IDOL

SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

XT040192

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR 2023」。そのファイナル公演が、5月1日(月)に新宿ReNYで行われた。

 観客たちを歌声と笑顔の磁力でグッと引き寄せるように、ライブは『運命マグネット』から幕を開けた。フロア中に、カラフルな光の輝きが揺れている。優しい笑みを浮かべ「好きだよ~好きだ」と歌うメンバーらの声へ向け、たくさんのエールが飛びかう、どちらがS極やN極でも構わない。熱狂という磁力で互いに惹かれあったその場には、「楽しい」たけが支配する空間が生まれていた。
『I LOVE YOU』に合わせて、フロア中から熱い声が飛びかう。彼女たちの甘い歌声の告白に触れ、胸をドキドキしながら興奮を覚える人たち。互いに、片思いの恋心を交わしあうこの景色に触れていると、胸が熱くなる。続く『純愛ペスカトーレ』でも彼女たちは,「これからもずっと側にいてね」と歌いながら、この関係を、長く育み続けようと思いを投げかけていた。SAY-LAには、片思いの告白にも似た、相手を思い、慕う歌がとても似合う。曲ごとに思いを届けられるたび、胸がキュッとしめつけられる。それが、たまらなく心地好い。

 「ここを東京で一番熱い場所にしましょう」の言葉から、この日に懸けるメンバーらの気合が見えてきた。

ひと足早く夏の風を呼び込むように歌ったのが、『正統派の夏が来る』。正統派のアイドルたちが正攻法で攻める姿は、夏の日射し以上の眩しい輝きを放っていた。ジメジメした灼熱の夏ではない、7人は爽やかな夏の風を歌声に乗せて届けていた。メンバーとフロア中の人たちが、「Hey!!」のかけ声に合わせ一緒に飛び跳ねる姿は、まるで夏の野外フェスのよう。
 舞台の上で、くるくると可憐に舞い踊りながら、SAY-LAは晴れた声で『BELIEVE』を歌唱。「明日世界が終わっても~前に進もう」と、舞台の上で跳ねながら歌うメンバーらの動きに合わせ、フロアでもカラフルな光がひと際大きく揺れていた。歌に合わせ、終始沸き立つ熱い声。この日の彼女たちは、1曲ごとに甘い告白や、一緒に夢を追い続けようと思いを伝えてきた。『LOVE DICTIONARY』でも、一人一人が、目の前の”君”に思いをしたためた手紙を届けるように「君と近づきたい」と歌っていた。ライブはまだ序盤戦。でも、ハートは破裂しそうな勢いでドクンドクンと大きな音を鳴らしていた。

 次に披露したのが、ユニットメドレー。藤沢泉美とももちももが歌ったのが、適齢期の2人に似合う『友達ウェディングベル』。2人とも、めちゃめちゃ元気だ。ときめいた気持ちを「もっともっと受け止めてよ」と言わんばかりにアピール。幸せな友達を祝福するように満面の笑顔で歌うその姿も、インパクト強く胸に焼きついた。ももちももの「これからもよろしくね」の甘い歌声の矢も、しっかりとハートを貫いた。
 『ボロボロ・ボロネーゼ』を歌ったのが、星奈さな、小椋妃奈乃・椎名ここの3人。このメンバーで、大人の悲しい恋心を歌う姿は、嬉しい意外性だった。「なんて”ひなの”」と歌う声など、物悲しいあまりに焦れる気持ちを、3人は振った相手へぶつけるように。切なさを、強さへ変えるように歌っていた。
咲山しほと沙藤まなかの”しおもん”コンビが歌ったのが、『YES,肯定ペンギン』。最近、ユニット活動も始めたように、2人の絶妙なコンビネーションを、熱い視線を向けながらずっと追いかけていたくなる。サビでは、2人の大きく振りまわすタオルの動きに合わせ、フロア中でも、数多くのペンライトやタオル、腕がくるくるとまわっていた。このハートフルな一体化した景色が、2人にはとても似合う。ピョコピョコとペンギンのような様で歌い踊る姿も、愛らしかった。
このコーナーの最後を担ったのが、藤沢泉美。彼女は、ソロ曲であり、バラードの『THIS IS ME~心の泉~』を、秘めた思いを告白するように、胸に手を寄り添えながら歌っていた。フロア中に灯った真っ赤な光が、君への感謝の思いを伝える藤沢泉美の姿を、優しく支えるように揺れていた。
 ふたたび7人編成で歌ったのが、『愛呼吸』。藤沢泉美の届けた、ファンたちへの感謝の思いを、彼女たちはふたたび7人で、愛の告白に変えて伝えてきた。「ありがとう」「大好きだよ」「愛してるよ」と、優しい笑みを浮かべて歌うメンバーたちの姿と思いを、フロア中の人たちが舞台に向けて大きく手を捧げながら受け止めていた。

咲山しほの「たくさんの愛を届けます」の声を合図に歌ったのが、『感情リバーシブル』。この日の彼女たち、「好き」を素直に言えない裏腹な恋心を歌った『感情リバーシブル』や、「愛おしすぎて胸が熱いよ」と歌った『胸熱アンドロメダ』のように、SAY-LAを支えてくれる一人一人の”君”に向かって、愛の告白という形を通しながら感謝の思いを伝えていた。『感情リバーシブル』の一瞬のブレイクで、星奈さなが「ごめんね」と言葉を漏らしたとたん、フロア中から萌え立つ声が沸き上がったことも伝えておきたい。
ももちももの実体験もラップに詰め込んだ『BBQマシュマロ』では、フロア中の人たちをBBQを囲む仲間に誘い入れ、7人の歌に声をかけあう様などを描きながら、共にパーティー気分を味わっていた。ももちもものラップも愛らしい。何時の間にか、メンバーも、フロア中の人たちも無邪気な笑顔だ。終盤には、メンバーがフロア中の人たちにお菓子をばらまく場面も生まれていた。
最後にSAY-LAは、これからも幻の花という夢の宝物を一緒に探しにいこうと、スカートを軽やかになびかせて『水色ラフレシア』を歌唱。「あなたとならみつけられる」と、フロア中にいる人たちへ優しい眼差しを向けて彼女たちは歌ってくれた、その姿が愛らしい。最後に7人で、舞台の上に花開いたラフレシアのポーズを見せてくれたのも印象的だった。

彼女たちは、胸の内に掲げたあの約束をけっして忘れはしない。それが何年後になろうとも、7人は、約束の武道館という舞台の上に立つ夢をけっして失くすことはない。アンコールでSAY-LAが歌った『約束の三年目~今ここから描き出す物語~』を耳にしながら、改めて彼女たちと熱情した声を指切りの変わりに、共に日本武道館を目指そうと約束を交わしていた。描いた夢に終わりはない。もし、終わるとしたら、それは夢を信じれなくなったとき。でも彼女たちは、夢が少しでも輝きを放っている限り、その輝きに磨きをかけてきたし、今も磨き続けている。だからこそ何時か、あの場所で、共に笑顔と嬉し涙を分かち合おう。

 最後にメンバーらが、この日の感想を述べてくれた。ここでは、要約して伝えたい。

「地元の大阪でSAY-LAとして、わたしとしても、ワンマンライブが出来たのが嬉しかったです。みんなが、わたしがメンバーに入ったことで大阪での公演が増えたと喜んでくれたように、SAY-LAに自分が入って良かったなと思えた東名阪ツアーでした」(椎名ここ)

 「自分の中でいろんなことを考えてるうちにつらくなってきちゃって。失くなっちゃうかなと思って、遠くへ飛んでいきたくもなっていたんですけど。でも、みんながライブで待っていてくれてるから、みんなのおかげでアイドルを続けられています。これからも、みんなからもらっているいっぱいの愛を、みんなに返していきます」(ももちもも)

「もうすぐ怪我の復帰から1年経ちます。みんなに日々支えられているなと感じているし、こんなにいい人たちにいっぱい応援してもらえているグループにいれることが嬉しいです。これからもみんなのことを笑顔にして、もっともっと支えられるようになりたいです」(小椋妃奈乃)

「加入した当初にわたしがSAY-LAでやりたかったのが、東名阪ワンマンツアー。それを、3年後に実現できて良かったなと思っています。わたしがアイドルでいれるのは絶対にみんなのおかげだし、本当にアイドルを続けてきて良かったなと思っています」(星奈さな)

「わたしは今年でSAY-LAに加入して5周年を迎えます。日々活動をしていると、アイドルって安定がなくて、不安定になる日もいっぱいあれば、うきうきで帰れる日もあれば、胸がキューッとなりながら帰る日もあって。そんな毎日だけど、こうして続けていれるのは、どんなときもみんなの前では笑顔でいたいと思ったり、ファンのみんなという幸せに思える存在に出会えたから、こうやって続けていれてるなって感じています。わたしがアイドルデビューしたのが新宿ReNY。この場にワンマンで帰ってこれて嬉しいです」(沙藤まなか)

「SAY-LAとしてもうすぐ5年、アイドルとしては11年やってきたんですけど。初めてアイドル人生で東名阪ワンマンツアーが出来ました。こんなに長くやっていても、まだ叶えられてない夢があって,、それを叶えられたことがとても嬉しいです。ずっとやっていてもまだ叶えられてない夢がたくさんあるということは、正直悔しいけど。まだ続けていれば叶えられる可能性はあるので、ここにいるみなさんとまだ叶えられてない夢を一つずつ叶えていけたら嬉しいなと思います。私たちの夢を、みんなの夢として一緒に追いかけていける環境に感謝しながら、まだまだアイドル活動を頑張り続けます」(咲山しほ)

 「わたしが卒業を決意したのも、ここにいるメンバー一人一人のおかげでもあるし、ここにいるみんなのおかげで、わたしもアイドルとしてここに立っていれてるんだなと、今、改めて実感しました。メンバーみんながSAY-LAに入って本当に良かったという声を聞けて、わたしはここまでSAY-LAで7年間頑張ってこれて本当に良かったなって、今、この瞬間に思えました。わたしは違う方面から、改めてもっと頑張っていこうと思ってるし、残された8か月も、もっともっといろんなことを頑張っていきたいです。わたしのSAY-LAとしての人生は終わってしまうけど、SAY-LAはもっともっとこれからも未来のあるグループとして続いていくので、ここからさらに大きな目標に向かって、今、ここにいるみんなと走っていけたらなと思っています。最後までみんなと一緒に、SAY-LAを一つのチームとして引っ張っていけたらなと思います」(藤沢泉美)

最後にファンたちと交わしあったのが、『こじらせ片想い』。冒頭からフロア中の人たちがメンバーと同じ動きをしながら熱く沸きだした。メンバーらに向かって飛びかう絶叫した声・声・声。お馴染み、「君が好きです」「俺もー」「君が好きです」「誰よりもー」のやりとりに触れるたびに、胸熱な気持ちになる。今宵もハートの奥底で、絶対解けない絆を結びあうように、「君が好きです」「俺もー」「誰よりもー」と熱く声を交わしあっていた。もう、この瞬間を味わえているだけで俺得な気分だと、きっとみんなも思っていたに違いない。

PHOTO: 下山春香
TEXT:長澤智典

SAY-LA「運命マグネット」MV  

https://youtu.be/ZshVy1E57YA

INFORMATION

5月20日(土)大阪、27日(土)名古屋でSAY-LA主催対バンライブイベント開催!

5/20(土) SAY-LA presents「OSA-KAマグネット」1部>
日程:2023年5月20日(土)
会場:SHINSAIBASHI SUN HALL
時間:開場 11:30/開演 12:00
料金:前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000
出演:SAY-LA / 放課後プリンセス / カラフルスクリーム / Yes Happy! / コドモシンカ / ミケネコガールズ / あおぞらをキミに ※順不同
<チケットURL>
https://tiget.net/events/242805

5/20(土) SAY-LA presents「OSA-KAマグネット」2部>
日程:2023年5月20日(土)
会場:SHINSAIBASHI SUN HALL
時間:開場 16:30/開演 17:00
料金:前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500
出演:SAY-LA / 放課後プリンセス / 新章 大阪☆春夏秋冬 / ワッツ◎さーくる / すーぱーぷーばぁー!! / コドモシンカ / あおぞらをキミに/ 籠鳥恋雲 ※順不同
<チケットURL>
https://tiget.net/events/242807

5/27(土) SAY-LA presents「NAGO-YAマグネット」1部>
日程:2023年5月27日(土)
会場:RAD HALL
時間:開場 12:30/開演 12:50
料金:前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000
出演:SAY-LA / OS☆U / 名古屋CLEAR’S / Star☆T
<チケットURL>
https://tiget.net/events/244849

<5/27(土) SAY-LA presents「NAGO-YAマグネット」2部>
日程:2023年5月27日(土)
会場:RAD HALL
時間:開場 17:15/開演 17:35
料金:前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000
出演:SAY-LA / OS☆U / Star☆T / Aqueur
<チケットURL>
https://tiget.net/events/244853

『SAY-LA 沙藤まなか生誕祭』
【日程】2023年6月17日(土)
【会場】渋谷DAIA
【時間】開場 18:00/開演 18:30
【料金】前売 3,000円/当日 3,500円(各D代別)
【出演】SAY-LA

SNS

SAY-LA Web
http://www.say-la.jp/
SAY-LA twitter
https://twitter.com/SAY_LA_info
SAY-LA BLOG
https://ameblo.jp/saylanews
SAY-LA YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCuj7LzynR7CWTLG6KPSUEeg

藤沢泉美 twitter
https://twitter.com/izumifujisawa
咲山しほ twitter
https://twitter.com/sayama_shiho
沙藤まなか twitter
https://twitter.com/sato_manaka
星奈さな
https://twitter.com/Hosina_sana
小椋妃奈乃 twitter
https://twitter.com/ogura_hinano
ももち もも twitter
https://twitter.com/momo_nyan0630
椎名ここ twitter 
https://twitter.com/shiina_cocoo

関連記事

  1. S__5317323 YouTuber ぱんなっこと、銀河系★アイドルポケカ部が、新作…
  2. 2 燃えこれ学園、2023年度最後の公演は、「Zepp公演感謝祭&#…
  3. L23 Singing Cosplayer Hikari「夜撫でるメノウ…
  4. 衣装5P.Y_74_09956-80 chuLa 国際フォーラム ホールCにて6thワンマンライブ大盛…
  5. S__11428162 元ジャニーズ Jr.集団プロデュースのTim&U…
  6. Furifu1 Singing Cosplayer Hikari「フィクションブ…
  7. 自分ジャッジ_1500 まもなくROSARIO+CROSSの最新シングル「自分ジャッジ」…
  8. 5RMUDA 5%BERMUDA 福永ありさ生誕祭が GOTANDA G5にて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 金子みゆ_A-pic_Up
  2. 2
  3. LINE_ALBUM_BON.井上 使用可能写真_240318_3
  4. 01_shyugo
  5. top

特集記事

  1. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  2. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  3. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  4. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  5. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575

スポンサーリンク

Push!!

  1. みんなのハートを釣り上げろ!!!! りあくしょんバイト、赤羽ReNY alphaで1周年ワンマン公演の開催が決定。新メンバーの募集も開始。 01_shyugo
  2. 「新しく切り開いてくぞ!!」という想いの強い曲だからこそ、新生Siriusとして『Fly High』を届けたいなと思いました。Sirius インタビュー! Sirius集合2024
  3. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  4. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  5. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575

New Comer

LINE_ALBUM_BON.井上 使用可能写真_240318_3 わたしが伝えたいのは、「ありのままの自分でいいんじゃねぇか?」ということ。BON.井上 インタビュー!

TikTokフォロワー数が35万人超え!総再生数1億5千万回超え!今、大バズり中のBON.井上。みず…

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

PAGE TOP