Artist

YURAサマのプロデュースによる、”チェキで戦う”カードバトルゲーム「わたしを武道館に連れてって♪」が誕生!!

アー写3

Psycho le Cému ・THE BEETHOVEN・Brother、3バンドを掛け持つドラマーとして。Daccoではヴォーカリスト/ダンサーとしてと、八面六臂の活躍ぶりを見せるYURAサマ。彼は歌って踊れるドラマーというアーティストの顔と同時に、合同会社アットワークスプロジェクトの一員として、多目的スペースNakano Space Q、Three Point Cafe-ROPPONGI-の運営を担っている。さらに、 AFAA(現JWI)公認エアロビクスインストラクターライセンスを取得。エレロビクスのインストラクターとして、不定期ながらレッスンも行っている。他にも、ファンレターを美⽂字で書くための練習帳「バンギャワーク」を制作/販売。Amazon書籍ランキング8位という実績を残している。
歌って・叩けて・踊れる音楽家であり、実業家でもあるYURAサマ。彼の凄いところが、懐を温めるためにビジネスをしているわけではないこと。すべては、「応援してくれるファンたちの、日々の人生をカラフルに彩ろう。一人一人に人生を楽しんでもらおう」という思いから始めている。そういえばYURAサマは、『Colorful Life♪』 というソロアルバムも出していたっけ。いつだってYURAサマは、みんなの笑顔を見たくて「こんなことをやったら喜んでくれそう」ということを日夜提供している。

そんなYURAサマが、オンラインサロンのメンバーたちと一緒に作り上げたのが、”チェキで戦う”カードバトルゲーム「わたしを武道館に連れてって♪」。ライブに足繁く通う人たちならよく購入している、推しバンド/アーティストの”チェキ”。手元にあるそのチェキを使ってゲームをしようという内容。その詳細を、YURAサマに伺った。

――、”チェキで戦う”カードバトルゲーム「わたしを武道館に連れてって♪」゛オンラインサロンのメンバーと一緒に作ったと聞きました。

YURAサマ オンラインサロンのメンバーと一緒に、いろんなアイデアを出し合いながら完成させました。きっかけはですね、以前から「ゲームを作りたいね」という話をしていて「カードゲームとかいいよね」という話を漠然としていたんですね。そんな中、2020年4月、コロナ禍によって最初の緊急事態宣言が発令になりました。あの時期、僕は弊社の代表である倉田とこの危機をどう乗り越えようかという話を日々繰り返しながら,合間にボードゲームをしながら息抜きもしていました。その時に、倉田が「今、やっているこのボードゲーム、YURAサマのオンラインサロンのメンバーの人が作ったらしいですよ」と言いました。僕は、そこで初めてその事実を知ったわけですけど。そこから「うちのメンバーにゲームを作れる人がいるんやったら、その人のアドバイスも受けて煮詰めれば、ホンマにゲームを作れるんとちゃう??」という話になりました。そこからなんですよ、カードゲームを作る話が具体性を帯びだしたのは…。

――思わぬ、嬉しい展開が生まれたわけですね。

YURAサマ  そうでしたね。ゲームを作るうえで、最初から「ヴィジュアル系のファンたちが楽しめるゲーム」をという設定は、サロンメンバーみんなで決めていたことでした。そのうえで、「手元にたくさんあるチェキを活かせないか」という話が持ち上がり、そこで「チェキを使ったカードバトルゲームにしよう」と決まりました。そのうえで、具体的にゲーム化していくため、僕が最初に大枠を作りあげ、そのうえで細かい設定をみんなで決めて、そのアイデアをみんなでさらに煮詰めていく形で制作は進みました。もちろん、商品化するうえでの具体的なアドバイスもサロンにいるプロの「こうすると、よりゲームが面白くなりますよ」というアドバイスもいただきながら進めていきましたね。

――ヴィジュアルシーンの世界観にするというのは、やはり絶対に譲れない軸となるとこですよね。

YURAサマ  オンラインサロンのメンバーたちは、ヴィジュアル系ファンのプロばかりですからね。チェキを使って日本武道館までの道のりを駆け上がろうという道筋は僕が作りましたけど。そのうえで、「日本武道館までの道のりの中、どの会場を制覇して登っていくべきか」「制覇する場所は全国各地にするのか、東京を中心に組み立てるのか」という話をしながら、「小さなライブハウスから始まって日本武道館まで」という、いわゆる王道の流れを決めました。そのうえでさらに、「どこのライブハウスを制覇していくか」の順番もみんな決めていきました。その流れの中、「目黒鹿鳴館のワンマンを最初の場所にしよう」「高田馬場AREAは失くなってしまったけど、やはりヴィジュアル系を語るうえで、ここを制覇するのは欠かせないから入れよう」など、サロンメンバーみんなの意見を反映したうえで、王道ルートに決めています。

――ボードへ記されたライブ会場は、すべて実在しています。そこへリアルさを感じるのもいいですよね。

YURAサマ  やはり一番大事なのが、このゲームをプレイするヴィジュアル系のファンたちが、現実を投影しながら楽しめるところだと思うんですよね。 具体的な会場を一つ一つ制覇しながら、最終的に日本武道館のワンマン公演へ辿り着く。そこへ、リアルを感じますからね。

――実際のゲームの進行は、どんな感じで進んでいくのでしょうか?

YURAサマ  そこは具体的に銘記させていただきますね。

●プレイのしかた

・”能力”の記された透明カード袋に手持ちのチェキを重ねて入れる。
・バトル内容が書かれたイベントカードを引き、その条件で相手に勝てそうなチェキをステージ(ゲーム盤)に出す。
・勝った方が点数(動員)を獲得。会場の規模を大きくしながら先に1万人動員を得たほうが勝利となる。

●バトル(ライブ)のしかた

・”魅力”と”才能”を記した透明カード袋には、あらかじめ「海外でライブ経験がある場合」「ジャンル問わず兄弟もバンドマンの場合」「白塗りの人のチェキ」「オリコン10位にランクイン経験のあるバンドマン」「47都道府県経験のあるバンドマン」などなど、チェキの特徴によって点数が加算される仕様になっている。

・プレイする方は、その条件に見合う手元のチェキをケースに入れ、イベントカードを引いてそこに記された内容でバトル(ライブ)開始!「下手・センター・上手」と記されたステージ(ゲーム盤)の上に3枚の手チェキを並べていき、勝った方が動員を得ることができる。

 

●イベントカードの内容

・イベントカードには、「SNSがバズッた」で動員+1500人。「メンバーそれぞれソロ活動を発表」で動員+2000人。「人気の歌番組に出演」で動員+2500人などなど、いろんな項目が記されている。
・イベントカードには、「全3枚に写っているバンドマンの人数の多いほうが勝ち」「上手バンドマンのステージネームの文字数の多いほうが勝ち」「上手バンドマンの現在までの在籍バンド数が少ないほうが勝利」など、いろんなバトル(ライブ)内容が記されている。
・イベントカードに記された動員が増える。ただしカードの動員はすべて「プラス」とは限らない。中には「ファンと繋がった」ことで動員-3000人。「メンバーが飛んだ」ことから動員-200人と、マイナスポイントのカードも用意。

長くバンド活動を続けていく中,プラス/マイナスいろんなことが起きる。そんな”バンド/メンバーあるある事情”が、イベントカードには記されている。

●勝利のためのポイント

・イベントカードにはさまざまな条件が記されているので、多種多様なチェキを手元に持っている人ほどバリエーションを増やせるので有利になる。
・ボードゲームには、あらかじめバンドチェキ風イラストカードを多数用意。手持ちのチェキが少ない方は、そのカードと組み合わせて使用することも可能。
・チェキを1枚も持ってなくても用意されたバンドチェキ風イラストカードで対戦ができる。

★最大ポイント

・これまで数多くコレクションしてきたチェキ。ただ眺めているだけではなく、それをゲームにして楽しもうというところからこのゲームは生まれている。
・ゲームの条件に見合うチェキを、「ストックの中から選ぶ」楽しみ。「条件に見合うチェキを購入する」楽しみ。つまり、「自分のチェキコレクションを自慢しながら遊べる」のが、このゲーム”最大のポイント”だ。

・1ゲームは20分程度で終えられる。つまりライブ会場オープン前や、ライブ後にみんなで打ち上げをしながら。それこそ、その日に購入したチェキもすぐにアイテムにしながら遊べるのがポイント。
・ボードは、カフェのテーブル一個分のスペースを使用する程度の大きさ。コンパクトに収納し、セレクトしたチェキコレクションと一緒にいろんな場所へ持っていけば、あらゆる場がゲームの会場になる。

◆クラウドファンディング

・現在、”チェキで戦う”カードバトルゲーム「わたしを武道館に連れてって♪」制作のため、10月27日までクラウドファンディングで資金を調達している。目標金額達成/未達成に関係なく、ゲームは、11月下旬発売予定ですでに制作しているので、販売は決定済。そのうえで…。
・このゲームを、より有利に楽しめる「サマ」カードを封入した「スタートブースターセット」など、リターンの選択次第では、より勝利を得やすいキットも用意。つまり、支援したほうがゲームを有利に戦える。

YURAサマは、10/30(日)に東京ビッグサイトで行われるゲームマーケット2022に「Colorful Life♪」ブースを出店。(ブース番号キ07)そこでは、先行でこのゲームを手にすることができる。
(※ゲームマーケットに参加するには入場券が必要。詳しくは、https://gamemarket.jp/access)

――チェキに視点を当てたところが、本当に冴えていますよね。

YURAサマ    チェキが流行ってからもう十数年経っているので、きっとファンの方々も手元にたくさんのチェキをストックしていると思うんです。同時に思うことが一つありました。それが、「みんな集めたチェキをどうしているんだろう」ということ。もろちん、コレクションとして眺めることや、友達に自慢をするのもそうでしょうけど。それ以外のチェキの違う使い道があってもいいなと思ったんですよね。

みんな、自分のチェキコレクションを自慢したいんですよね。だったら、そのチェキを自慢できるゲームにしようというのが、このゲームが生まれる背景にありました。それに、このゲームの楽しさって、自分のチェキコレクションを自慢できることもありますけど。ゲームに使用するチェキを、自分のコレクションの中から選んでいるとき。「このカードの条件に見合うのは、このチェキかな」「この人は白塗りの条件に合う!」とか、いろいろ探せるじゃないですか。しかも、いろんなバンドやアーティストさんとのチェキのバリエーションが豊富であるほど、このゲームを奥深く楽しめる。さらに言うなら、このゲームを楽しむため、これから集めるチェキをカードの条件に合わせて購入もしていける。このゲームを鞄に入れて持ち歩けば、ライブ後に購入したチェキをさっそく使いながら、みんなで楽しめますからね。

販売した暁には、ぜひ自慢のチェキコレクションと一緒に持ち歩いてみんなでカードバトルを楽しんでください。これ余談ですが、僕のチェキはこのゲームを行ううえで強いことが判明しました。けっしてそれを狙って作ったわけではないですよ。僕自身がいろんな活動をしているからなのか、いろんな条件を満たしている優秀なチェキになってたりします笑ぜひ、そこにも注目したうえで、このゲームを楽しんでください。よろしくお願いしまーす♪

TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

チェキカードバトル!
「わたしを武道館に連れてって♪」
(¥2,750 taxin 11⽉下旬発売予定/Amzon,アットワークスストアにて発売予定)

推しのチェキの特徴によって能⼒が変動!
「才能」と「魅⼒」で勝負に勝って動員を増やせ!
推しと⼀緒に武道館を⽬指すんだ!!
宣伝動画はこちら
https://youtu.be/8PCSo657qgw 

10/09〜10/27 クラウドファンディング期間
https://camp-fire.jp/projects/view/629983

製作者/YURAサマより

チェキ⽂化が流⾏って数年。
推し活を楽しんでいる⼈ほど余るほどのチェキを⼿にしていると思います。
そんなチェキを使って新たな楽しみ⽅ができる『チェキカードバトルゲーム』を作ったので、
たくさん「推しチェキ」を⾃慢していただければと思います。
オンラインサロン「Colirful Life♪」メンバーと共に作った⾃信作です。
(他、同コミュニティで制作したファンレターを美⽂字で書くための練習帳「バンギャワーク」はAmzon書籍ランキング8位)

ツイッター/YURAsamaTakeshi(http://ur0.link/M9qm)
インスタ/yurasamatakeshi(http://ur0.link/M9qp)
アメブロ/ http://ur0.link/M9ra
公式LINE/ https://line.me/R/ti/p/%40ptq8310g
TikTok/ https://www.tiktok.com/@yurasamatakeshi
YouTube 「YURAサマch」/ http://ur0.link/M9h7

オンラインサロン「Colorful Life♪」(月額¥500~)
https://community.camp-fire.jp/projects/view/184643

関連記事

  1. MZD-0701 大和女組 アクビトモミがニューシングル『浮世つれづれ女舞2021…
  2. a-sha_cool_web 今年の夏を踊りつくせ!!E-girls 2カ月連続”夏シングル”…
  3. The Benjamin21A_2202_1M もう元には戻らない。だったら、今の時代に合わせた進化を示すのも、…
  4. anonatsu-yamakawa481x363 Neo歌謡曲シンガー山川陽彩、TakeOutLiveを通して新曲…
  5. イメージ01 最強の夏フェスに。「Hotty&Rhythm Summ…
  6. sub5 當山みれい、RADIO FISHの7/20配信SINGLEにゲス…
  7. IMG_8567 関西の朝の歌声、優利香2022年最大のチャレンジ発表
  8. hiroin_jacket ドラマー小林秀樹 ボーカリストとしての2nd Sg「僕だけのヒロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 諞ゥ螂ウ繧オ繝繝阪う繝ォ
  2. DSC02115
  3. DSC02435
  4. YF7_3018
  5. DSC05865

特集記事

  1. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  2. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 
  3. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  4. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  5. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC

スポンサーリンク

Push!!

  1. ぶっトび!パンデミックから超鉄板曲のサブスク解禁!メンバー生誕公演の解禁も! ぶっトび!パンデミック
  2. 元CRAZE二代目ヴォーカリストの緒方豊和。16年ぶりに自身のバンドTUBTRACKの音源を発売!! 「この5曲を一つの流れを持って響くことで生まれる(心揺さぶる)ドラマをぜひ感じてほしい」と語る、今の時代に突きつけた胸を揺さぶるメッセージとは…。 TUBTRACK 
  3. 山梨の小さなバス会社からVtuberがデビュー!?「宝灯桃汁」、9月2日より活動開始!リアルとバーチャルの融合を目指し、夢の「山梨首都化」を目指す! お料理動画と企画配信をお届け!初配信は9月2日(金)21:00から! 繝輔z繝ャ繧ケ繝ェ繝ェ繝シ繧ケVtuber譯・ア・base_豁ヲ蝎ィ辟。
  4. 美脚アイドル「LOVE IZ DOLL」の本領発揮!! クルーズライブのフルMVも解禁!! メインアー写20220809_サムネ_2
  5. 百海咲希(コンビニ推進アイドル(仮))、生誕祭でおパンツを披露?!「桃太郎」風の電子紙芝居から、漫才まで、いろんな桃色の顔を百海咲希が見せてくれた。 20220731-2-13-MC

New Comer

メイン写真  緊キュン事態宣言が発令?!元ジャニーズJr.集団プロデュースのメンズアイドルグループ、Tim&U。1周年ワンマン公演でプリンセスたちと一緒に描いたトキメキがとまらない物語!!

「あなたと創る王童アイドル」をコンセプトに活動中、男性アイドルユニットのTim&U。彼らが、…

xanvala_8518 XANVALA、4thシングル『joke』を10月19日に発売!

 10月18日に、ヴォーカル巽がこの世に生を受けたことを祝う「XANVALA単独公演 巽生誕祭202…

DSC01436 かすみ草とステラ「かすてら大青春祭」レポート!!

かすみ草とステラがライブ活動を始めたのが、2021年6月6日のこと。2022年2月には、初めてのワン…

PAGE TOP