Artist

AKARA、フランスで行われた「JAPAN TOURS FESTIVAL 2022」出演の模様を報告!!

S__32727046

 7月1日-3日にかけ、AKARAは「JAPAN TOURS FESTIVAL 2022」へ出演するためにフランスにいた。本当なら、2020年にはワールドツアーの一環として足を運んでいるはずだった。だが、コロナ禍によりすべての予定が白紙に。でもAKARAは、その頃から渡欧できるチャンスを伺っていた。そのタイミングが、7月に訪れた。

先に伝えると、AKARAは、7月1日-3日に出演した「JAPAN TOURS FESTIVAL」。そして7月14日-17日に行われる「Japan Expo 2022」と、フランスで行われる大きなJAPAN FESTIVALへ立て続けに出演する。

先に、「JAPAN TOURS FESTIVAL 2022」を終えての報告がメンバーより入ったのでお伝えしたい。AKARAは、同フェスの1日と3日にライブを実施。AKARAと言えば、箏や篠笛・能管奏者がメンバーにいることからもわかるように、日本の伝統音楽要素とヘヴィメタルなスタイルを折衷したバンド。海外のファンたちも、メタル要素の強い音楽性に興奮を覚えながらも、邦楽器の音色に強い感心の視線を向けていたようだ。AKARAといえば耳心地好いメロディアスな歌を魅力にしている。観客たちも、圧倒的な歌唱力を持つMIKIKOの歌に魅了されたのか、拳を振り上げながらも、彼女に熱い視線を向けていたそうだ。

選曲面でも、日本のアニメを筆頭にヲタクカルチャー好きが多く足を運ぶことから、『残酷な天使のテーゼ』など有名なアニソンも、AKARA色に染めたうえでさりげなく加え、初見の人たちの興味を引き寄せる工夫も凝らしていた。箏や篠笛の音色が際立つたびに場内中から歓声が上がれば、多くの楽曲で、観客たちが拳突き上げれば、AKARAのタオルを大きく掲げる光景も登場。MIKIKOの煽りに刺激を受け、その場で跳ねる人たちから、スマートフォンで熱心にラチイブの模様を撮影する人たちまで。リアクションは様々だが、みんなAKARAに強い感心を寄せていた。

2回のライブとも、最後に英詞曲の『BERSERKER』を演奏。この曲ではメンバーたちがクラップを求め、飛び跳ねながら煽るたびに、観客たちもメンバーらを真似てクラップをすれば、一緒に飛び跳ねるなど、気持ちを一つにした景色を作りあげていたそうだ。
現在、AKARAの公式twitter上にも、いくつか現地でのライブの模様をアップしているので、ご覧になっていただきたい。

次は、「Japan Expo 2022」でのライブが待っている。今回の2つのFESTIVALへの出演を通して得た手応え次第で、次は単独での欧州公演をAKARAは企てている。そのための最初の一歩として出演した「JAPAN TOURS FESTIVAL 2022」を通し、メンバーたちは今、次の展開を成功へ導くための自信と確信を得ている。それを確かなものにするために挑む「Japan Expo 2022」のライブ。こちらの模様も現地から届いたら、報告を入れたい。

TEXT:長澤智典

AKARA (和楽器ROCK Band) / 「Regeneration」【MV】

https://www.youtube.com/watch?v=_ASNgemfgQU

セットリスト

TOURS FES DAY 1

M0 Overture
M1 孤高
M2 RED
M3 迅雷風烈
M4 琥珀
M5 古典
M6 流音
M7 Absolute Zero
M8 Universe
M9 残酷な天使のテーゼ
M10 BERSERKER

TOURS FES DAY3

M1 AKATSUKI-暁-
M2 迅雷風烈
M3 KOHAKU-琥珀-
M4 残酷な天使のテーゼ
M5 孤高
M6 GUILTY
M7 ZIPANGU
M8 Shut xxxx up!!
M9 BERSERKER

SNS

https://akara.tokyo/
https://twitter.com/AKARAofficial
https://www.youtube.com/watch?v=X39PBzFhIb4

関連記事

  1. VOLCANOアー写 Risky Melody、新曲「Endless Dream」が2…
  2. afoc a flood of circle 秋の2マンツアー、第1弾ゲス…
  3. the-class1 Naoki, Yo∞Hey, スズキ, Gwangho による …
  4. DSC08627 藤嶋美伶ソロデビューライブの模様をレポート!!
  5. DSC00820-1s 人生に振り回されだしたら、Doubtmenのライブへ逃げ込め!!…
  6. shugo_ao WHiSANT(フィザント)白いキジのように底力で勇猛果敢に強く…
  7. S__75251722 12月24日と25日は、XANVALAと一緒に”聖な…
  8. 211218_FINAL_98 「その先にある未来を書き換えてく」と力強く宣言。愛沢絢夏、ツアー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. Sirius集合2024
  2. XT050294
  3. Sirius集合2024
  4. LINE_ALBUM_26_240219_8
  5. title_yo

特集記事

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

スポンサーリンク

Push!!

  1. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  2. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  3. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  4. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  5. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP