Artist

Zeke Deux2nd Demo Tape「Awake~From The Darkness~」完売直前インタビュー Kakeru編。

kakeru_3997

Zeke Deuxが3月16日に発売する2nd Demo Tape「Awake~From The Darkness~」が、カセットという発売スタイルにも関わらず、会場先行販売や予約受付分のみで完売しそうとの情報がレーベルから伝わってきた。1st Demo Tape「Zero」も、会場/通販での販売という形ながら完売したように、今回の2nd Demo Tape「Awake~From The Darkness~」もそうなりそうだ(まだ間に合うので興味のある方は急いでチェックを)。
今のZeke Deuxを取り巻く勢いや、まわりの関心の高さについて、このたびメール・インタビューという形でKakeruとHarukaに伺った。ここでは、Kakeruのメール・インタビューをお届けしたい。

――2nd Demo Tape「Awake~From The Darkness~」が、カセットという発売スタイルにも関わらず早くも完売しそうと聴きました。その反響、どのように受け止めています?

Kakeru:本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。自分たちメンバーとしても自主制作をリアルに体感でき、作品の大切さ、手に取って貰えるありがたさ、わかっていたけど再確認できるキッカケとなりました。

――1st Demo 2nd Demoもカセットテープという形を取りました。なぜCD(CD-R)ではなくカセットテープだったのでしょうか。今は、聞けない方のほうが圧倒的に多い形だと思うのですが…。

Kakeru:初心を思い出したかった、原点を思い出したかったということに意味があります。CDも業者に発注掛ければパッケージングされて事務所に届くので、自分たちでそういったところからやろう!となって。どうせやるなら、CDではなくTapeで!って。そのために楽曲は1st DTは「Zero」ということでゼロからのスタート、そして今回の「Awake~From The Darkness~」所謂、「目覚め」「覚醒」ですね。原点を思い出して未来へ進むなら必要なことだと思います。

――その形での販売に対して、ファンの方々からの反応も教えてください。

Kakeru:ほとんどの人が聞けないって言ってましたね(笑)そのことに関しては申し訳なかったですが、皆さんもラジカセ等を購入した方、記念に取ってあるかたと様々で。そういったことを一緒に経験すると言うことで、自分としてはバンドもファンも一緒に原点の世界を見れたと思います。ここからは未来へ進むだけですね。

――昨年11月にZeke Deuxは活動を開始。着実にライブ本数を増やせば、確実に支持も集めだしています。ここに至るまでの約4ヶ月間の活動を振り返っての思いを聞かせてください。

Kakeru:Haruka君もだけど、俺自身も2つバンド掛け持っていて、目が回るような忙しさだけど、そもそもこれは自分が望んだことだし、両方とも頑張るって決めたことなので。振り返ると、とにかく全力疾走って感じでしたね。上手くいかないことも沢山あったけど、Haruka君の頑張り、プロジェクトメンバーの支えがあって、沢山の人に知って貰い愛して貰うキッカケが掴めたのかなと思います。

――Zeke Deuxを始めたことで、今の自分の意識はどんな風に変わってきています?

Kakeru:まず、業務連絡のレスポンスの速さは尋常じゃない。(笑)自分が他のこととかやっている時、LINEを短時間放置していただけなのに、数十件メッセージが溜まっていたり(笑)でも、これは自分のモットーにもしていたので、安心して音楽活動が出来る原動力にもなっていますね。2つバンドを掛け持っている分、尚更その安心感に支えられています。ただ、この安心感に甘えちゃいけないと自分を刺激する起爆剤にもなっているので、もっと頑張らなきゃって思っています。

――改めて、Zeke Deuxが軸に据えている/魅力にしている音楽性について聞かせてください。

Kakeru:軸としてはヘビーメタルといったハードな部分にクラシカルな美しさを合わせたところが根底にあります。それを軸にまた新しいリズムアレンジ、ノリが加えられていっているところですね。作詞をする人間としての観点から言うと、言葉での心の抉り具合を体感して欲しいですね。

――2nd Demo Tape「Awake~From The Darkness~」の表題曲となる「Awake~From The Darkness~」は、フォニック/ラウド/ハードコアな要素も組み込みながらも、耳心地好い歌メロを軸に据えた様式美要素の強いハードロック/ヘヴィメタルな音楽性という印象も受けます。この楽曲の聴きどころ。今のZeke Deuxの中でどんな位置を成す楽曲かを教えてください。

Kakeru:最初、Haruka君からDemoを聞かせて貰ったら、彼らしい雰囲気だな!って思ったのが第一印象で、彼が付けた仮タイトルにサブタイトルを付け、始動前に彼と打ち合わせたりしたときに言っていた彼の好きな言葉である「奇跡」という言葉を盛り込んで、美しくも華麗な雰囲気の中でも、どこか前向きになれる楽曲に仕上げました。とにかく、そのまま直訳で「闇からの覚醒、目覚め」と言った位置づけです。

――2曲目に収録したDragon Heart」はハードロック/ヘヴィメタル好きの魂を熱く騒がせる楽曲。こちらの魅力や聞きどころも教えてください。

Kakeru:この曲はプロジェクトメンバーのLoaの作曲で彼が参加するときに数あるデモを聞かせて貰ったけど今のZeke Deuxではコレだ!ってなって、音源化しちゃいました。作曲者のLoaが熱い、というか熱すぎるヤツなので「らしい」曲にしようって思い制作しました。俺もそういう熱いの大好きなので(笑)とにかく、この曲は歌詞も熱くしているので、楽曲歌詞共に全身で体感して戴きたいです。

――今、新しい楽曲も制作中と聞いています。語れる範囲で構いません。今後、どんな展開を見せてゆくのでしょうか。音源を手にしたくてもすぐに完売してしまうので、なかなか手にできずに悲しがっている人たちも多ければ、音源を手にしても再生機器がなくて聞けない方々も多いと聞きますので。

Kakeru:次回作は遂にCDとなります。ちゃんと1st DT、2nd DTからと繋がっている物語的な展開になる感じですね。聞きごたえ十分な作品になることは間違いないですよ。その分、今レコーディングに苦しんでいますが。(笑)

――Zeke Deuxのライブでは、アニソンを多めに、よくカバー曲も演奏しています。これまでに披露してきたカバー曲たちを教えてください。その曲たちを選んだ理由も語っていただけたら嬉しいです。難しいとは思いますが、今後披露する予定のカバー曲も言えるならお願いします。

Kakeru:まずは「紅蓮の弓矢」これは俺が提案したんですが、これから始まるZeke Deuxに相応しい楽曲だなと感じたのがキッカケでカバーすることによって自分たちの気も引き締まるのでは?と思ったのです。「ペガサス幻想」は単純に俺の好みです。(笑)ただ、この曲はライブで盛り上がるアレンジにしたい!って思いがあって、イントロのオープニングの尺を増やしました。
 「微笑みの爆弾」はHaruka君提案で、この撮影は楽し過ぎた (笑)ドラゴンボールもですし、先日ライブで「ウマ娘 プリティーダービー」のカバーも発表しましたし、実は某人気の鬼と戦うアニメのカバーだったりも準備を始めています。「サザエさん」もうちょっと待ってください(笑)

――4月には、NETH PRIERE CAIN × Zeke Deuxカップリングツアー「祈誓回天〜Zeke Prayer」も決定。これからは積極的に各地へ足を運ぶという意志の現れとして受け止めても良いのでしょうか?

Kakeru:もちろん、都内近郊だけじゃなく「やるからにはとことん」です。伝えたいことや見たい景色があるし、見せたい景色も。強き意志で向かいますよ。

――今後に向けての思いも語っていただけますか?

Kakeru:希望だけが溢れている未来じゃないかもしれないけど、Zeke Deuxのメンバーやファンが温かいからしっかり前に進む意志が生まれます。その気持ちに応えられるように歌い続けたいと思います。

――最後に、自由に今の気持ちを書いてください。

Kakeru:いつも応援してくれている人達、ありがとう。皆さんの心に届く、そして明日を生きていけるようになる楽曲、企画を考えて活動していこうと思います。初めましての皆さん、我々の音楽はきっと気に入って貰えるものだと思います。一度手に取ってみてくださいね!

質問:長澤智典

★音源情報★

Starwave Records Zeke Deux 2nd Demo Tape[Awake~From The Darkness~] 2022年3月16日発売

「苦しみと共に生まれた奇跡、大切に育てよう」1st Demo Tape「Zero」を即完売させたZeke Deuxが次なる作品をリリース!2022年2月17日(木)巣鴨獅子王にて会場先行発売!

※予約商品をあわせてご注文されますと、それらの商品のうち、最長の発送可能時期(発売日)にまとめて発送されますので、単品でのご注文をおすすめします。

型番:SWZD-002
発売元:Starwave Records
販売元:FWD Inc.
価格:2,000円 (税込)
仕様:カセットテープ
限定:完全限定100枚

収録曲:
01. Awake~From The Darkness~
02. Dragon Heart

ご購入方法:
オンラインショップでのご購入
https://starwave.official.ec/

全国のCDショップでのお取り寄せ:
全国のCDショップにて取り寄せが可能です。取り寄せをされる時にはお店のほうに「流通 FWD Inc.」「アーティスト名 Zeke Deux」「タイトル名 Awake~From The Darkness~」「型番 SWZD-002」をお伝え下さい。

INFORMATION:
デモテープに関する問い合わせ先 E-MAIL: info@starwaverecords.jp

SNS

https://twitter.com/ZekeD_Official

Zeke Deux「Awake~From The Darkness~」MV FULL

https://www.youtube.com/watch?v=Zwbby10E9I0

Zeke Deux 2nd Demo Tape[Awake~From The Darkness~] 2022年3月16日発売

https://www.youtube.com/watch?v=sgzJCynUfIY

Zeke Deux「Zero」MV FULL

https://www.youtube.com/watch?v=kQbCK_U4CDU

関連記事

  1. IMG_6080 はしけい×団長(NoGoD)×Ryoji(GYZE)、3人のプロ…
  2. XANVALA_gattai XANVALA、まもなくワンマンツアーがスタート。会場ごとの衣装…
  3. k20_2021_11yoko_s 今年の怪人二十面奏は攻めた活動をしていく。その鍵となるのが最新シ…
  4. 繧「繝シ蜀呎桶縺В 経営者で演者? 40歳ロックシンガー伊津美敬IZUMI TAKA…
  5. ハイダンシークドロシー  『夢寐の花』とは「夢の中だけで咲く花」。少女ドロシーが見た13篇…
  6. 諞ゥ螂ウ繧オ繝繝阪う繝ォ あなたの日常に憩いの場を提供! アジアで活躍するNonchiが描…
  7. sui_b  David インタビュー。David、ワンマン公演「Hexag…
  8. afoc a flood of circle 秋の2マンツアー、第1弾ゲス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. FESTIVE-10
  2. LINE_ALBUM_1128_231201_8
  3. ミスイ 9718
  4. 異国のパルピタンテap2019
  5. LINE_ALBUM_117_231127_5

特集記事

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

スポンサーリンク

Push!!

  1. 70.(XANVALA)から、Λ(ファン)たちへ向けたメッセージが到着!! 繧、繝ウ繧ソ繝偵y繝・繝シYuhma
  2. Siriusは、夜空で一番明るく輝く星と言われています。私たちも、その名前に羞じないバンドになりたくて、Siriusと命名しました。いつかSiriusが一番のガールズメタルバンドだと言われるくらい、みんなが燃えるバンドになれたらなと思っています。 Sirius集合
  3. 涙を隠した笑顔が、興奮という思いで胸を掻きむしった、 コンビニ推進アイドル(仮)、第一部ラスト公演。 IMG_5575
  4. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  5. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 

New Comer

XT040192 SAY-LA、東名阪ツアー、ファイナル公演レポート!!

 4月よりスタート、SAY-LAの東名阪ワンマンツアー「東名阪SPRING ONE MAN TOUR…

AC0I7218 新生Empressが描いた生まれ変わった明日の景色は、まさにキラキラと希望という輝きを放っていた。彼女たちがこれからどんな明日の地図を描きだすのか。その景色を一緒に見たくなる始まりが、そこには生まれていた。

新体制第一弾柵となったシングル『Rebuild』を手に,Empressが初となる全曲披露ワンマン公演…

S__44957714 XANVALAのライブには、”ざんばら”と乱れ舞う無数の髪が波打つ景色がとても似合う。XANVALA、3周年公演でついに声出し解禁!!

結成から丸3年。1月31日にXANVALAは、渋谷clubasiaを舞台に、ワンマン公演「XANVA…

PAGE TOP