンは…」というお話が上がることがなかったから、今回決まったときは本当に嬉しかったです。

温森あすか 初めてのワンマン公演のときが、いろいろ大変すぎたからね。あのときは、ワンマン公演の直前にメンバーの人数が変わり、振り付けや歌割の変更が生まれたことで、急遽みんなで合宿をして徹夜で練習をしたりしました。本番前日も夜遅くまで練習をし、みんな寝不足状態で当日を迎えていました。

──今回のワンマン公演では、「目標動員数”100人”」を目指しているとも聞きました。

温森あすか 具体的に公言はしていませんが、自分たちで「100人動員しよう」と目標を掲げて、今、頑張っています。

成瀬のん ただ漠然とワンマン公演へ向かうよりも、明確な目標があったほうがモチベーションにも繋がるし、活動をしていく中、実際に数字として見えてきたほうが頑張りに繋がります。

星宙りん 正直、現状では本当に100人呼べるのかは不安です。でも、活動から1年後に100人動員できたら、それがすごく自信になるのもわかっているからこそ頑張りたいし、たとえ結果がどうなろうと、努力をしたうえで当日来てくださった人たちの姿を見たら自分たちの自信にもなるから、今は目標を持ってしっかり頑張りたいです。

──この日、新衣装のお披露目もありますよね。

成瀬のん 先に、出来上がった衣装を着させていただいたんですけど。あのキラキラとした姿は、まさに”王道”です。今のMisty Syrenaが衣装面やイメージ的に打ち出しているマーメイド感も出しつつ。でも、今の衣装姿のイメージを持って新しい衣装姿を見ると、がらっと雰囲気が変わって見えると思います。

温森あすか 今のMisty Syrenaは、先輩グループさんの楽曲カバーを中心にしていますけど、。ワンマン公演では、今までのMisty Syrenaにはなかった色を持った新しいカバー曲も披露します。他にも、ここへ至るまでの1年間の歩みをまとめあげた映像も映し出すから、Misty Syrenaのことを長く見ている人ほど、「こんなこともあったな」といろんな思いが込み上げてくるんじゃないかと想像していますし、その映像を見て、ぜひ泣いてください。

成瀬のん 公演自体も1時間はやるから、今まで以上に多くの曲を披露するので、そこも楽しみにしていてほしいです。

茉白あや ほんと、その日へ至るまでのいろんな思いを詰め込んだ、Misty Syrenaの1年間の活動を集大成したライブになります。同時に、2年目のMisty Syrenaへ向けた、新しい一歩を踏み出すライブにもなると思います。

一ノ瀬えりな 初期から私たちのことを見てくださっている人たちは、1年間の歩みを振り返れるだけではなく、私たちの成長ぶりも感じてもらえると思います。もちろん、最近ファンになった方々や、この日初めて観る方でも楽しめる内容にしていきます。

成瀬のん メンバーみんな自分なりのキャラクターを確立しだしているからこそ、この日は、メンバーそれぞれの個性も、より伝えていける内容にしたいなと考えています。

──3月3日のワンマン公演が、2年目へ向けての新たな一歩になることも楽しみです。

成瀬のん  活動1年目は、私たち自身が初めて経験することばかりだったから、そこへ新鮮さを感じながら成長してきました。もちろん、2年目になっても初めて経験することは出てくると思いますけど。これからは経験を踏まえての活動が軸になるからこそ、どう進化した姿を見せてゆくかが私たちにとっての楽しみであり、課題にもなっていくと感じています。

温森あすか  Misty Syrenaには先輩グループさんたちらがいます。最初のワンマン公演のときは、活動間もない時期に行ったこともあって、先輩グループさんの力も借りてのワンマン公演でした。だけど1周年公演は、本当にMisty Syrenaだけの公演だから、いろんな面で試される場になります。正直、不安もあります。でも、成功させたら確実に自信に繋がるなとも思っています。

各メンバーの持ち味についてもひと言トーク!

──インタビューを締めくくる前に、各メンバーの持ち味についてもひと言トークをお願いします。まずは、今日は欠席の「神咲ゆうか」さんから行きましょうか。

成瀬のん   芯のある子です。

温森あすか  とにかく、真面目!!

茉白あや  とても器用です。

一ノ瀬えりな  計画性のある子です。

星宙りん  笑顔が素敵!!

──次は、「成瀬のん」さんについてですね。

温森あすか  とにかく負けず嫌い。

茉白あや  一番目立つ人であり、その姿に惹かれます。

一ノ瀬えりな  グループの中で一番歌もダンスも上手いし、パフォーマンスをしているときの表情も素敵です。

星宙りん  積極性があります。

──「星宙りん」さんについては、どうですか?

成瀬のん  根性がすごい!!

一ノ瀬えりな  かなり芯が強くて、いろんなことをしっかりと考えている子です。

茉白あや  りんちゃんにしか出せないかわいらしさがあります。

温森あすか とにかく、コミュ力がすごい。初見のお客さんたちの場合、グループの中で一番接しやすさを感じています。

──次は、「一ノ瀬えりな」さんですね。

成瀬のん 努力家だし、向上心がすごい!!今の表現力も、本当に努力の結果として作りあげています。

星宙りん かわいいんですけど、しっかり芯を持っているところが個性です。

茉白あや 普段話をしているときとパフォーマンスをしているときのギャップがすごい!!格好いい曲のときは、めっちゃ表情をキメています。

温森あすか 悩み事を相談したとき、すごく説得力のある内容でわたしを全肯定してくれる女神さまです。

──続いては、「茉白あや」さんについてお願いします。

成瀬のん 頑張り屋さん。グループに対する意識がとても高い、本当に頑張り屋さんです。

星宙りん 自分の気持ちや意見を、ちゃんと意志表示していける子です。

一ノ瀬えりな 以前、足を怪我し、普通なら休むところを、それでもライブに参加したくらい本当に根性の塊の子だから、すごく尊敬しています。

温森あすか ストイックで、あまり弱音を吐かない子です。

──最後は、「温森あすか」さんですね。

成瀬のん ファンの人たちを本当に大切にしています。もちろん、そこはみんな一緒ですが、大事にしている姿が一番目に見えてわかる子です。

星宙りん メイクも絵を描くのも上手いし、お話も上手と、いろんな面でセンスの高い人です。

一ノ瀬えりな グループのため、一番率先して頑張ってくれている子です。自分以上に、グループのためにも頑張る姿が素敵です。

茉白あや 頼れるお姉ちゃんなんですけど。たまに、マイペースな面が見えます。いつも歩くのが遅いから、たまに待っててあげます。

いろんな「楽しい」を詰め込んだワンマン公演になっていますから、ぜひ楽しみに足を運んでください。

──最後に、改めて3月3日(日)の1周年公演へ向けての言葉をいただけますか?

星宙りん 個性的な、でも、努力家で真面目なメンバーたちの揃ったMisty Syrenaがまもなく1周年公演を行います。この日は、新衣装のお披露目や、新しいカバー曲を歌ったり、Misty Syrenaの1年間の歩みがわかる動画を上映するなど、いろんな楽しみを用意しています。いろんな「Misty Syrenaの楽しい」を詰め込んだワンマン公演になっていますから、ぜひ楽しみに足を運んでください。メンバーみんな、みなさんが来てくれることを楽しみに待っています。

TEXT:長澤智典

Information

1周年記念ライブ開催決定!!

『Misty Syrena 1st ANNIVERSARY LIVE』

公演名:Misty Syrena 1st ANNIVERSARY LIVE
公演日:3/3(日)
時 間:開場16:15 / 開演16:35
会 場:GOTANDA G6
料 金:一般 2,000円(各D別)
出演者:Misty Syrena3/3(日) GOTANDA G6
開場 16:15 / 開演 16:35
料金:2,000円+1D
https://t.livepocket.jp/e/mistysyrena-1st-anniv

SNS

https://twitter.com/MistySyrena
https://nagano-c.com/amour/group/misty-syrena/

関連記事

  1. _YF77243 ベスト盤『d-girls’19』の記念単独公演を満員…
  2. _DSC3616_c 【対談】大石孝次・米満梨湖「年末総決算ありがとう&新年最高だねス…
  3. CUB_SBFM_jacket アップデートした新生CUBΣLIC、満員の観客たちを前にkawa…
  4. 未完成リップスパークル 集合  3人編成の未完成リップスパークルのライブ姿を見れるのは、この日が…
  5. 02_集合写真 “釣りガール×アイドル”りあくしょんバイト、三ヶ月連…
  6. yune_0001 15歳の中学生シンガー櫻井佑音、女子高生バンドを従えたワンマン公…
  7. kodamayuui タレントからアーティストへ 小玉ゆういが1st Singleリリ…
  8. dela_til41 【オフショット】dela「『フジさんのヨコSP・9回目!』1部」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XT050294
  2. Sirius集合2024
  3. LINE_ALBUM_26_240219_8
  4. title_yo
  5. 悪役〈C〉集合完成

特集記事

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

スポンサーリンク

Push!!

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP