Artist

STARBASE RECORDSが主催するボーイズグループプロジェクト始動!「Ennui Boys Club」(アンニュイ・ボーイズ・クラブ)が、EP「VOL ONE」を12月13日配信リリース♬

Ennui Boys Clubアー写

BTS、BE:FIRST、NiziUなどに楽曲提供&プロデュースをしている作家陣を抱えるSTARBASE RECORDSがこの度、ボーイズグループプロジェクトを立ち上げた。
その名は「Ennui Boys Club」。

オーディションのように流動的なメンバーの入れ替わりがあり、プロジェクトとしてスタート、楽曲をリリースしていく。
楽曲は、全てSTARBASEのプロデューサー陣が制作する。
クリエイティブな環境を優先し、チームメンバーが自由に出入りする独自プロジェクトを創り出し、ボーイズグループ等、ヒットへの登竜門を目指す。

第一弾として、12月13日にEP「VOL ONE」を配信リリース。
作家にはMatt Cab、MATZ、RYUJA(いずれもSTARBASE所属)を迎え、ハイクオリティーかつハイセンスな楽曲に仕上がっている。
「VOL ONE」参加メンバーはReo、TeN、TOCHIの3人。

「プロデューサーの方々やメンバーで意見を出し合い最高にお洒落な楽曲を作ることが出来ました。」Reo
「僕がいつか一緒に音楽をしたいと思っていた人たちと、スタジオに入って制作することができてとても光栄でした。」TeN
「R&B、HIPHOPの現日本にない新たな唯一無二グループとして進んで行きたいと思っています。」TOCHI

混沌としている音楽業界に新しいムーブメントを起きる予感を感じさせる新プロジェクト。要注目!!!

Ennui Boys Clubアー写

●「Ennui Boys Club」(アンニュイ・ボーイズ・クラブ)

「VOL ONE」参加メンバー

Reo(Vocal、Topline、Lyrics)
1998年生まれ177cm

Justin bieberのドキュメンタリー映画「Never say never」に影響を受け15歳から
⾳楽を始め、Island RecordsのKeshiやThe chainsmokersなどを参考にDTM、ギター、ピアノを学ぶ。 3年後18歳の時にカナダ留学を経て帰国後は楽曲制作を中⼼に⾳楽活動を始める。⾃⾝の楽曲ではピアノの綺麗な⾳⾊の上に少し儚げで、ハスキーな声が特徴的。

「この度「VOL ONE」リリース決定しました。
初めて3人が揃った日から約1年の時を経てプロデューサーの方々やメンバーで意見を出し合い最高にお洒落な楽曲を作ることが出来ました。
自分のパートに関してはいままでの葛藤や伝えたい想い過去の出来事や未来の事を想像して歌詞を描きました。
今回の4曲を通して個性的な反面、まとまりのある自分達だけにしか出せない様々な色を楽しんでいただたら嬉しいです!」

Ten(Vocal、Topline、Lyrics)
1999年生まれ174cm

Brian Mcknight 、D‘angelo、Chris Brown、
Vedo をきっ かけに R&B,HIPHOP に触れ、 AOTL クルーの “3house” の楽曲に影響を受け本格的 に⾳楽を始める。独学で DTM 等を学びミックス、マスタリングも⾃⾝で⼿掛ける。⼿ がける楽曲はメロウでアーバンな質感なトラックの上に、どこまでも心地の良い声質が絶妙なグルーブを醸している。

「今回Ennui Boys Clubとして初めての作品を制作するにあたって、僕個人としても共作で歌詞を書いてトップラインをつくることが初めてでした。
ですがメンバーのReo、TOCHIとスムーズに自分たちの伝えたいことを書くことができて凄く満足のいく作品に仕上がりました。
Mattさん始め、MATZくんRYUJAさんと僕がいつか一緒に音楽をしたいと思っていた人たちと、スタジオに入って制作することができてとても光栄でした。
これからも僕たちの楽曲を楽しみにしていてください。」

TOCHI(Rap、Topline、Lyrics)
2000年生まれ179cm

ラッパー。
韓国⾳楽事務所のオーディションをきっかけに作曲活動を開始。
R&B、HIPHOPを得意とし、現⽇本にない新たな唯⼀無⼆の歌詞と歌声が特徴。メロディー感のあるRapや、曲を通して伝える事を⼤切に作詞を⼿掛ける。絵を書く事やファッション等としても期待して欲しい。

「今回のEP VOL ONEで自分達の作品を初めてリリース出来る事をとても嬉しく思います。
特に3. Luv tripは、プロデューサーさん方と3人で初めて制作した曲でもありとても感慨深い曲です。
R&B、HIPHOPの現日本にない新たな唯一無二グループとして進んで行きたいと思っています。
個人としては、メロ感のある退屈しないRapや、曲を通して伝える事を大切に作詞を手掛け、ファッションや絵を描く事と多彩なアーティストとしても期待して欲しいです。」

●楽曲作品概要
アーティスト:Ennui Boys Club
タイトル:「VOL ONE」
各種配信サービス:にてリリース
レーベル:STANDO

ENNUIBOYSCLUB_VOLONErc=”https://6notes.net/wp/wp-content/uploads/2023/12/ENNUIBOYSCLUB_VOLONE-300×300.jpg” alt=”ENNUIBOYSCLUB_VOLONE” width=”300″ height=”300″ class=”aligncenter size-medium wp-image-11365″ />

関連記事

  1. 101509 FANTASTIC◇CIRCUS、満員の日比谷野外音楽堂で、追加…
  2. DSC02115 4人の意識はいつまでもクソッタレで最高の悪童共だ。それを示してく…
  3. S__7528485 山川陽彩がかけた歌の魔法が、心に閉まっていたいろんな想い出の景色…
  4. TheBenjamin6A 部屋に飾りたくなるチャーミングなジャケットが女性に大人気!? T…
  5. teshimaaoi ジブリ映画、ドラマ主題歌で話題の手嶌葵10周年記念コンサートの模…
  6. 【決定稿】太田_A=Rイメージ画像 闇/病みを抱いた「赤」から、純潔な心描いた「白」まで。太田彩華、…
  7. The Benjamin21A_2202_1M The Benjamin インタビュー
  8. 3 「夏のCRUSH OF MODE」第一弾公演を、7月30日/31…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. XT050294
  2. Sirius集合2024
  3. LINE_ALBUM_26_240219_8
  4. title_yo
  5. 悪役〈C〉集合完成

特集記事

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

スポンサーリンク

Push!!

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP