IDOL

d-girls、最新アルバム『START!!』が完成。メンバーが全曲解説!!!!!

写真-2022-04-04-1-19-41_2

4月23日に会場/通販スタイルで発売したd-girlsの最新アルバム『START!!』。この作品は、d-girlsのプロデュースを担うdenchu氏が、d-girlsのために作った楽曲のみを集めた作品(denchu氏はいろんなアイドルに楽曲提供をすれば、d-girlsもdenchu氏プロデュースのもと、様々な作家の楽曲を歌っている)。

アルバム『START!!』には、最新歌を中心に据えながらも、d-girls活動初期から歌い継いできた曲たちも収録。結果的に、d-girlsとして き8年強の歩みを集約した作品にも仕上がっている。
このたび、メンバーが全曲解説をしてくれた。それを以下に紹介したい。

『natural』

瀬戸千花 プロデューサーのdenchuさんから、フジテレビ系全国ネット「全力!脱力タイムズ」エンディングテーマとして流してもらえる話をまとめてきたから、そこに向けて前向きな歌詞を書いて」と最初に言われました。番組自体がニュース番組風だったから、報道が流れてくるのをイメージして、Aメロの歌詞に「嬉しい言葉 聞こえたり 悲しい言葉傷ついて」と書きました。同時に、まだ作詞をして間もない頃だった事もあって、当時のわたしの伝えたい思いをダイレクトにぶつけた内容にもしてあります。

今もわたしの気持ちの根底にあることですけど、「みんなと違ってていいじゃない」「今のままでいいじゃん」「自分は自分でしかないんだから、人と比べる必要はない」という意志や想いを、『natural』には記しました。ご存じの方も多いですが、わたしはアニメファンのようにヲタク気質の強い性格。以前はキモい存在として扱われていましたし、そこを気にした時期もありました。だけど、それも含めてのわたしだし、そういうわたしをたくさんの人たちが認めてくれている。そういう想いも軸に据えたうえで、「一人一人が特別な存在なんだから、自分らしくいようよ。そんな君らしい姿も、わたしから見たら輝いた存在だから」という想いを『natural』には書いています。

『trust me』

斉東由奈 わたし自身、落ち込みやすいネガティブな面も持っています。しかも飽き性だから、同じことをずっと続けてゆくこともできない性格でした。そんなわたしが、時に落ち込むことがあっても、ずっとd-girlsのメンバーとして続けているのは、ファンの方々や、メンバー、スタッフさんたちの支えだがあったからこそです。でも一番は、わたし自身が折れない心を持てるようになったこと。今でもネガティブな気持ちへ陥ることはあります。だけど今は、「強くいたい」というポジティブな気持ちにもなれれば、しっかりと前を向いて進みたい自分でいることができる。そんな、わたしの感情を『trust me』には書きました。

『Monopolize』

百瀬めい    わたしの初めての作詞曲でもあるんですけど。それ以上に、百瀬めい生誕祭のときに、わたしが歌うことを前提にdenchuさんに作っていただいた楽曲だったのが、すごく嬉しかったんです。それまでにも、わたしがリードを取る楽曲はありましたけど。今までは、先に歌っていた方がいて、その楽曲をわたしが受け継ぐ形ばかりでした。しかも、わたしの目標は作詞をすること」と掲げていたから、百瀬めい初のメイン曲であり、初の作詞曲という夢が『Monopolize』で一気に叶いました。

d-girlsの中には、あまり恋愛系の歌がなかったのと、わたし自身が独占欲の塊みたいな性格だから、独占欲剥き出しの歌詞を書きたいなと思いました。わたし、アニメヲタクなんですけど。自分が大好きな作品に登場するキャラクターのことを思いながら『Monopolize』を書きました。

『Distance』

杉本よしみ 歌詞のタイトルへ、『Social distance』と名付けたいくらいでした。今も、いろいろ制限や制約は多いですけど。一時期は、本当にお客さんがライブ会場に足を運ぼうにも運べない環境があれば、「無観客ライブ配信」も経験しました。お客さんを目の前にしてライブができない状況が続いているときは、いつもなら目の前にいる人たちが誰もおらず、「あの人もいない、この人もいない」と寂しかった想いも感じていました。そんな、当時の気持ちを『Distance』には素直に書いています。恋愛風にも捉えられる書き方をしているから、そこは、聴く方それぞれ自由に受け止めてもらえたらなと思います。

『stream』

瀬戸千花 メロディーを聞いたときに「ここは、同じ言葉を繰り返してほしいんだろうな」という意図が伝わってきました。だけど当時は変な反発心もあったのか、求められているのをわかりながらも、あえて繰り返しを使わずに書いたんですよ。そうしたら、「ここのメロディーの部分は同じ言葉を繰り返してくれ」と言われ、それで「きっときっと」「もっともっと」など、繰り返しの言葉も多用する歌詞にしました。個人的には、「強い風は雲を 動かし 晴れ間見え いつかは きっと」の歌詞を気に入ってます。

『destination』

斉東由奈 『destination』は完全にファンの方々へ向け、ステージに上がったときに湧き出る気持ちを書きました。結果、わたしからファンの方々へ向けた手紙のような内容にもなりました。

『only once』

杉本よしみ 少し早口でラップのように歌うAメロの場面では、ちょっと強気な歌声にしたところにも注目してください。 歌詞に「You only live once=人生は一度きり」と書いたように、「限界を超えていけ」という想いも伝えていけたらなと思っています。

『Dream on』

杉本よしみ 『Dream on』の作詞のときにお願いされたのが、「希望に満ちた明るい内容」ということでした。ちょうどサラちゃんがd-girlsの候補生として入ってきた時期だったことや、アイドル性の高い曲調という理由もあって、「同じ夢を持って出会えた仲間だから一緒に頑張っていこうね」という気持ちや、ともに未来へ向かおうという思いで歌詞を書きました。

『moment』

杉本よしみ   d-girlsの2ndシングルの表題曲になった楽曲でした。あの当時、桜塚やっくんさんがお亡くなりになって以降に活動していた美女♂menZさんとライブでご一緒する機会が多かったこともあって、「人が亡くなる」ことを考える機会も多かった時期でした。

亡くなった方はもちろん、距離的に会えなくなった人、会いたいけど、いろんな理由があって会えなくなった方など、『moment』では「会いたくても会えない人」をテーマに、「この歌が、今は会えなくなった人にも届いたらいいな」という思いを込めて書きました。そこへ、moment=一瞬のように「ライブという一瞬一瞬の楽しい時間を大切にしていけたらいいな」という思いも加えています。

『START!!』

瀬戸千花  応援してくれるみんながわたしを認めてくれたことで、今のわたしが形作られてきたなと感じています。そこへの感謝の思いも書きつつ。最近ライブに来なくなったお客さんや、以前はd-girlsのライブを見ていた方々に、私たちの存在か大きく光輝くようになったとき、「昔、応援していたグループが、今も頑張ってるんだ」と思って欲しいんですよね。私たちは、これからも変わらずに夢を追いかけながら、自分たちの道を進み続ける。今は離れてしまった人たちと、ふたたびd-girlsのライブを通して会える場を守り続ける意味でも、私たちはd-girlsというこの場所で頑張り続けるよという意志や思いも『START!!』には込めています。

プロデューサーのdenchuさんが言うには、「今ここがスタートラインなんだ」の言葉から、「アルバムタイトルは『START!!』しかない」と思ったそうです。私たちも、その気持ちはわかります。

百瀬めい  ジャケット写真にはサラちゃんを含む5人で写っているので、 まさに、ここから5人のd-girlsが始まる」って気持ちにもなれるからね。

崎山サラ  わたし、『START!!』は勝手に自分の曲と思っている節があります。理由は、この曲を初披露したライブのときに、わたしの正規メンバーへの昇格が発表になったからです。まさに、「この曲を手に、5人のd-girlsが新たにスタートを切るよ」というタイミングにもなったことから、わたし自身も『START!!』への思い入れは強いです。

『Voyage』

杉本よしみ 『Voyage』は、d-girlsナンバーの中で唯一のタオルをまわす曲。一緒にタオルをまわしながら盛り上がろうという振りにもなっています。

瀬戸千花 『Voyage』でも「ここから始めよう 例えば 地図のない航海」と歌っているように、『START!!』と同じく「ここから始めよう」という曲です。

今年より、候補生だった崎山サラも正規メンバーへ昇格。改めて新体制でスタートを切ったd-girls。新たな始まりとなるアルバム『START!!』。一度、耳にしていただきたい。

 

TEXT:長澤智典

 

アルバム『Start!!』
d-girls
発売日 2022/4/23
価格 3,000(税別)
品番 : FDCD-0020
発売元 フューチャードライブ株式会社

d-tranceから始まる数々のユニットの楽曲を引き継いできたd-girlsですが、今回のアルバムは
d-girlsとして書き下ろされた楽曲のみで構成されたオリジナルアルバムとして発売になります。
正規メンバーとして昇格した崎山サラは、ジャケット初登場!

曲目
1.natural
2.trust me
3.Monopolize
4.distance
5.stream
6.destination
7.only once
8.Dream on
9.moment
10.Start!!
11.Voyage

SNS

https://d-girls.info/
https://twitter.com/d_girls_FD
https://www.youtube.com/channel/UC8euxj6m45YadeM7MpEcyHA?app=desktop

関連記事

  1. WEST23 CUBΣLIC、映画『Eyes Wide Shut』をオマージュ…
  2. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第2回
  3. 220417-LIQUID-FIX 終わらないで、夜 新体制デビューライブ 恵比寿LIQUIDROO…
  4. event20221029s 名古屋のアイドルグループ10組が出演する『ハロウィンwithアイ…
  5. ebichu エビ中・廣田あいか×東京メトロ!!東京メトロ史上初のコラボフォト…
  6. 20220906前半戦FINAL 集合(1) 動員目標の300人を達成。心を一つに盛り上がった、燃えこれ学園の…
  7. 雅 OMNI666 アンケートインタビュー・雅編
  8. top GALPO!LIVE SHOW Vol.12開催!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. event20221029s
  2. Furifu1
  3. under fall justice
  4. LINE_ALBUM_20220919_220919_1
  5. LINE_ALBUM_20220918_220919

特集記事

  1. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  2. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  3. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC
  4. コンビニ推進アイドル(仮)、全曲披露ライブの中、各メンバーがソロでも歌唱。改めてドキドキする夢の世界を描きだしていた。 20220731-1-14證√・遨コ
  5. 囁揺的音楽集団AsMRインタビュー 【確定軽量】ASMRバンド塗り

スポンサーリンク

Push!!

  1. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  2. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  3. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC
  4. コンビニ推進アイドル(仮)、全曲披露ライブの中、各メンバーがソロでも歌唱。改めてドキドキする夢の世界を描きだしていた。 20220731-1-14證√・遨コ
  5. 囁揺的音楽集団AsMRインタビュー 【確定軽量】ASMRバンド塗り

New Comer

1 LOVE IZ DOLLと1対1で通話できちゃう?!配信アプリ「moments」とのコラボキャンペーン実施!!

株式会社momentsが主催する、アイドルグループLOVE IZ DOLLとのコラボレーションイベン…

top 2022/9/29(木)『Galpo! live Show Vol.14』開催決定&チケット販売のご案内

アイドル・ガールズポップ&ロック専門情報サイト「ガルポ!」が贈る、新しいライブイベント/番組「Gal…

zeke deux_3186 泣かせにきたね。Zeke Deux、Limited Single第二弾作『Catharsis』を発売!!

 泣かせにきたな、Zeke Deux…。『Catharsis』に初めて触れたとき、その言葉が脳裏へ思…

PAGE TOP