IDOL

FES☆TIVE、ツアーファイナル公演はマスク越しならジャンプ・声出し・リフト・横移動がOK!FES☆TIVEの取り戻したかった景色が、さらにパワーアップして祭り上がっていた!

DSC03967

辻こはるをメンバーに迎え、新制FES☆TIVEとして10月より始まった「FES☆TIVE全国ツアー【日本全国超祭行脚】全国ツアー」も、12月11日(日)にGARDEN新木場FACTORYでファイナル公演を迎えた。この日は、マスク越しならジャンプ/声出し/リフト/横移動がOKなど、コロナ禍前には当たり前に出来ていたノリ方を解禁。しかも、この日は完全スタンディング公演。つまり、「思いきり祭り上がれ!!」ということだ。開演前から、フロアのあちこちから声が飛び交う景色も懐かしい。

SEが流れた時点で、フロア中からあふれだす絶叫。その声へ導かれるように姿を現した5人は、最初から祭り上がれ!と言わんばかりに、『シダレヤナギ』を歌唱。凛々しい姿で歌い踊る5人へ向け、フロア中から絶叫にも似た声が響き渡る。間奏で観客たちの口上を耳にした瞬間、気持ちが高ぶった。熱情した観客たちの声を力に、彼女たちも凛々しい姿で歌い踊る。序盤から、凄まじい熱狂ぶりだ。続く『オトメ、ケセラセラ』でも、戦うオトメとなったメンバーたちが腕を突きあげるたび、フロア中から拳と野太い声が響き渡る。メンバーと観客たちが共に声を掛け合い、感情をアゲるやりとりが堪らなく気持ちいい!!フロアからは、寅寅寅MIXも登場。疾走する楽曲に合わせ、いろんなMIX声や野太いコールが飛び交う。5人が高く拳を突き上げ歌い叫ぶ声に合わせ、フロア中が突き上がる無数の腕や掲げたサイリウムの輝きに染まっていた。これだよな、待ち望んでいた祭り(ライブ)って。

『カンフーミラクル~愛~』のイントロが流れたとたんに上がる絶叫。「踊れー」の声に合わせ、冒頭からメンバーと観客たちがキョンシーダンスに興じる。「うっはっ」の声に合わせメンバーと観客たちが正拳突きを交わせば、彼女たちの「やっちゃちゃいな やっちゃちゃいな」の声に合わせ、フロア中の人たちが右へ左へと跳ねるように移動する。メンバーたちが飛ばす「やっちゃちゃいな」の声は、理性のストッパーを外す最高のエールだ。

「声、出せてますかー!!」の言葉が嬉しい。この日は、新衣装姿でのライブ。次に披露したのが、最新シングルのC/Wに収録になる『No more 煩悩!』。「Na-Na-Na Na-Na-Na  Na-Mu-A-Mi-Da-Bu-Tsu(南無阿弥陀仏)」と一緒に歌えるパートも登場、胸をキュンとくすぐるポップでキャッチーな曲調も魅力的。この曲に乗せ、すべての煩悩を消し去り、祭りあがってしまえ。

『ゆらゆらゆらり恋心』で5人は、ゆらゆらと揺れる恋しい思いを、哀愁を抱いた声で観客たちへ歌いかける。終盤に呟いた「逢いたくて」の甘い声にキュンとなった胸の音を、フロア中の人たちが絶叫に変えていた。『しゃかりきトップランナー!』では、5人の歌に合わせ、MIXや口上、雄叫びが飛び交う。この会場にいる人たち全員がFES☆TIVEのメンバーになり、一緒に掛け声を上げながら、熱情一体化した景色を作りあげていた。


 メンバーたちから、思わず「暑っつい」と声が出るほど、すでに熱気が凄まじい。ツアーを振り返る思い出話では、新メンバーの辻こはるが、「初日は緊張したけど、次第に慣れてきた」と話せば、彼女の言葉へ突っ込みを入れるように、初日公演の開演15分前、緊張のあまりに辻こはるが泣いていた裏話も飛びだしていた。

 5人が熱い仕種や歌声で『夏色とりどリボン』を歌いだしたとたん、この空間は野外の夏フェス会場に染まっていた。終始、熱い声が飛び交うのはもちろん。「いつまでもキミに夢中だ」「おれもー!」のやりとりが本当に胸アツだ。『ボクノナマエ』でも、胸に抱いた思いを彼女たちが抑揚した声で歌うたびに胸が高ぶれば、その思いを、フロア中の人たちがひと際大きな声で5人に返していた。

1ブロック歌うたびにメンバーがゼイゼイ言っていたくらい、この日の運動量はハンパない。だからこそ、青葉ひなりは「今日のライブがみんなの中で一番になったら楽しくないですか」と言葉にしていた。


『大江戸爆裂花火姫』のイントロが流れた時点で、フロア中から絶叫の打ち上げ花火が上がり続ければ、熱いクラップが感情の導火線に次々と火を付けてゆく。メンバーたちも、いつも以上に凛々しい声を張り上げ、舞台の上から煌めいた思いの花火を次々と打ち上げていた。メンバーとフロア中の人たちが気持ちを一つに声を荒らげるたび、この会場に、熱狂という心を騒がせる最高の花火が打ち上がっていた。『トラとウマ』では、メンバーが指し示す方向に向かって、フロア中の人たちが右へ左にと移動。メンバーらと同じ振りも真似ながら、ともに祭り上がっていた。

『大和撫子サンライズ』を合図に、フロア中の人たちがこれまで以上に沸きだした。メンバーと一緒に踊り騒ぐのは、当たり前。沸き立つ気持ちを、誰もが絶叫する凄まじいMIX声に変えて5人へぶつけてゆく。暴れ騒ぐフロア中の人たちを見ながら、5人とも満面の笑みを浮かべて歌い踊れば、くしゃくしゃの笑顔で観客たちを煽り続ける。アガる、アガる、祭りアガらずにいられない。まさに、咲き乱れる景色がここには広がっていた。メンバーたちの「ヤバいね、このブロック」「めちゃめちゃ楽しい」の声も嬉しい。

土光瑠璃子の熱い煽りを合図に、次に披露したのが、1月11日に発売する最新シングルの『ニホンバレデンセツ』。わちゃわちゃと弾けた、和心も活かした超アッパーのアゲ曲だ。メンバーらが、ポジティブな言葉の数々を観客たちと掛け合うように歌い、フロア中の人たちを刺激。明るい声を解き放つサビ歌では、一瞬で華やかな景色を描き出す。終始、推せ推せとアッパーな勢いで攻める楽曲だ。熱い声が飛び交う『ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!』でも、メンバーらの動きに合わせ,フロア中の人たちが右へ左へと移動しながら騒いでいた。メンバーと一緒に大きく手を振りながら交わした熱い掛け合いや、フロア中の人たちがワッショイ!はしゃぐ景色もアッパレだ!

 FES☆TIVEの怒濤の攻めは終わらない。『OIDEMASE!!~極楽~』が流れたとたん、イントロのメロディーを口ずさむ声も生まれれば、曲に合わせ右に左に動き、その場でくるくるとまわり、熱い声を上げる景色も誕生。まさに「わーっとわーっと騒ぎたいのだ!」の歌詞通り、会場中の人たちが理性など完全に消し去り、熱狂の祭り人に染まっていた。メンバーと同じ動きをしながら、心を一つに騒ぐ。ただ、それだけだ。でも、日常を忘れて夢中になれるこの楽しさを、みんなずっと待っていた。身体中から、止めどなくアドレナリンが沸き続ける。騒ぐなんて言葉では言い足りない熱狂がここには生まれていた。

「みんな飛べー!!」。この流れで、最後に『マジカルパレード』をぶち込んでくるとは。メンバーらの放つキラキラとした輝きを身体中にまぶしたが最後、現実を消し去る華やかな魔法にかけられ、楽しむことだけで心が満たされてゆく。彼女たちと一緒にときめきあうことで、無邪気な少年少女に戻れる。そんな最高の魔法にかかっていた。

 アンコールでは、ふたたび新曲の『ニホンバレデンセツ』を歌唱。この日、2回目の披露という理由もあり、観客たちも最初から熱い声を上げ、5人のチャーミングな煽りを全身で受け止めれば、メンバーらと同じ動きを真似ながら、思いきり熱情し続けていた。これからのライブで一体感を描ける楽曲が新たに生まれたことを、身体で感じていた。最後の最後にFES☆TIVEは『ダ・パンデミック』を通し、場内中の人たちの腕を振り上げ煽りだす。フロアのアチコチでマサイしてゆく(飛び跳ねる)景色も生み出せば、リフトする人も登場。観客たちは5人と一緒に最後の最後まではしゃぎながら、コールをぶつけ、祭り上がっていった。FES☆TIVEが取り戻したかったライブが、さらに熱狂を増して、この空間に広がっていた。


ライブの最後にはMVを上映。この日のライブ後、FES☆TIVEの最新ビジュアルと、2023年1月11日(水)に発売する最新シングル『ニホンバレデンセツ』のジャケット、さらにMVも解禁になった。現在、リリースイベントも積極的に行っている。この熱気を、ぜひ身近で感じてもらいたい。

PHOTO:NEW163
TEXT:長澤智典

セットリスト
『シダレヤナギ』
『オトメ、ケセラセラ』
『カンフーミラクル~愛~』
『No more 煩悩!』
『ゆらゆらゆらり恋心』
『しゃかりきトップランナー!』
『夏色とりどリボン』
『ボクノナマエ』
『大江戸爆裂花火姫』
『トラとウマ』
『大和撫子サンライズ』
『ニホンバレデンセツ』
『ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!』
『OIDEMASE!! ~極楽~』
『マジカルパレード』
-ENCORE-
『ニホンバレデンセツ』
『ダ・パンデミック』

■「ニホンバレデンセツ」MV:

https://www.youtube.com/watch?v=UMp_QfCto1Q

FES☆TIVE OFFICIAL HP : http://festive.rizepro.net/
FES☆TIVE公式Twitter : https://twitter.com/FESTIVEofficial
徳間ジャパンFES☆TIVEアーティストページ:https://www.tkma.co.jp/jpop_top/festive.html

【商品情報】
15th Single「ニホンバレデンセツ」
発売日:2023年1月11日(水)

【TYPE-A】 TKCA-75127 定価:¥1,200(込)
M1.ニホンバレデンセツ
M2.ジャパニーズOROCHI
M3.ニホンバレデンセツ(Instrumental)
M4.ジャパニーズOROCHI(Instrumental)

【TYPE-B】 TKCA-75128 定価:¥1,200(込)
M1.ニホンバレデンセツ
M2.あの日のファンファーレ
M3.ニホンバレデンセツ(Instrumental)
M4.あの日のファンファーレ(Instrumental)

【TYPE-C】 TKCA-75129 定価:¥1,200(込)
M1.ニホンバレデンセツ
M2.No more 煩悩!
M3.ニホンバレデンセツ(Instrumental)
M4.No more 煩悩!(Instrumental)

【限定特典会付きBOXセット】 TKZA-10010 定価:¥4,600(込)
※クラウン徳間ミュージックショップ限定販売(本商品は一般店舗での販売はございませんので予めご注意下さい。)
■TYPE-A/B/C各1枚(合計3枚)
■特製BOX使用
■限定特典会付きBOXイベント参加券1枚

【リリースイベント予定日程】
・12/13(火) 19:00~ MAGNET by SHIBUYA109 屋上イベントスペース「MAG’s PARK」
・12/14(水) 19:00~ タワーレコード錦糸町パルコ店
・12/17(土) ①13:00~/②16:00~ ヨドバシカメラ マルチメディア梅田 B2F ヨドバシホール
・12/18(日) 16:00~ MAGNET by SHIBUYA109 屋上イベントスペース「MAG’s PARK」
・12/19(月) 19:00~ 池袋サンシャインシティ噴水広場
・12/22(木) 19:00~ タワーレコード川崎店
・12/23(金) 19:00~ タワーレコード新宿店
・12/24(土) 13:00~ ヴィレッジヴァンガード名古屋
・12/25(日) 13:00~ ソフマップAKIBA アミューズメント館8F
・12/27(火) 19:00~ タワーレコード錦糸町パルコ店
・12/29(木) 19:00~ ヴィレッジヴァンガード渋谷本店
・1/6(金) 19:00~ タワーレコード新宿店
・1/8(日) ①13:00~/②16:00~ タワーレコード渋谷店 9F屋上
・1/9(月・祝) ①13:00~/②16:00~ ヨドバシカメラ マルチメディア梅田 B2F ヨドバシホール
・1/10(火) 19:00~ MAGNET by SHIBUYA109 屋上イベントスペース「MAG’s PARK」
・1/11(水) 19:00~ ヴィレッジヴァンガード渋谷本店
・1/14(土) ①13:00~/②16:00~ イオンモール幕張新都心 1Fグランドスクエア
・1/15(日) ①13:00~/②16:00~ ヴィレッジヴァンガード+PLUS越谷イオンレイクタウン

関連記事

  1. 23-01-10_ER5_0176 燃えこれ学園、「あけおめSP!&つうしんぼユニットSP!」公演で…
  2. アー写7 みんなの生活のオアシス、コンビニで「僕のヒーロー」を流し、みんな…
  3. LINE_ALBUM_20220423主催_220425 Re:INCARNATION、新メンバー2人を加え、6人編成でス…
  4. AVCD-83598:B_Jake_H14 SKE48の「金の愛・銀の愛」ジャケ写・キービジュアル・収録内容…
  5. riko_title 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第3回
  6. callme_coment 【動画コメント】9/28に2nd Album「This is c…
  7. 147-2G 1st全国ワンマンツアー「GOLDRAINTOUR2021」へ向…
  8. dela_best 名古屋を拠点に活動するアイドルグループ<dela(デラ)>初のベ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. jacket
  2. 20230223 Feilds flyer onote&ura
  3. IMG_3813
  4. Z91_7842
  5. 1461日のクレシドラ 2 

特集記事

  1. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  2. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  3. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 
  4. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  5. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2

スポンサーリンク

Push!!

  1. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  2. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  3. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 
  4. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  5. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2

New Comer

メイン写真  緊キュン事態宣言が発令?!元ジャニーズJr.集団プロデュースのメンズアイドルグループ、Tim&U。1周年ワンマン公演でプリンセスたちと一緒に描いたトキメキがとまらない物語!!

「あなたと創る王童アイドル」をコンセプトに活動中、男性アイドルユニットのTim&U。彼らが、…

xanvala_8518 XANVALA、4thシングル『joke』を10月19日に発売!

 10月18日に、ヴォーカル巽がこの世に生を受けたことを祝う「XANVALA単独公演 巽生誕祭202…

DSC01436 かすみ草とステラ「かすてら大青春祭」レポート!!

かすみ草とステラがライブ活動を始めたのが、2021年6月6日のこと。2022年2月には、初めてのワン…

PAGE TOP