Professional

【連載】芳田賢明「memorygram」第25回

title_yo

「フィルムっぽさ」の正体

みなさんこんにちは。
イメージングディレクター/フォトグラファーの芳田賢明(よしだ たかあき)です。
ラジオのレギュラー番組だと思っていろいろ書いてみる、連載「memorygram」第25回です。

「(デジタル撮影だけど)フィルムっぽく」という言葉をよく耳にします。
あるいは「フィルムライク」みたいな言葉だったり。

デジタルはフィルムよりも現物に忠実な色調表現なのは確かだし、同じフォーマットで比較すればデジタルの方が圧倒的に解像度が高いのも確かで、良くも悪くも「デジタルはリアルに写りすぎる」と言うことができます。
また、「自分の色」を出すために、RAW現像をフィルム時代の暗室作業に位置づけ、自分なりの画づくりをすることも重要です。このとき、「フィルム写真の出方」が一つのリファレンスになるのも事実です。

そして、ここ数年のデジタルフォトの色調は、InstaramやVSCOの影響を受け、より「フィルムっぽい」と称される画づくりが行われるようになっています。

しかし、その「フィルムっぽい」画づくりは本当にフィルムっぽいのか、疑問に感じることがしばしばあります。
さらに追究していくと、その「フィルムっぽさ」とは一体何なのか、とても曖昧な定義になっていると考えられるのです。

私自身、撮影をデジタルに完全移行したのは2004年。それ以来、「私が好きな『35mmのネガプリントっぽい画づくり』をいかにデジタルで表現するか」を未だに追求し続けています。
「フィルムっぽい」なんてアバウトな言い方はしません。それは、好みや目指すものが明確だからです。

そもそもデジタルに移行した当時はまだ、「写真」に対して「デジタル写真」があったわけで、「フィルム写真」という括りはありませんでした。レトロニムですね。
写真にはネガがありポジがあり、35mmがありブローニーがあり大判のシートフィルムがあり、微粒子があり高感度があり、デーライトがありタングステンがあり、そしてポラがあり。
またフィルムをライトボックスで見るのか、あるいは紙焼きで見るのかによっても全然違うわけです。
それが異なれば「っぽさ」は全然違うわけで、それがわかれば「フィルムっぽい」という言い方がどれだけアバウトかがわかります。

いま言われている「フィルムっぽさ」とは何かを考えると、大きく分けて
「写ルンですっぽさ」…ピントがあいまいな、全体にぼやっとしたような、粒子粗め
「大判フィルムのネガプリントっぽさ」…トーンが豊か、解像度高め、淡い色味、粒子を感じない
「ポラっぽさ」…色は濃い目だけど、あまり正確でない感じ
あるいはこれらがミックスされたものといえるのかな、と思っています。
この3つだけ見ても、それぞれ画づくりの方向性は違いますし、「フィルムっぽさ」と言う人の中に、8×10のカラーポジっぽさを指す人を見たことはありません。
Instagramが流行る前は、クロス現像やLOMOっぽさを目指す画づくりがありましたが、最近は見かけません。

何が言いたいのかというと、「フィルムっぽい」と言うのであれば、Instagramだけを見るのではなく、本物の銀塩写真を観ませんか? ということ。
「フィルムライク」と検索したり「フィルムっぽいRAW現像の本」を読んだりするのもいいですが、自らフィルムで撮ってみるのが一番なんですよ。
それも写真屋さんからデータで受け取るのではなく、なるべく大きな紙焼きで受け取りましょう(ネガの場合)。
特にモノクロ写真では、美術館に収蔵されるようなオリジナルのゼラチンシルバープリントを観察するのがいちばんです。

「フィルムっぽく」するために「粒子」と称してノイズを入れる人が多いですが、フィルムや印画紙への粒子の入り方をわかってやっているか?
「フィルムっぽく」するためにRGBゼロをトーンカーブで持ち上げる人が多いですが、紙焼きやフィルムの特性曲線や最大濃度をわかってやっているか?
色味(色温度、色かぶり、個別の色相や彩度)に関しても同様ですね。

本物を見れば、「いわゆる『フィルムっぽさ』というのは『インスタっぽさ』かもしれない」ことに気づくはずです。

画像加工は画像を壊すことです。それを「画づくり」と区別するのは、それが表現として成立するかどうかです。
多くの写真を観て、他人に流されない、ポリシーのある画づくりをする人が一人でも日本に増えることを願っています。

語るだけはいけないので、先日撮ったばかりの一枚を載せておきます。
L1040026

ここ最近はM9-P+エルマリート28mmの組み合わせにハマってます。


【プロフィール】
芳田 賢明
(よしだ たかあき)
イメージングディレクター/フォトグラファー。
「クオリティの高い撮影・RAW現像で、良い写真を楽につくる」をテーマに写真制作ディレクションを行っている。撮影ではポートレートや舞台裏のオフショット撮影を得意とする。
Webサイト…https://atmai.net/
Instagram…https://www.instagram.com/takaaki_yoshida_/


dgpc_cover
芳田賢明 著、プロカメラマンに向けた[仕事に即役立つ本]
「誰も教えてくれなかった デジタル時代の写真づくり」
好評発売中

(ヨドバシ・ドット・コム)
https://www.yodobashi.com/product/100000009003153309/
(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852349/
(honto)
https://honto.jp/netstore/pd-book_29714615.html


関連記事

  1. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第14回
  2. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第48回
  3. titleimg 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第15回
  4. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第97回
  5. title_yo 【連載】芳田賢明「memorygram」第20回
  6. 結花乃3 【ライブレポ】唯一無二のブレッシーボイスの持ち主、稀代のシンガソ…
  7. titleimg2 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第62回
  8. L1038160 【インタビュー】女優・針谷早織、熱く語った90分。

ピックアップ記事

  1. titleimg2
  2. title_yo
  3. titleimg2
  4. titleimg2
  5. title_yo

特集記事

  1. 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第1回 riko_title
  2. 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第1回 titleimg
  3. 欅坂46、2ndシングル収録曲『語るなら未来を…』Music Video公開! main
  4. チキパ、新曲「Hands up!」のMVは、パジャマでロック!! Cheeky Parade_1
  5. 當山みれい、RADIO FISHの7/20配信SINGLEにゲストボーカリストとして参加決定!1st ALBUM『My Way』のiTunes予約もスタート! sub5

スポンサーリンク

Push!!

  1. 【連載】米満梨湖「あしたのいろ、わたしのいろ。」第1回 riko_title
  2. 【連載】大石孝次の「音楽な日常」第1回 titleimg
  3. 欅坂46、2ndシングル収録曲『語るなら未来を…』Music Video公開! main
  4. チキパ、新曲「Hands up!」のMVは、パジャマでロック!! Cheeky Parade_1
  5. 當山みれい、RADIO FISHの7/20配信SINGLEにゲストボーカリストとして参加決定!1st ALBUM『My Way』のiTunes予約もスタート! sub5

New Comer

小2016-07-10 18.22.34 callme Live Museum 2016 Sounds Of Summerが仙台からスタート!

(callme/6notes シックスノート)クオリティーの高いパフォーマンスをセルフプロデユースし…

まこみな01 LINE MUSICで1位を獲得! 各種SNSで圧倒的な強さを誇る2人組 まこみなが配信シングル「キミがいてよかった」でデビュー!#やばぐね? #かなりやばぐね? #これまじでがちでやばぐね?!!!

(まこみな/6notes,シックスノート)動画投稿アプリMix Channelに投稿した動画の総再生…

WA-SUTA_160611_1050 わーすた、東京ゲームショウ2016オフィシャルサポーター就任決定!

エイベックスのアイドルレーベル“iDOL Street"から、今年メジャーデビューを果たした…

PAGE TOP